アニメ『このはな綺譚』のあらすじと魅力をご紹介

此花亭奇譚,このはな綺譚,このはなきたん,1話,感想,あらすじ,レビュー,評価,原作,画像

ついに最終回を迎えましたアニメ『このはな綺譚』

当初は「ケモミミ萌えアニメかぁ…どんなもんか」と内心敬遠しながら観始め、それがいつのまにか今年の秋アニメのなかで特に好きな作品の一つとなっていました。

で、このアニメあまりヲタクたちに注目されてない気がするんですよね。残念なことに。

良い作品なのにもったいなと思いますので、年越しの前に紹介記事をしたためておこうと思います。

此花亭奇譚,このはな奇譚,このはな綺譚,このはなきたん,1話,感想,あらすじ,レビュー,評価,原作,画像,声優,秦佐和子,大野柚布子,天使の3p,天使の3P!,五島潤

 

物語の舞台は、幽霊や妖怪,神様,言葉を話す動物,半獣といった類のものが当たり前に存在し共生している世界。この世とあの世の境に在る、とある宿場町。

キツネ娘の柚(ゆず)は、幼いころ雪に埋もれて抜け出せなくなっているところを尼の八百比丘尼(やおびくに)に助け出され、そのまま寺に引き取られて一緒に暮らしていたが、ある程度大きくなったところで社会勉強を兼ねてこの町の高級温泉旅館である「此花亭(このはなてい)」に奉公に出されることになる。

柚はこの此花亭にて個性的で素晴らしい仲間たちと出逢い、ともに仲居として働き、ここを訪れる多種多様な客をもてなしていくなかで不器用ながらも着実になにかを受け取り成長していく。そして彼女自身も持ち前の性格で周囲の者たちに良い影響を与えていく。

これは、そんな彼女と彼女たちの心温まる触れ合いの物語。

日常の喧騒を忘れ、気づかされるのはシンプルな答え


この作品、ケモミミが生えたキツネ娘たちが主役で、しかも女の子同士がイチャイチャするいわゆる「百合」表現もあるのでそういう部分にばかり注目が集まりそうですが、本当の魅力は物語そのものの方にある。

まず登場人物みんないい人たちで、「悪人」は出てきません。種族や来歴や性格には当然違いが有るし、喜怒哀楽はあるけれど、皆なんだかんだ優しい気持ち,純粋な心を持っている人たち。だから観ていて煩わしさが無く、嫌な気持ちにならないというのが前提として大きくある。

次に魅力的なのが柚の性格です。彼女は本当にドジでそのせいで周りをドタバタさせることがあるんだけれど、それでも、怒られることはあっても決して嫌われはしないし、こっちも彼女の生活ぶりを観ていて鬱陶しい気持ちにならない。それは何故かといえば、彼女の目がいつもまっすぐ前を向いていて、柔らかな温かさを持っているから。

柚が出逢う仕事仲間や客たちはただ終始ニコニコ・キャッキャウフフしてるだけじゃなくて、日々ちょっとしたことで思案しもするし、なかには内面に繊細な悩みやコンプレックスを抱えている者も居たりする。もちろん大小の差はありますが。柚のまっすぐで前向きで温かい目は、往々にして周りが気づかないような視点から物事の真理をとらえるのですが、そんな彼女が放つ純粋な一言が相手の悩みの根源を一瞬で蒸発させてしまうようなことが多々あるのです。

このような柚のものの見方がものすごく参考になって、視聴しながら自分自身について省みたり気持ちが軽くなったりする。

これがこの作品のいちばんの見所だと思います。

 

日常の喧騒,ちょっとしたイライラの積み重ね、我々はそういうものが積み重なってくると少しずつ心に狭い檻をつくってしまい、そこで目つきを悪くして性根を腐らせてしまうでしょう。今のように人間関係が非常にわずらわしい時代ではなおさらです。疲れる要因は本当に多い。

そういう面倒くさいものを忘れて、「やっぱりお互いに思いやって温かい気持ちで生きるのが一番いい」「まっすぐな目で観てみれば、この世には美しいものがこんなにある」というシンプルな答えを思い出すことが出来るのがこのアニメの一番の魅力。

もちろん、そのうえでキャラクターのほがらかな可愛さに癒されるのも大事な要素であります。

私はとくに皐(さつき)というキャラクターが好きなんですが、声を演じているのが元SKE48メンバーの秦佐和子という方らしく、声優歴は浅いものの凄くいい声となかなかの演技力を持っています。今後の活躍に期待です。(ちなみに柚役の方も調べてみると新人さんですがお上手ですよ。天使の3Pにも出ていた方ですね。お名前に「柚」が入っているのがまた良いなと少しほっこりします。詳細はこちら:大野柚布子

OP主題歌を担当しているのは、あのeufonius


狂信的ともいえる人気をほこるゲーム『CLANNAD』の主題歌「メグメル」、大人気アニメ『true tears』の主題歌であり名曲「リフレクティア」などを手掛けてきたeufoniusが、本作でOP主題歌「ココロニツボミ」を担当しています。しばらくアニメ主題歌を務めることはなかった彼らですが、この曲をもって復活。

耳触りのいい独特なメロディとriyaさんの澄んだ歌声は健在で、やはり心に残るいい曲です。アニメの世界観ともすごくマッチしています。

CD

mp3データ販売

おわりに


絵も美麗だし音楽や演出も温かさに溢れていて凄くいい。号泣するような内容ではありませんが、人生にとって本当に大切なことを思い出すような感覚で自然と心があたたかくなる。そしてたまに涙が出ます。

やさしい気持ちがなければ味わえない、観ればやさしい気持ちが蘇る。そんな物語です。

難しい話は抜きで癒されたい、感動したいという人には間違いなくおすすめ。

とてもいい物語ですので、お暇なときにぜひ観てみてください。

 

・第1話(Amazonビデオ)

・Netflixでの視聴URL(短縮なし)⇒https://www.netflix.com/search?q=%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA&jbv=80221667&jbp=0&jbr=0

・原作コミック第1巻

・DVD/Blu-ray第1巻~春~

『Just Because!』のあらすじと魅力 ~高校最後の冬にそれぞれの恋が走り出す~

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那,小宮,カメラ,Canon,PowerShot G5X,EOS Kiss X80,

現在放送中のアニメ『Just Because』がめちゃめちゃ良くて、個人的に今期のアニメのなかでは3本指に入ります。

高校生活の終わり、神奈川を舞台に織りなされる恋物語なんですが、さわやかであったかくて、今の季節にぴったりな作品です。

今回はこのアニメの魅力をまとめます。

あらすじ


3年生の3学期、高校生活ももう終わりに差し掛かって、生徒たちは皆それぞれの悩みや葛藤を抱えながら、受験や就職に奔走している。

そんな空気の中、泉 瑛太は中学の頃に親の転勤の都合で引っ越してから4年ぶりに、再びここ神奈川県藤沢市に転校生として帰ってくる。進学については推薦で決まっている上、高3の終わりという半端な時期の転校ということもあり、このまま高校時代の残りを特に何事もなく消費していくだけに思われていた。

だが、転校先のこの学校で偶然再会した中学時代の親友・相馬 陽斗の口から、瑛太の当時の想い人である夏目 美緒の在籍を知らされたことをきっかけに、少しずつ歯車は回っていく……

いまだに夏目に好意を持っている瑛太、中学のころから陽斗のことが好きな夏目、そして吹奏楽部の森川 葉月にひそかに想いを寄せている陽斗。

そこに、偶然撮った瑛太の写真をコンクールに出すため許可を得ようと彼に近づいてくる2年の小宮 恵那も加わって、5人の男女につながりができ、それが少しずつ動いていく。

この冬の数か月は、5人にどんな絆と思い出をもたらすのだろうか。

主要キャラクターと関係性


泉 瑛太(いずみ えいた)

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那

本作の主人公。中学の時に親の転勤の都合で神奈川から福岡へ引っ越していくが、高校3年生の3学期になってまた同様に転校生として戻ってきた。

かなり中途半端な時期の転入ゆえ、学校側の配慮で、クラスには入らず自習室に通うことに。転校先のこの高校の制服はブレザーだが、瑛太だけは前の学校の学ランで登校している。勉強はできるほうで、すでに推薦での進学が決まっている。

落ち着いていて口数が非常に少ないが、そのわりに行動力がある。以前から目的や動機があれば誰にも何も言わずにすぐに動き出す、いわば「不言実行」な性格だったらしく、中学の頃からの親友の陽斗にもそのように認識されている。

中学時代から夏目のことが好きだが、夏目が陽斗を好きなのを知っているからか、自分の気持ちを明かしたことは無い。が、本人の気づかないところで態度には出てしまうので周囲の者にはバレバレらしく、出逢ったばかりの小宮にも見透かされた。

夏目の陽斗への想いが成就するように心から願っているようで、転入してきて彼女に再会した当初は、高校生活ももうすぐ終わりということもありこれまでどおりの関係を貫いていくつもりだったが、予想外の些細なきっかけが重なって徐々に心境が変わっていく。

夏目 美緒(なつめ みお)

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那

瑛太の想い人で、中学では生徒会副会長、高校でも生徒会長をやっていた活発な女の子。はっちゃけるタイプではないが表情豊かで人当たりは良い。

中学からずっと陽斗のことを好きでいるがなかなか言い出せない。彼がいま森川に恋しているのを察していることで尚更打ち明けられないという様子。

瑛太と中学のころクラスメイトだったうえ委員会などで一緒に行動することも多かったが、彼の気持ちには一切気づいておらず、またごく自然に絡んでいたせいか彼のことを特別意識したこともなかった。

大学受験まで残り僅かなのでいまは恋愛や友達付き合いよりも受験勉強と割り切り頑張っているが、彼女もまた、瑛太との再会をきっかけとした些細な出来事の積み重ねのなかで、瑛太のことをそれとなく意識するようになっていく。

相馬 陽斗(そうま はると)

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那

中学のころに瑛太といっしょに弱小野球部に所属していた親友。高校でも野球部に入ったが、優勝校と当たってあえなく惨敗し、そのまま引退となった。

父親がすでに他界しているようでお世辞にも裕福とはいえず、卒業後は進学せずとある企業への就職することが決まっている。

吹奏楽部の一員として試合にかけつけ演奏で応援してくれていた森川に強く惹かれているが、きっかけを見いだせず言えず仕舞い。そのため、放課後にはおなじクラスの友達に「ホームランを打ったら森川に告白する」という願掛けの儀式に付き合ってもらっている。

ある日、その儀式がいつものように失敗に終わって片づけをしているところで、転入初日の瑛太を発見し声をかけ再会を果たす。

彼に付き合ってもらって儀式を再開すると、なんと場外ホームランが発生。急いで告白に向かったことをきっかけに、彼らの物語が動き出す。

森川 葉月(もりかわ はづき)

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那

元吹奏楽部の3年生。高校卒業後は兵庫の女子大を出てから就職し、いずれは実家の農家を手伝うことになっているので、いまは特別勉強に追われているわけでもないが、特に友達と遊んだりすることもなく、放課後や休日には小さい弟たちの面倒をみて過ごしている。とてもおとなしくオシャレにも無頓着なタイプ。

そのため端麗な容姿とは裏腹に周囲から「地味」という印象を抱かれていて、自分でもそのように開き直っている様子。恋愛にも無関心で、陽斗の想いにも気づいていなかったが、あることをきっかけに彼のことを少しずつ意識するように。

母親が仕事に出ているので彼女が家事をすることが多く、料理も上手。古き良き大和撫子的美少女である。

小宮 恵那(こみや えな)

Just Because,ジャストビコーズ,アニメ,感想,舞台,動画,画像,評価,あらすじ,ストーリー,登場人物,キャラクター,泉瑛太,夏目美緒,相馬陽斗,森川葉月,小宮恵那,小宮,カメラ,Canon,PowerShot G5X,EOS Kiss X80,EOS 7D,EOS 7D Mark II

部員3名のみの写真部をまとめている2年女子。

部員が少なすぎるうえ新入部員もおらずこれといった実績もない写真部が現在廃部の危機にさらされており、それを阻止すべく、瑛太の転入初日に偶然撮影した彼の投球模様をコンクールに出そうと本人からの許可取りに奮闘する。

物凄くパワフルで前のめりな性格で、ここぞと思ったときには多少の静止は振り切ってグイグイ動く。そんな性格ゆえ他人からあからさまに苦手意識をもたれることも多いらしいが、そんなことは全く気にしていない様子でいつも明るい。可愛い顔とほどよく女の子らしい体つき,活発な性格で男子ウケが非常に良く、また女子の友達もいないわけではない。

当初は瑛太のことを「謎の転校生」とし、単なる写真使用許可取得対象としてしか見ていなかったが、彼と接してその人間性に触れていくうちに異性として意識するようになっていく。

愛用しているカメラはCanon PowerShot G5 XCanon EOS 7D

本作の魅力①:キャラにクセがなく親しみやすい


まず登場人物にクセがないのが凄くいい。アニメアニメした余計なクセがない恋愛劇なので、うさんくさい描写に眉をひそめることなく観ることができる。

そして、クセがないといっても個性はそれぞれちゃんとあり、それが凄くリアル。そこらに普通にありそうな家庭事情、友達付き合い、普通に居そうな性格。現実の恋愛模様をそのまま、アニメらしい豊かな表情の動きを用いて描いているという感じ。

登場人物全員がそれぞれよくある悩みや不安を抱えていてそれとなく奮闘している様も、リアリティがあって感情移入しやすい。

だからアニメに特別興味がない人でも楽しんで観ることが出来るでしょう。

春に放送していた『月がきれい』と同じような匂いのする作品ですが、あれは温かさ重視、こっちは爽やかさ重視という印象。

主人公の瑛太が浮世離れしたイケメンとかじゃないのがまた好感をもてる。

本作の魅力②:演技がとてもうまい


Wikipediaで調べてみると、このアニメでメインの5人を演じているのはそのほとんどが新人だったりこれまで脇役メインだったりとあまり目立たない声優さんなんですが、皆さん実力者というかんじで「自然な感情表現」が物凄く上手。一部の演者さんは、緊張からかたまにこなれていない感じが(声がうわずったり)見受けられますが、それを差し引いても充分素晴らしい仕上がりだと思います。

特に感銘を受けたのは笑う演技です。これが非常にうまい。私も様々なジャンルの色々なアニメを観た口ですが、キャラが心から笑っているように聞かせる演技ってなかなか難しいとみえて、知名度の高い声優さんでも笑い声だけは下手だったりすることが実は多々ある。

ですが、このアニメの主人公たちは笑い声がほんとに自然で、日常会話のなかで自然に吹き出しちゃったんだなというのがとてもよく伝わってくる。だからこっちも観ていてクスっと笑ってしまったりします。

すでに最新話まで観ている方も、そこらへんに注目して観返してみてください。

本作の魅力③:構成にダレがなくテンポが良い


寒いギャグなどの無駄な会話や萌え萌えシーン,時間稼ぎのようなカットがとにかく無くて、ストレスなくとんとん進んでいく。

それでいて雰囲気は落ち着いていて観やすいし、緩急もちゃんとある。5人の心境が少しずつ動いてお互いの関係性が変わっていく様子、すれ違ったりくっついたりのキュンキュン模様が鮮明に描かれている。学生の恋愛らしい初々しさ・不器用さ・いじらしさがふんだんに盛り込まれている。物語としてものすごく面白いと思います。

で、さっきも言ったようにありそうな設定やありそうな人間性が主軸になっているので、「あの頃が懐かしいなぁ。あの恋よかったなぁ。あの人元気にしてるかなぁ」とか、「こんな恋愛できたら最高だな」とか、皆さん思い思いの感想を抱いて視聴できるでしょう。

私自身、自分が高校2年のころ仲良くしていた想い人のことをぼんやり思い出したりして観ています。

ギャグというか笑えるシーンも、不意をつくようにさりげなく、実際にありそうな具合のものを挿入してくる。それが感情移入の助けになります。

話を書いてる人、ほんとに尊敬します。

本作の魅力④:主題歌とBGMが、良い


OP曲はおなじみやなぎなぎさんが歌う「over and over」。清涼感と疾走感という言葉がよく似合う1曲で、特にサビでは、高校生らしい青春の恋愛がいま一気に動き出してキャラクターたちがそれぞれのスタートを切って走り出す情景が思い浮かびます。

本編のオープニング映像中、小宮が一眼レフのシャッターを切っている描写がとても曲にマッチしていて印象的。季節を問わず日常を彩ってくれそうなチューンです。

 

ED曲はやなぎなぎさん作詞作曲のものを夏目・森川・小宮の3人が歌っている「behind」。こちらはOPとは打って変わってしっとりとしたバラード。

冬の寒空の下、些細なきっかけから動き出した恋心が登場人物それぞれを温かく包み込んでいくようなイメージを思い浮かべます。

終始おちついた曲ですが本編のシナリオと同様、緩急の付け方がうまく、作業中にループで聴いていても飽きにくい気がします。実際私もいまこれを聴きながらこの記事を書いているわけですが。

冬の寒さも増してきた今の時期にドンピシャな曲です。

まとめ


私自身がそうだったんですが、なんとなーく「もう恋愛ものはいいかな…」と食傷気味の人もこの作品はぜひ観てみてください。いい意味で期待を裏切られると思います。

キャラにもシナリオにもクセがなく、心が締め付けられるような陰湿な演出もないですし、BGMも自然なテンションでありつつシュールで愉快で、全体的に心穏やかにほっこりして視聴できる物語となっています。

そのうえでもちろんヒロインたちの可愛さや人間性も見所であり、この子いいな~という素直なときめきももたらしてくれることでしょう。

私は小宮が大好きです。ああいうパワフルな女の子にグイグイ振り回される青春、いいですよね。私服もおしゃれで可愛いです。というか実は彼女の影響で「あぁー写真っていい趣味かもな」と、一眼レフに興味を持ち始めた次第です。

とにもかくにも、とてもとっつきやすくて面白い作品です。まだ観てない方はこの機会にぜひご覧ください。

彼らの等身大の不器用で爽やかな恋愛に感化されて、恋愛だけでなく仕事の人間関係や友情なんかも頑張ろうと思えるかもしれないですよ。

 

・アニメ公式サイト⇒http://justbecause.jp/

 

・アニメ本編第1話「On your marks!」
(AmazonPrime特典ビデオ)

・Just Because小説版

・Blu-ray第1巻

『Infini-T Force』は、「正義」とは何かを教えてくれた。

Infini-T Force,アニメ,ガッチャマン,ポリマー,テッカマン,キャシャーン,感想,評価,面白い,OP,ED,主題歌,チクタク,edda,flumpool,To be continued...,茅野愛衣,鷲尾 健,南 城二,鎧 武士,東 鉄也

あのタツノコプロが生み出した伝説的ヒーロー4人が集結して世界を守るために再び戦うというアニメ『Infini-T Force』が現在放送中で、これが結構面白い。

今回はこのアニメの魅力を簡単に紹介します。

※ストーリーのネタバレはありません。安心してお読みください。

◇プロローグ

Infini-T Force,アニメ,ガッチャマン,ポリマー,テッカマン,キャシャーン,感想,評価,面白い,OP,ED,主題歌,チクタク,edda,flumpool,To be continued...

舞台は現代の渋谷。17歳の女子高生・界堂 笑(かいどう えみ)は、小さい頃に一緒に暮らしていた父親が唐突に行方知れずになって以来、広い我が家でひとり暮らし。

別れ際に父親から言いつけられた3つの約束…「毎日牛乳を飲む。部屋を片付ける。挨拶を忘れない。」この3つだけはずっと守っていた。

愛も友情もろくに知らず、長く続く孤独のせいか「生きる」ということに実感が湧かず夢も希望も持てなくなって、誰に対しても何に対しても冷めた態度をとってしまう彼女。「笑」という自分の名前とは裏腹に、全く笑わない。最近ではバイクで交差点を突っ切ることで生きている実感を確かめたりしていた。

 

そんなある日、いつものように交差点を走っていると上空に謎の光が。それに注意を奪われてあわや一台の車と衝突しかけたエミだったが、なんとか怪我もせず事なきを得る。しかし上空の謎の光は地上めがけて降ってきて、なんと彼女を射抜いたのだ。そして気づけば彼女の手には得体のしれない大きな鉛筆が握られていた。

ついでどこからともなく現れた謎のロボット兵。意図せずその場に集結した3人のヒーロー… ガッチャマン鷲尾 健),ポリマー鎧 武士),テッカマン南 城二)が共闘し、なんとかこれを倒す。

直後、全身を厚い防具で覆ったマント姿の謎の人物が登場。エミの持っている鉛筆に関心を持っているようだったが、それが突然光り出した途端逃げていくのだった。

気づけば周囲の状況も元通りに。戦いの痕跡など一切なくなっていた。

ヒーロー漫画のような光景を現実として目の当たりにしたにも関わらず、やはり冷淡なエミは、3人に軽くお礼だけ言い残して颯爽と帰ってしまう。

 

さらに謎の鉛筆に導かれるままに4人目のヒーロー・キャシャーン東 鉄也)と出逢うエミ。

そして彼女は、自分が持つその鉛筆が人間史のさまざまな局面において持ち主の願いを叶え歴史を動かしてきたキーアイテム『ケース』だということを知る。

それからというもの、ケースを欲する謎の男「Z」と、彼のもとに集う3人の敵に身柄を狙われ続けるエミ。

4人のヒーローは心の動くまま、迫りくる魔の手からエミとこの世界を守るために戦う。

 

ケースを使って世界をひとつひとつ消して回ってきたというZ。その真の目的とは何なのか。

持ち主の願いを叶えるまではその手を離れないというケース。夢も希望も無いはずの少女エミがその心に抱く本当の願いとは何なのか。彼女自身がそれに気づいたとき、物語はどんなラストスパートを迎えるのか。

◇屁理屈なんか要らない。お前の心に問え。これが正義だ!!

Infini-T Force,アニメ,ガッチャマン,ポリマー,テッカマン,キャシャーン,感想,評価,面白い,OP,ED,主題歌,チクタク,edda,flumpool,To be continued...,茅野愛衣,鷲尾 健,南 城二,鎧 武士,東 鉄也

正義ってなんだとか、正義は人によって違うとか、そんな流行りの文言をすべて蹴散らし、「これが正義で、これが悪だ!!」というのをストレートに突き付けてくる。それが今作の最大の魅力ではなかろうか。

悲しんでいる人を助けたいと願い戦うのは正義だ。

人々や世界を護ろうと闘うのが正義だ。

世界を滅ぼそうとするのは悪だ。

人を意図的に傷つけるのは悪だ。

温かく燃えて輝いているのが正義の心で、憎しみや劣等感といった負の感情で形作られたドス黒いフラストレーションの塊は悪の心だ。

そういうふうに『正義』と『悪』を改めて分かりやすく定義づけたうえで、「ヒーローというのは温かく燃える心で、悲しんでいる人たちに手を差し伸べるものだ。人との絆を大切にして仲間と共に悪をくじく者だ」と直球で描いている。

だからこそ観ていて気恥ずかしい場面もあるが、「行け!!僕らのヒーロー!!この世界を護ってくれ!!」という、子供の頃におよそ誰もが抱くような素直な願いを思い出せる。そして4人のヒーローたちが発する正義の言葉に胸を打たれて、大人ながらにハッとすることも。

とにかくどこを切り取っても正義と悪というのが分かりやすくて、ごちゃごちゃ理屈をこねずに観ることが出来る。

エミに襲い掛かってくる敵たちも病的な殺人者とかではなくて、それぞれケースを欲するに至るまでの事情がしっかり組まれているのも見所。

◇人生は、生きている喜びを感じられなければ嘘だ

当然だが、これはエミという少女の成長物語でもある。

彼女は小さい頃に親がいなくなってから広い立派な家にたったひとりで寂しく暮らしているという珍しい境遇ではあるが、しかし、人生に特に喜びも見いだせずかといって死にたいというわけでもなく淡々と毎日を消費していくだけ…という人間自体は、現代社会では珍しくないのではないだろうか。

人間には自分の能力や生き方や精神状態や、いつか訪れる命の終わりを明確に自覚するだけの知能があるのだから、根本的な話、自分が納得し満足するような生き方を続けて未来にワクワクしていなければ、心が腐るか寂れるかして虚しい人生になってしまう。

エミという現代病の代表みたいな人物の成長ストーリーを見せることで、実は視聴者に訴えかけているのではないだろうか。「あなたは人生にワクワクしていますか?努力も苦労も未来のワクワクのために出来ていますか?まだ熱い正義の心を持てていますか?」と。

そう思って観てみるとまた感じ取れるものが多くなるだろう。

 

キャラクターもそれぞれ現代風のビジュアルに改変されていて、非常に親しみやすい。(ちなみに管理人は特に鷲尾健が大好きだ。)

全編とおしてCGとなっているが、キャラクターそれぞれの動きや表情はオーディションを通過した個別のモーションアクターが担当しているなど、作り込みも細かい。タツノコプロ55周年記念作品というだけあって、注がれている熱量は並ではない様子。

 

このアニメは、ヒーローは子供だましだという固定観念を取っ払ってくれる名作だと思う。

あなたの心にはちゃんとヒーローが居るだろうか。

ぜひ視聴して確かめてみてほしい。

 


◇関連情報

【アニメPV】

アニメ公式サイト⇒http://www.infini-tforce.com/

(放送スケジュールもこちらの「on air」ページでご確認ください。)

 

なお本編はAmazonでのレンタル視聴が可能。管理人も利用していますが、高画質ですしおすすめです。

【制作会社様】

タツノコプロ⇒http://www.tatsunoko.co.jp/

デジタル・フロンティア⇒https://www.dfx.co.jp/

 


【Blu-ray/DVD】

【OP・ED主題歌】

・flumpool「to be continued…」

MP3音源

収録CD

・edda「チクタク」

MP3音源

CD

漫画Infini-T Force 未来の描線』