『終末なにしてますか?』10話あらすじ+α。やっと言えたプロポーズ

1地上の遺跡発掘隊と合流したヴィレムたち。

ヴィレムは着いて早々、ノフトおよびラーントルクの体を揉み解し、魔力中毒になりかけの体を癒してやる。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

おかげで今まで無理を押して戦い続けていたふたりの体はすっかりよくなるが、ラーントルクはいまだに彼のことを信用しきれていなかった。それは、ヴィレムがあの《17種の獣》をばらまいた人間族の生き残りだと知ってしまったからである。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

しかしそんなラーントルクの態度は、「人間族は獣を生み出し世界を滅ぼした悪しき種族である」という一般的な認識のなかでは大いに自然なもので、ヴィレムは彼女の態度に納得を覚えていた。

ラーントルクはとある疑問をヴィレムたちに投げかける。

「《17種の獣》が生物兵器の一種だというのなら、人間族はいったいなんの生物を媒体にしてそれを生み出したのか」と。

当然、ヴィレムにはそこまでの知識はなかったが、クトリは一連の会話を聞いて、「地上に居た人間族が獣を作って、浮遊島に住んでいる者が妖精兵をつくってそれに対抗している。お互いに同じことをしているんだ」という複雑な気持ちを抱く。

ヴィレムは、ともあれ「くわしい事情など知らなくても獣は憎むべき敵だろう」と割り切って考えていた。そう、ここまでは…

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

遺跡発掘現場でグリックが一位技管と言い合っているところに顔をだすヴィレム。グリックは、一位技管が後先考えずに、欲をかいて更なる発掘隊を大人数で地下に送り出したことに腹を立てていたのだ。

特にグリックが気にかけていたのがその人数である。

どうやらサルベージャーたちの間では、調査隊は必ず少数構成で行かせなければいけないというルールがあるらしい。それは決して単なるジンクス的なものではなく、彼の知る限り、7名以上で地下へ発掘に向かって戻ってきた者はいないのだという。

どうやら地下には何かが居るようだ。


ヴィレムが今回の発掘現場であるかつての故郷を眺めて500年前のことを思い出していたその頃、

クトリのほうは、自分が救援艦のクルーたちから「シルシ無しのガキ」「ヴィレム二位技管の無能な愛人」というイメージを持たれてバカにされていることを知って、見返してやるために家事仕事に一生懸命励んでいた。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

彼女の働きぶりと可愛さに思わず惚れ惚れするクルーたち。

そうこうしている折、大きな地震が起きる。

と、その地震に呼応するように前世の夢を見るクトリ。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,リーリァ,リーリァ・アスプレイすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

その夢のなかでは、かつてヴィレムたちと一緒に戦っていた正規勇者リーリァ・アスプレイが、どういうわけか例の赤い髪の少女エルクを倒そうとしているところだった。

目覚めるクトリ、まだクトリとしての人格が保たれていることに一安心する。


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

皆に料理を振舞うクトリ。その美味さに感心し更に惚れなおしたクルーたちは、同席していたヴィレムに「あれはいい嫁さんになる」「大事にしてやれよ」と冷やかしを入れるのであった。

発掘品のなかから聖剣ラピデムシビルスを探しながら、ヴィレムは「何が幸せにしてやれだ。言われなくても」と自然に出た独り言に、自分で戸惑う。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

クトリは掃除や料理だけでなく、クルーたちの衣料などの直しまで担当するようになっていた。

裁縫に勤しんでいるクトリに、ラーントルクは尋ねる… なぜ地上についてきたのか、それはヴィレムに命を救われて恩義を感じているからなのかと。

クトリは「強そうに見えて無理ばっかりしているあの人を放っておけない」などと応えてみせるが、そんな彼女の本当の気持ちを察しているネフレンは「一緒に居たいだけ」だとズバり代弁。

恥ずかしがるクトリだが、自分の気持ちを隠す気は一切なく、ただただ恥ずかしがる。クルーたちはヴィレムのことを羨ましく思うのであった。


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

クトリをからかった後、ラピデムシビルスを探しているヴィレムのもとを訪れるラーントルクとノフト。クトリからヴィレムのことを色々聞いて、彼に対する不信感などはもうほとんどなくなっているようだ。

探すのを手伝おうかと申し出るふたりだったが、感謝しつつも、これは俺の仕事だと断るヴィレム。


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

ラピデムシビルスを無事見つけて、今度はノフトの聖剣の調整にとりかかっていたヴィレム。そこにクトリがお弁当を渡しにやってくる。

約束を守って聖剣を見つけ出してくれたのを見て感激するクトリ。

だがそんなとき、ヴィレムはあることに気づく。

ノフトが使っている剣『デスペラティオ』は、「同族を殺すことだけに特化している剣」だったのだ。妖精族は人間族を模倣されて作られた生体兵器。この剣の効果では、妖精族か人間族しか殺せない。では、なぜこの剣で獣を倒すことが出来ているのか…

結論に行きつくにはそう時間はかからない。

獣という生体兵器の素材がおそらくは人間であることに気づいたヴィレムは、人間がこの世界を苦しめている事実、そしてクトリたちが人間そのものと戦っていることに絶望する。

うなだれるヴィレムのもとにクトリが駆け寄る。

ヴィレムは、受けた衝撃の大きさから我慢できずにクトリを抱きしめる。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

突然抱きしめられて慌てないのかと尋ねるヴィレムだったが、クトリは「強がりの君が珍しく弱いところを見せてくれてるんだもん。嬉しい気持ちと元気出してほしい気持ちを合わせたほうが、ずっと大きいから」と応える。

 

そんなクトリの深い愛情とやさしさに触れ、クトリはある決心を言葉にする…

「結婚してくれ。」

「やっと見つけたんだ。守りたいと思えるものが出来た。帰りたいと思える場所が出来た。自分はまだ生きてていいんだって。生き続ける価値と資格があるんだって… だから、お前を幸せにしてやる。」

 

クトリはこれに感激して、そのプロポーズを受け入れる。

「うん… わたしも君から離れない。ずっとずっと一緒だよ。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い


感想

まずノフトとラーントルクが結構かわいい!ということに気づいた今回。

メインヒロインはクトリに決まってるけど、取り巻きもやっぱり可愛いんだよなあ…

最初はパッとしなくても、視聴を続けていくうちに魅力的だと思えるキャラクターが増えていく…

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』はそんな作品だと思います。

あと全体とおしてなんだかんだ優しい気持ちに溢れていて、観ていて心がすごく温かくなります。

 

そして今回の見せ場はやっぱりヴィレムのプロポーズシーン。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,10話,10,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い

クトリももうすっかり「ヴィレム好き好き大好き!」でいっぱいだし、ヴィレムのほうももうクトリ無しで居られなくなっている。

「これぞ愛!」という感じです。

500年前には愛する者たちを守れず、ひとりおめおめと生き残ったことへの罪悪感や、帰る場所がないことへの虚しさしか持ちあわせていなかったヴィレム。こんなに成長しました。

どんなに「私はひとりで生きていられる」と言ったところで、人間て結局はちっぽけで弱い生き物ですよね。常に誰かに、何かに支えられてる。大事に想ってくれる人が居るとやっぱりうれしい。どこにも居場所が無ければ寂しい。

そういう人間の心を包み隠さずに嬉し恥ずかし描いてくれているところが、この作品の魅力なのかな~などと感じます。

 

ヴィレムに抱きしめられるクトリの表情がまさに「メスの顔」でめちゃめちゃ可愛いですし、ふたりには是非とも幸せになってもらいたい。

ようやくふたりがちゃんとくっ付いたことで、これからどうなるんだろうという期待も高まる。

次回の『すかすか』も物凄く楽しみです。

コメントを残す