『ネト充のススメ』あらすじと見どころ。その出遭いがリアルにも爽やかな風を吹かせる

ネト充のススメ,ねとじゅうのすすめ,アニメ,感想,評価,面白い,ストーリー,あらすじ,もりもりちゃん,モリモリちゃん,盛本森子,画像

今回は、今期放送中のアニメ『ネト充実のススメ』のあらすじと見所を紹介。

今期放送中のアニメの中でも、管理人個人的にはトップレベルに好きな作品です。

 


◇ストーリー

ネト充のススメ,ねとじゅうのすすめ,アニメ,感想,評価,面白い,ストーリー,あらすじ,もりもりちゃん,モリモリちゃん,盛本森子,画像

「あぁ…もう行かなくていいんだった…」

30歳のキャリアウーマン・盛本森子は、別に仕事ができないとかそういうわけではないが、ただ社会生活に疲れきって会社を辞め、ニートになる。

晴れて自由の身になった彼女が、以前プレイしていたオンラインゲーム(いわゆるネトゲ)を起動してみると、残念なことにもうサービスが終了していて…

どうせしばらくの間はずっと暇になるのだし、ネットライフを充実させてやろう!というわけで、ほかのオンラインゲームを探してみる。すると良さそうなもゲームが。絵柄やキャラの可愛さに惹かれてとりあえず始めてみることに。

思い切ってリアルの自分とは性別を変え、イケメンキャラクターを作成してプレイすることにした森子。俗にいう「ネナベ(ネットでオナベの略)」である。

キャラクターネームは散々迷いすぎたあげく「」というなんとも平凡な名前に。

ネト充のススメ,ねとじゅうのすすめ,アニメ,感想,評価,面白い,ストーリー,あらすじ,もりもりちゃん,モリモリちゃん,盛本森子,画像

 

で実際にプレイするとこのゲームが思っていたより難しく、一番最初のダンジョンのボスで連敗してしまう林。

ボスに挑んでは死に蘇り、挑んでは死に蘇り…というのを何度も繰り返していると、ひとりの美少女魔法使いに声をかけられる。

ネト充のススメ,ねとじゅうのすすめ,アニメ,感想,評価,面白い,ストーリー,あらすじ,もりもりちゃん,モリモリちゃん,盛本森子,画像

「あのっ、だいじょうぶですか?」

彼女の名前はリリィ

林は彼女に一目で惹かれる。

とても優しくて可愛いまさに天使のような彼女に手助けをしてもらって林はなんとか少しずつ強くなり、とうとう一緒にボスを倒すことに成功。

彼女とおそろいの腕輪も手に入れ、彼女が属するギルド「@家パーティ」にも入って、他のメンバーたちにもすぐに気に入られて順風満帆。思い描いていたとおりの充実したネットライフを過ごしていた。

しかしもうすぐクリスマスという頃、林のことを心から気に入っていたリリィは、林が最近自分のことを避けているような気がして…

だが実は林はリリィを避けているわけではなく、彼女のために内緒であることを企んでいるのだった。

 

そんなふうにネトゲのなかでの人付き合いが紆余曲折、色々展開していく中、些細なきっかけを重ねてリアルの人間関係のほうにも変化が。

新しい出逢いが有ったり、奇妙な再会が有ったり、気になるあの人がネトゲの中ではあの人だったり!?

彼女のネト充生活は少しずつ確実に実生活に影響していく。

ネトゲでの出逢いが、思わぬ形でリアルを変えていく。

盛本森子30歳、独身、ニート。

彼女の冒険がいま始まる!

◇人間関係の動きが面白く、次の展開が楽しみになる

ネト充のススメ,ねとじゅうのすすめ,アニメ,感想,評価,面白い,ストーリー,あらすじ,もりもりちゃん,モリモリちゃん,盛本森子,画像

リアルぼっちがネトゲで仲間を作って楽しくやってくよくある話かなぁ? くらいの感覚で、言ってしまえば正直そこまで期待せずに観てましたが、1話から予想外の物語設定だし、2話からの展開がほんとに面白くて、単純にヒューマンドラマとして魅了されてしまいました。

独身三十路の女で元キャリアウーマンが、ネトゲの中ではイケメン冒険者を演じているというのがまず独特で面白いし、取り巻きのプレイヤーたちもやっぱりそれぞれリアルでの事情を持っていて、年齢も仕事も性別もバラバラ。大学生だったり社会人だったり結婚していたり、意外に近所に住んでる人が居たり。

そんな彼らが、ネトゲというきっかけに少しずつ交わり、お互いの関係性が展開していく。そこにはいろんな気持ちがあって、信頼だったり友情だったり恋慕だったり。

「えっウソ、このキャラクターあの人だったの!?」「アナタもこのゲームやってたんですか!?」「どうしようどうしよう。ちょっと接し方変わっちゃうかも…」という驚きやワクワクを、登場人物と一緒になって楽しむことができる。

そういう模様が面白くて面白くて、自然とニヤけてしまいます。そういえばアニメを観ていて自然とやけるのって久しぶりかもしれません。

ネトゲ経験者なら「あーこういうことあるよね」と共感できる場面もありつつ、たとえネトゲをやったことが無くても問題なく楽しめる。

結構すごい作品です。

◇主題歌がどちらも良曲でグッとくる

主題歌もとてもいい。

オープニング曲は中島愛さんが歌う「サタデー・ナイト・クエスチョン」

伴奏がちょっとフジファブリックっぽくもあり、サビで急に曲調変えて王道ポップロックのような感じになるのが気持ちいい。

中島さんはすっかりアニメソング歌手としても不動の地位が確立されてますね。歌が本当に上手だし奇麗な歌声で、聴いているとエネルギーが湧いてきます。

 

エンディングテーマは相坂優歌さんが歌う「ひかり、ひかり」

こちらは野外ライブで演奏されそうなクールな1曲。雨が降っているときなどに聴くといいんじゃないでしょうか。「染みる」という表現がぴったりの曲だと思います。疲れた心を癒すような、温かい、染みこむロック。

相坂さんの曲では「セルリアンスカッシュ」も大好きです。彼女の歌声も非常にパワーを与えてくれますね。

オープニング・エンディングのどちらもカッコいいアップテンポのロックチューンで、アニメ本編と切り離して聴いても十二分に味わえる曲になっていると思います。

自分は特にエンディングが好きで(登場人物たちの生活感あふれる絵も込みで)、はやく購入してプレイリストに追加したくて仕方ありません。(今期はいい曲が多い)

「サタデー・ナイト・クエスチョン」はすでに購入可能。

「ひかり、ひかり」のほうは11月8日発売予定です。

 

以上、ざっくりとした紹介になりましたが、2017秋アニメ『ネト充のススメ』、ほんとにおすすめです。

ニートというのをネガティブに描いた話でもないから休職中の方などでも肩の力を抜いて観られるでしょうし、ドロドロ要素もなく、心が晴れ渡るような爽やかな恋愛作品です。

展開のはやさも丁度良く、気をラクにして楽しく観れますよ。

まだ観てない方はぜひ観てみてください。

 

・アニメ公式サイト⇒ http://netoju.com/

・制作会社様公式サイト⇒ http://www.signal-md.co.jp/

 

・AmazonPrime加入者は無料視聴可能(地上波より1週間の遅れあり)

・DVD第1巻

・原作コミックス第1巻

終わりを待つだけの世界での日常に癒される理由‐『少女終末旅行』あらすじと感想

少女終末旅行,感想,考察,ストーリー,あらすじ,どんなアニメ,アニメ,画像,キャラクター,かわいい,可愛い,チノ,ユーリ

今回は今期放送中のアニメ『少女終末旅行』のご紹介。

原作者のつくみずさんがWebで公開していた同人漫画が新潮社さんの目に留まって、そのまま商業デビュー作品となったということなんですが、出版社から声をかけられるだけあってやはり独特の魅力があり、非常に惹きつけられる内容です。

◇あらすじ

少女終末旅行,ストーリー,あらすじ,どんなアニメ,アニメ,画像,キャラクター,かわいい,可愛い,チノ,ユーリ

なんらかの理由で人類の文明がすっかり崩壊し機能しなくなっている荒れ果てた世界。

その世界を2人の少女が流離(さすら)う。

ケッテンクラートに乗ってドコドコと。

有るのは自分の身体と、日記帳、本、間に合わせの携帯食料と、ライフル。

燃料も食料も行く先々でなんとか補いながら、一見まったく希望のない世界をどこまでもどこまでも進んでいく。

これは宛てのない、果てのない、それでいて確実に〝終わり〟のある旅だろう。

だけど、そんな過酷で寂しい日常も、ふたりならどこか穏やかで、温かくて…

これからふたりが立ち寄るのはどんな場所なのか。

どこで誰に出逢うんだろうか。

そしてふたりを待ち受けるのはどんな結末なんだろうか。

◇主人公

少女終末旅行,感想,考察,ストーリー,あらすじ,どんなアニメ,アニメ,画像,キャラクター,かわいい,可愛い,チノ,ユーリ

チノ(ひだり):頭脳派で冷静沈着な少女。本を読むのが好きなため前時代についての知識もそこそこ豊富。要不要を適切にわきまえて物資を調達するなど、気転がよく利く。ケッテンクラートの運転と修理は主に彼女が担当している。旅のなかで日記をつけるのが習慣。

ユーリ(みぎ)・おっとりマイペースな能天気少女。頭を使うのは苦手だが、行動力が有って、肉体労働系は彼女が担当することが多い。この終末世界では不要だとチノから言われつつもライフルを携帯していて、腕前もなかなか。それが案外役に立つことも。

◇寂しく悲しい。だけど不思議と元気をもらえる。

少女終末旅行,感想,考察,ストーリー,あらすじ,どんなアニメ,アニメ,画像,キャラクター,かわいい,可愛い,チノ,ユーリ

まず断言しておくと、これは決して明るい話ではない。

もうすでに終わった世界での、たったふたりぼっちの、いつ終わるか分からないような綱渡りの旅なのだから。どちらかといえば暗く寂しい物語だろう。

けれど不思議なのは、そんな物語のはずなのに、このアニメを観ていて暗い気持ちにはならないこと。

 

むしろ、彼女たちが道中様々なトラブルに見舞われつつも、工夫をこらしてユルく逞しくそれらを乗り越えてやっとこさ生きていく姿は、「生きるってつまりこういうことだよね」という、ものすごく根本的なものを我々に教えている気もして、現代的な日常生活のなかで寂れた胸の中に、静かな炎を灯してくれる。

どうせいずれはどこかで終わるはずなのに懸命にあがいて、苦しんだり楽しんだり癒されたりしていく… そういうものが積み重なって心を充実させていく… 温かくなっていく。

人間の生きる道ってそんなもんなんじゃないかと、心が軽くなるのだ。

 

もちろん、彼女たちの可愛さも忘れてはならない魅力のひとつ。

まるっこく可愛らしく表情豊かな彼女たちの一挙手一投足には、素直に癒される。

◇OP,ED共にセンスが凄く良い

このアニメ、オープニングもエンディングもおしゃれで親しみやすい。

オープニングの「動く、動く」はチノとユーリが可愛く躍るノリノリの1曲。

エンディングの「More One Night」も思わずつま先でリズムを刻みたくなるダンスミュージック。

どちらもPerfumeやハルカリなどを彷彿とさせる王道J-POPテクノ調で、絵も曲と非常に相性のいいものに成っている。

悲しく儚い旅路には似ても似つかないスタイルの曲で、それでも歌詞では「この世界で私たちは最後まで強く生きていくよ」という力強いメッセージを歌っているのにセンスを感じる。

聴いていて自然にノれる良曲だ。

どちらも11月29日発売予定。

通勤・通学・ジョギング用にプレイリストに追加して損のない曲だろう。

◇さいごに

ふたりの少女の寂しい旅に癒されエネルギーを貰える、一風変わったアニメ『少女終末旅行』。放送スケジュールはこちらの通り⇒http://girls-last-tour.com/onair/

あなたもチノとユーリの旅に同行し、その結末を確かめてみてはどうだろうか。

アニメ公式サイトホーム画面⇒http://girls-last-tour.com/

・コミック第1巻

・DVD第1巻

アニメ『ブレンド・S』がエロカワ萌えの極み。あらすじと見どころを簡単に紹介

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,面白い,オープニング,主題歌,OP,ぼなぺてぃーと♡S,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太もも

現在放送中のアニメ『ブレンド・S』、絵も安定して奇麗で、雰囲気良しテンポも良し。ほんとにクオリティが高く面白いです。

今回はこの作品の魅力を簡単にご紹介します。

(※※※以下、4話まで視聴済みの感想です。視聴の楽しみを損なうようなネタバレは一切しませんが、一応ご承知のうえお読みください※※※)


◇あらすじ

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香

桜ノ宮 苺香(さくらのみや まいか)は清楚でかわいらしい美少女女子高生。しかし彼女には重大な欠点があった。それは、とにかく人付き合いが苦手ですぐ笑顔がこわばって目つきが悪くなってしまうこと。

なんだその程度のことかと思いきや、実際、それが理由で怖がられてバイトの面接に全く受からないほど致命的な悩みなのであった……

 

苺香がバイトを探している主な理由は、憧れの海外へ留学する資金を稼ぐため。留学の前に自分のことは自分でできるようにしておこうという決心から、親にお金をもらって行くという選択肢を省いているのだ。

とはいったものの、バイトの面接には一向に受かる気配がない。

 

そんなある日、いつものように面接に向かう途中でぶつかったのは、美しいブロンドヘアーの美青年。外国人に強く憧れている苺香は彼の美しさにとても癒されて元気をもらう。

が、その日の面接もあっけなく惨敗。

その帰り、とある喫茶店の前で立ち止まった彼女は、店の窓ガラスに写った自分の顔をいじってなんとか目つきの悪さを矯正しようと悪戦苦闘していた。

それを店の中から観ていた店員たちは当然困惑するわけだが… 1人の店員がそれとは全く違う目を向けていた。

「見つけました…!!運命の人です!!」

 

彼こそ、今日ぶつかった金髪の美青年・ディーノ。この店のキッチンスタッフであり、そして何を隠そう店長である。

出遭った瞬間から苺香に文字通り一目惚れしていた彼は、彼女との再会を喜ぶと同時に、なんと、この店で働いてくれないかと言い出したのだ。興奮して鼻血を出しながら。

この先いくつバイトの面接を受けても合格できる気がしないし…こんな自分を店側から誘ってくれるならこれ以上都合のいい話はない… というわけで苺香はこの店で働くことを即決。

だが喜びも束の間、ディーノから提案されたのは、ドSキャラに徹して接客をしてほしいという驚きの内容。この喫茶店「スティーレ」のルールは、ホールスタッフそれぞれが何か際立った属性を演じて接客をするというものだったのだ。

「ドS」などという役作りは、純粋で真面目な苺香には無茶な相談かと思われたが、これが案外馴染む馴染む。

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香

そう、なんと彼女は目つきが悪いだけでなく、「誠心誠意おもてなしをしよう」「親切にしよう」とすればするほど空転して斜め上のドSな態度をとってしまうという、天然ドSな女の子でもあったのだ…!!

だが本人としてはそんなふうに相手を邪険にするつもりは一切ないわけで…

本当は素直な笑顔が自然にできるようになりたいのに、スティーレでのバイトで彼女のドSぶりには磨きがかかっていくように見える。

果たしてこれでいいのだろうか…彼女の行く末はどうなるのだろうか…

そして、彼女とディーノとの関係に進展はあるのだろうか。

 

かくして、2次元ヲタクの個性的な同僚に囲まれた、桜ノ宮 苺香のヘンテコ愉快なバイトライフが開幕する。


◇主な登場人物

桜ノ宮 苺香(さくらのみや まいか)

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香

16歳の女子高生。ひょんなことからヲタクだらけの喫茶店「スティーレ」でホールスタッフとして働くことに。

やわらかな可愛い容姿とものすごく真面目で純粋な心を持っているが、人付き合いがとにかく苦手で、ちゃんと接しようとするほど裏目の表情と態度を向けてしまう。

「和」一色の家庭で生まれ育ったために5歳になる頃には日本に飽きていたらしく、その反動でとあることをきっかけに海外に強く憧れるようになる。留学のための資金稼ぎとしてバイトをさんざん探し回ったが、上記の欠点のせいで面接には常に落ちていた。

本人の意思に反してイジワルな態度をとってしまったり、思いやりでの行動が相手にとって酷な結果になってしまったりするので、バイトにおける「ドS」というキャラづけは彼女にとって実質の天職である。

・日向 夏帆(ひなた かほ)

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,夏帆,日向 夏帆,おっぱい,巨乳,お尻,エロい

17歳の女子高生で、この店のオープニングスタッフ。ホールを担当しており、接客中は「ツンデレ」キャラを演じることになっている。

おっぱいもお尻も豊かに育ったぷるんぷるんのワガママえっちボディをしているが、本人はそのことをあまり意識していないようで、日頃から存分にぷるんぷるんしているため、外出先でも男性の目を引いている。

見た目通りの快活で元気いっぱいな性格であり、その接しやすさのせいか、苺香もすぐに仲良くなることができた。

一見すると2次元文化とは縁遠そうだが、実はかなりのビデオゲーム好きで、バイトでも我慢できず客のゲーム談義に加わったりしてしまうほど。

17歳なのでR18にはまだ手を出せずにいるが、そういった方向の同人誌などには興味深々のようである。

(管理人が一番好きなキャラクター)

・星川 麻冬(ほしかわ まふゆ)

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,まほ,麻冬,まふゆ,おっぱい,ロリ

スティーレのホールスタッフ。こう見えて20歳の大学生である。

バイト中は「妹」キャラを演じることになっている。

幼児のような見た目とは裏腹に一番のしっかり者で、落ち着いており、まさに面倒見のいいお姉さんといった感じ。

ただ自分の体型については多少のコンプレックスがあるようで、夏帆の抜群のスタイルに嫉妬していることが伺える場面も。その分、自分のことをお姉さん扱いされると非常に喜ぶ。

そんなお姉さん属性の彼女だが、ほかの皆と同じく2次元ヲタクであり、主に日曜朝に放送している美少女アニメの大ファン。当然、フィギュアなど関連グッズには目が無い。

・秋月 紅葉(あきづき こうよう)

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,麻冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉

21歳。キッチン担当。夏帆同様、この店のオープニングスタッフである。

普段からジト目で笑顔という笑顔をほとんど見せないが、決して根暗ではなく、少々ぶっきらぼうながらもよく気が利く好青年。ディーノが美少女店員たちにうつつを抜かしているとすぐに注意するなど、おそらくは店のメンツの中でも上位に位置する常識人である。

しかしその裏はやはりヲタクで、アニメやゲームよりも同人誌界隈に詳しい。また、可愛い女子どうしがイチャイチャするいわゆる『百合』展開が大好物ではあるものの、本人はリアルの女性関係に全く免疫がなく、相当な奥手だ。

・ディーノ

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,麻冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ

スティーレのキッチンスタッフ兼店長。

イタリア人で、美しいブレンドヘアが特徴的な美青年だが、翌日に仕事があっても夜更かしして深夜アニメを観て寝不足になるほどのアニヲタ。そして可愛い女の子に興奮すると鼻血がどばっと出る変態。

いつも寝不足なので、店にきても仕事中に頻繁に仮眠をとっていたりして、その度に麻冬や秋月に怒られている。

苺香と再会したときにはバイト勧誘すると同時にサラッと愛の告白をするなど、人でも物でも好きになったらグイグイ行くタイプではあるが、女性経験は乏しいらしい。そのため苺香との関係の縮め方に困ったり、彼女のほうから接近されるとものすごく照れたりしている。

繊細さと変態さを兼ね備えた愉快なオーナーである。

 

※他にも女の子が登場しますが、これから観る人にとっては多少ネタバレになると思うので今回は書きません。


◇感想&見所解説

・女の子がとにかくエロ可愛い

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太もも

まず、メインの女の子たちがメチャメチャ可愛い。

柔らかい物腰とおしとやかな見た目の天然ドS女子高生、豊満なお尻とおっぱいの活発ツインテ金髪女子高生、そして落ち着いた中にもあどけなさを秘めたロリ女子大生…など、どこをとってもだいたい男性視聴者の性癖におさまる品揃え。

そんな彼女たちが、繊細で美しい絵でなめらかに動く。ぷるんと揺れる胸、柔らかそうな太もも、これがクセのない絵柄で非常によく描けている。それらを観ているだけでもかなり癒されるだろう。

プラスで嬉しいのは、一部下着描写もあるということ。個人的にとても感心したのは、下着がかなりエロく描かれていることである。ほんの一瞬しか映らなくてもインパクトは絶大。さすがA-1 Picturesといったところだろうか、隅々まで仕事が丁寧。(※過激描写はないのでご安心を。あくまでも「癒されるエロ」です。)

もちろん声優さんの声もキャラクターにピッタリ。

ディーノのように鼻血を出さないように要注意。

・ギャグが分かりやすいしテンポがいい

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,面白い,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太もも

このアニメ、キャラが可愛いだけではない。

ギャグが結構面白いのである。

よく、日常系アニメを観ているときにギャグが寒くて「アハハ…」と苦笑いしてこっちが恥ずかしくなってしまうことがあるが、この『ブレンド・S』において今のところそれが無いのだ。

毎度ギャグのテンポがものすごく良く、掛け合いの演技と「間」も絶妙で、全くダレることが無かった。しかもどこをとっても会話が分かりやすい。寒いギャグにこっちが冷や汗かくようなことは無いし、なにより気張らずに観ることができるのは最高だろう。

ギャグテイスト強めの日常系アニメとしては、相当完成度の高い作品に仕上がっていると思う。

・オシャレでかっこいいOP

そして、オープニングがセンス抜群。

こういったテイストのアニメのオープニングの特徴として、まずは「可愛い」が挙げられるとおもう。これについては申し分なし。とても可愛い。

意外だったのは、可愛いだけでなくむしろカッコよく仕上がっていること。初めてオープニング映像を観たときには素直に感動した。

美少女アニメ特有のニヤニヤもあり、日常系アニメ特有のワクワクもあり、しかもスタイリッシュ。ほんとに言うことなしだった。

ブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,面白い,オープニング,主題歌,OP,ぼなぺてぃーと♡S,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太ももブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,面白い,オープニング,主題歌,OP,ぼなぺてぃーと♡S,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太ももブレンド・S,ブレンドs,ブレンドエス,アニメ,感想,面白い,オープニング,主題歌,OP,ぼなぺてぃーと♡S,レビュー,画像,あらすじ,キャラクター,まいか,苺香,桜ノ宮苺香,真冬,秋月 紅葉,秋月,紅葉,ディーノ,可愛い,エロい,おっぱい,太もも

映像はもちろんだが、音楽も素晴らしい。

一貫してクセのないキャッチーなメロディに、テンポよくはずむドラム、ちょうどいい具合にそれらの味を引き立てているベース、アクセントで入るサックスの音色にも心が躍る。

音楽の素人でも音づくりの細かな気遣いに感動することができる。素直にハッピー&スタイリッシュな1曲だ。ぜひアニメ本編にて確認してほしい。

毎週のルーティンの中に確かな癒しが欲しい!!

萌えるだけでなくエネルギーを貰えるような作品に触れたい!!

そう思っている方には打って付けのアニメ『ブレンド・S』。

地上波でなかなか観ることができない、録画を忘れてしまった…という人は、Amazonビデオでも有料で観ることができますのでチェックしてみて下さい。

・アニメ「ブレンド・S」公式サイト⇒http://blend-s.jp/

 

アニメ本編と切り離して聴いても充分に楽しめる、曲単体としてのクオリティ抜群の「ぼなぺてぃーと♡S」は11月22日発売予定。

・Blu-ray第一巻 12月27日発売予定

・原作コミック