『Re:CREATORS』1話「素晴らしき航海」あらすじ&感想

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,1話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君

今期おいかけているアニメのなかで特に気に入っている『Re:CREATORS』。

これは多くの人に観られないともったいない作品だと思うので、毎話、あらすじと感想をまとめていきたいと思います。

今回はその第一回、1話についてでございます。

あらすじ

Re:CREATORS,主人公,水篠颯太,レクリエイターズ,アニメ,あらすじ,ストーリー,評価,感想

主人公の水篠颯太(みずしの そうた)は、ゲームとアニメが大好きな高校2年生。部屋の様子や物語中の発言から察するに、様々なアニメやゲームの情報を随時、手広く閲覧している模様。ただ、部屋は綺麗で、萌えキャラのフィギュアをたくさん置いているようないわゆるガチヲタの部屋っぽくはない。学校でも根暗オタポジションではなく、友達もふつうに居るように見える。イラストを描くのが好きで、将来はクリエイターになるのが夢である。

ある日彼がネット配信されているアニメを観ていると、タブレットが謎のバグを起こす。

ノイズまじりの画面上に表示されたメッセージは「何を求めている?」

なおもノイズは続き、謎の表示が現れ続ける。

びっくりした颯太がタブレットを落とすと、景色が一変。

一瞬状況を把握できなかった颯太であったが、どうやら自分が、たったいま視聴していたアニメの世界に入り込んでしまったことに気づき、あっけらかんとしてしまう。

颯太が入り込んだ作品“精霊機想曲フォーゲルシュバリエ”のなかでは、同作品の主人公であるセレジア・ユピティリアが、軍服をまとった謎の美少女との戦闘の真っ最中であった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,登場人物,ストーリー,評価,レビュー,セレジアRe:CREATORS,レクリエイターズ,軍服の姫君,セレジア,戦闘シーン,感想

戦闘に巻き込まれかすり傷を負ってしまう颯太だったが、セレジアにかばわれ、その瞬間ふたたびタブレットが颯太たちを現実世界へ運び、難を逃れる。

一息ついて部屋に戻ってみるとセレジアが居て、今起きた出来事が夢でなかったことを悟るのであった。

自分がいた世界とまったく違う場所に飛ばされ混乱を隠せないセレジアであったが、颯太の、作品愛のこもった必死の説明をうけ、状況をなんとなく理解する。

ひとまずは落ち着いた2人のところに、またもやあの軍服の美少女が出現。

彼女はセレジアに「自分があなたを召喚した。私と一緒にこい」といった趣旨のことを語る。が、セレジアはこれに対して、信用できないと猛反発。

両名は代々木にて激しい戦闘を繰り広げる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,1話,感想,あらすじ,面白い,セレジア,軍服の姫君,戦闘シーン,音楽

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,登場人物,ストーリー,評価,レビュー,セレジア,メテオラ,1話

その時セレジアに加勢に入ったのが、魔法の本をもった銀髪の美少女メテオラ・エスターライヒ。後に判明するが、彼女は“追憶のアヴァルケン”というロールプレイングゲームの登場人物である。

メテオラの加勢もあり、軍服の少女はとりあえず一旦手を引いた。

夜空に消えていくセレジアとメテオラ。

このまま何もなかったようにまたいつもどおりの日常に戻るんだと思っていた颯太であったが、後日、家に帰るとセレジアとメテオラが部屋で待っているのだった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,登場人物,ストーリー,評価,レビュー,セレジア

他に行くところも手掛かりもない2人は、とりあえず颯太の部屋でやっかいになることにしたのだ。

果たして彼ら彼女らの行く先にはどんな物語が待っているのか…

感想

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,登場人物,ストーリー,評価,レビュー,セレジア,コンビニ

とにかく主人公の影が薄い。

だがそこがいい。

個人的な感想としては、本作の主人公はあくまでも被造物、つまり各物語の登場人物なんだなと。

2次元のキャラクターが現実世界にやってくるという設定自体はよくありそうだし、「またこれ系かよ」と思って1話切りしたヲタクも多いと思うんですが(もったいねぇ)、この作品では、Cパートで2人の美少女キャラが颯太といっしょにコンビニで買い物をしている様みたいに、そんな思い切ったことしていいの!?と思うような堂々とした関わり方をしてくるので一風変わっているし、メタな演出をところどころに細かく入れて視聴者をワクワクさせる工夫がある。(2話以降顕著になる)

まさに、架空の登場人物がこっちにきたらどう馴染む?現実世界と創造世界、交わったらどうなる?というテーマをストレートに描いていて面白味がある。

それとこの作品の主人公くん、颯太は、美少女キャラに萌え萌えするタイプというよりは、作品そのものへの愛とクリエイターへの尊敬の念を持ってやまないようなタイプで、清々しい感じ。セレジアがこっちの世界に来たときも、「セレジアだ~!!かわいい~~!」みたいな反応になりませんでした。

ということもあり全体的にきれいな作品かなと。絵もかなり綺麗ですし。

小説や映画や漫画、そういったものが好きな人なら、ヲタク・非ヲタを問わず素直にエンターテインメントとして楽しめるんじゃないでしょうか。

音楽も、担当しているのが澤野弘之さんということで、やはりカッコいい。

OPテーマもいいし、1話の最初の戦闘シーンの曲ですでに興奮しました。

メインヒロインたちも無難にかわいいですし、OP映像から分かるとおりいろいろな作品からキャラクターが出てくるということで、キャラデザや能力といった諸々もそれぞれ全然違う。そういう色々なキャラクターが交錯して、闘ったり対話したり、自分の世界とこの世界との違いに戸惑ったり、己の原作者と接触したりする。こういうメタさが一番の見どころかなと思います。

Amazonビデオですでに5話まで観てますが、面白いです。続きも気になる。

まだ観てないという人も、1話で切ってしまったという人も、ぜひご覧になってみてください。

また次回の記事で2話のあらすじと感想を書きます。

ではでは。

梅雨・夏に聴きたいアニソン神曲!知っておいて損のない名曲たち

梅雨はジメジメするし雨は降るし、あまりいい印象を持っていない人も多いかもしれないですが、時期にぴったりの音楽を聴くことで景色が一変して、幸せな気分になったりするもんです。

今回は、ちょっと早いですが梅雨に雨を眺めながら聴くのにちょうどいいメロディーのアニソンをまとめてみます。

雨をそのまま楽しむ曲、雨が止んで晴れ渡るような気分になる曲…
すべて、私がCD・音源を所有済みもしくは予約済みの、本当に大好きな曲たちから厳選。

ゴロゴロするときや、作業をするときにもどうぞ。

※記事の性質上、ページの読み込みに多少時間がかかる場合があります。

 

 

nano.RIPE #夢路


知る人ぞ知る神曲。アニメ『花咲くいろは』の挿入歌で、この曲をきっかけにnano.RIPEを好きになったアニメファンも多いでしょう。

このバンドはボーカルの方の声質が特徴的で、一部では「ズコーー」なんていうネタが流行りましたが、その実、歌が下手なわけでもないし、バンドとしての音作りはなかなかのもんだと思います。

この曲は雨降りの休日とか、夕暮れどきの帰り道とかにベストマッチする1曲ですね。たまらん。

 

Chocho #優しさの理由


こだまさおり #未完成ストライド


上ふたつはどちらも、推理小説が原作のアニメ『氷菓』のOP曲。アニメも全部観てましたが、面白かったですね。

聴いているだけで空が晴れ渡るような「優しさの理由」と、雨もいいかなと思えるような「未完成ストライド」。どちらも恐らくアニメ史に残る名曲でしょう。

 

Lia #Bravely You


泣けるアニメ・ゲームを作ることで有名な麻枝准が原作を担当したアニメ『Charlotte』のOP曲。

正直アニメは終盤の展開のおそまつさが主な理由で不評でしたが、この曲は色褪せません。OP映像も物凄くかっこよかった。

雨が降っているときに聴いてもいいし、雨上がりの朝に聴いても気持ちのいい曲でしょう。

 

斎藤千和 #staple staple


独特の作風で好き嫌いが分かれる制作会社シャフトさんのアニメ、『化物語』の一番さいしょのOPです。昨今、アニメの神曲・名曲をあげよと言われれば、多くの場面においてこの曲が入ってくることは確実でしょう。ほんとうに元気が出るいい曲です。

春にもいいですが、梅雨に聴くとまたいい。切なくありつつも前に進みたくなるような気分になる。歌声も曲調もほんとうに素敵です。控えめなベースの音もかっこいいですわ。

 

斎藤千和 #二言目


化物語の神曲といえばstaple stapleが有名ですが、自分はこっちのほうが好みです。特にサビ。可愛く、はかなげで、歌詞も前向きで元気が出ます。

ちなみにこちらは、アニメ「物語シリーズ」のひとつ『傷物語』のOP曲でした。

物語シリーズはさきほども言ったように作風にクセがありますが、内容としては非常に見どころの多い作品なので、まだ観てない方はぜひ。

 

BUMP OF CHICKEN #GO


今やBUMPといえば知らない人は居ないだろうほどのビッグネームとなりましたね。そんな超人気バンドBUMP OF CHICKENの「GO」は、スマホゲーム『グランブルーファンタジー』のテーマソングです(アニメのOPでもある)。

メロディが穏やかでありながら壮大で、それだけでも感動的ですが、加えて歌詞がまたBUMPらしく物語調で、聴いていると、これから自分が冒険に出るような気分にさせます。自分はアニメでこの曲を知りましたが、ちょっと聴いただけで気に入って、即iTunesで落としましたw

 

Keno #おはよう。


これは今時知らない人も多いと思いますが、ほんとにいい曲ですよ。

HUNTERxHUNTERの1999年版アニメの一番さいしょのOPでした。

この曲の聴きどころはボーカルの声と、ベースのかっこよさと、歌詞の良さですね。

梅雨にもいいですが、冬の朝に聴くとまた最高です。

ぜひ聴いてみて下さい。

 

abingdon boys school #From Dusk Till Dawn

BONESのハードボイルドアニメ『DARKER THAN BLACK ‐流星の双子‐』のエンディングテーマ。

EDムービーとの相性も抜群でしたが、曲単体としてのメッセージ性、クオリティも凄く高い。

暗い気持ちになっているときに聴くと、元気が出てくる曲だと思います。

 

 

坂本真綾 #マジックナンバー


こちらはアニメ界では有名な坂本真綾さんの曲で、アニメ『こばと。』のOP曲です。

このマジックナンバーという曲は、いつ聴いてもいいですね。伴奏も歌詞も、坂本さんの声も、エネルギーが湧いてくるような感じです。

雨降りの休日に聴いても元気が出ると思いますので今回入れました。

 

澤野弘之 #No differences


これは『アルドノア・ゼロ』というアニメのテーマソングです。オリジナルサウンドトラックに収録されています。作曲の澤野弘之さんは、ガンダムUCや進撃の巨人などの有名なアニメをはじめとして、映画やドラマにも楽曲提供を行っている凄い人。

この曲はメロディーがいいのはもちろんですが、歌詞が、同アニメのことを謳いつつも現実世界の世界平和などにも通ずるもので、特に海外のアニメファンから高い評価を受けている気がします。日本でこの曲を知っている人ってあまり居ないんじゃないかな…

とにかくいい曲なので、ぜひ。

 

ASIAN KUNG-FU GENERETION #Re:Re:


人気バンド「アジカン」のタイアップ曲。知る人ぞ知る名作アニメ『僕だけがいない街』のOPテーマです。あのアニメはほんとに面白かったし、OP映像もかっこよかった。

この曲自体は新しいものではないですが、結成20周年を記念してセルフカバーされました。

聴いたことない人はほんとに聴いてみるべき。

アジカンはいい曲が多いし、アニメタイアップソングも豊富なので、これをきっかけにほかの曲を聴いてもいいかも。

 

MAGIC OF LIFE #DOUBLE


ミステリー小説が原作のアニメ『ジョーカーゲーム』のED主題歌。

アニメもいかにも諜報戦というかんじでスタイリッシュで面白かった。

この曲は一度聴いた瞬間から「梅雨に聴いたらいいんじゃないか?」と思っていました。

歌詞と歌い方も、声に成らない声を叫んでるっていうかんじで非常に好みです。

 

L’Arc en Ciel #the fourth avenue cafe

昔のアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』で一時OPテーマになっていた曲です。

私はこの曲が大好きで大好きで… L’Arcさんの曲はちょいちょい聴きますが、これが一番好き。自分のなかではまさに伝説です。

曲調も歌詞もhydeさんの声も最高に好きです。

梅雨にもいいし、冬の夜にひとりカフェでコーヒー飲みながら聴いてみて下さい。ほんとに合います。

 

春奈るな #ステラブリーズ



2017年春、今期放送中のアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』のOPテーマです。

これはいかにも「雨上がり」って感じの曲ですね。アニメの雰囲気にぴったり。

雨上がりに、水たまりの水を蹴っ飛ばして遊んでいるエリリの姿が浮かぶようです。

 

NOVELS #ミッシングリンク


続編が待ち望まれている名作アニメ『TIGER&BUNNY』の2番目のOPテーマ。

オリオンをなぞるもいい曲ですが、個人的にはこっちのほうが好みです。

この曲は歌詞が本当にいい。元気づけられます。サビのメロディも大好物です。

 

平田志穂子 #Shadow World


ペルソナシリーズはおしゃれな名曲ばかりですが、そのなかでもトップレベルに好きな曲がこれ。

アニメでもありゲームでもある『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、そのオリジナルサウンドトラックに収録されてます。

ほんっっとにいい曲なので、ぜひお聴きください。

歌詞の訳は、分かりやすいところがあったのでリンクを貼っておきます⇒ ココ

 

NICO Touches the Walls #ホログラム


雨のなかで聴きたい曲ベスト5に入る名曲。雨がすぐにでも上がりそうなメロディとボーカル。

2009年から2010年に放送された、新しいほうのアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のOP曲の一つです。

ハガレンの曲としてはこれが一番好きかもしれないですね、自分は。

NiCOさんの曲のなかでもかなり好きなほうです。

 

ROOKiEZ is PUNK’D #コンプリケイション


アニメ『デュラララ!!』2番目のOPテーマ。

同アニメの中では一番すきな曲。

この曲は歌詞が本当にいいです。

とくに将来のことが不安でしょうがない若者にはぜひ聴いてほしい。

雨雲に向かって叫びたい気分になるような、そんな曲。

 

牧野由依 #Reset


現在放送中のアニメ『サクラダリセット』のOPテーマです。

この曲かなり好きです。アニメの雰囲気にも合ってるし、OP映像との相性が良すぎて感動します。

牧野由依さんの歌声も透き通ってて素敵ですねー。

アニメもなかなか面白いし、考えさせられるような内容でもあるので、また観てない人はぜひ機会を見つけてレンタル等して観てみてください。決して明るい話ではないですが、悲劇でもなく、物凄く前向きな話です。

おおまかな設定やストーリーも、一見すると「またループものかよ」「また異能ものかよ」と思いがちですが、原作はそこそこ古いため、どこかで観たような安易なコピーものではないし、決して単純ではないシナリオと、決してバトルものではない、能力の噛み合わせや駆け引きを楽しむことができます。

良作ですよ。

 

WEAVER #口づけダイヤモンド


アニメ『山田くんと7人の魔女』OPテーマに起用されて人気を博した名曲。

雨の中、電車に揺られて外を眺めながら聴くのにぴったりの曲ではないかなと。

 

fhana #いつかの、いくつかの君との世界


fhanaといえば、今やアニメ界隈には欠かせないバンドとなりました。

このバンドは本当に耳に心地いい曲ばかり作る。最高ですね。

同曲はアニメ『僕らはみんな河合荘』のOPテーマでした。

MVにも演出としてありますが、まさに雨上がりにふさわしい1曲です。

 

fhana #星屑のインターリュード


fhanaからもう一曲。

アニメ『天体(そら)のメソッド』EDテーマです。エンディング曲でありながらこの疾走感・躍動感。当時はじめて聴いたときは、感動を隠せませんでした。

梅雨だけでなく、夏のドライブなんかにもぴったりだと思います。

 

(K)NoW_NAME #Freesia


現在放送中、P.A.WORKSのお仕事シリーズ3作目『サクラクエスト』のEDテーマです。

(K)NOW NAMEは、映像作品の主題歌・挿入歌などを手掛けるクリエイティブユニットの名前で、ボーカルも複数いらっしゃいます。このアニメでOP曲を担当しているのもこのユニットですね。

このFreesiaという曲は、優しくて清々しくて、聴いた瞬間に一発でお気に入り認定しました。

アニメのほうは2クール放送が決定していまして、とっても前向きなお話で面白いのでおすすめです。(私も紹介記事を書きました)

 

 

さて、今回はこんなところでお開きとします。

ここで紹介したのは、本当に名曲ばかりだと思います。

試聴して気に入ったらぜひCDや音源をお求めください。