『Re:CREATORS』4話「そのときは彼によろしく」あらすじ&感想

メテオラは内心、自分の創造主にたいして複雑な想いを抱いていた。

自分の創造主は、自分の物語世界を真摯に、情熱をこめて作っていたのかどうか…もしそうでないのなら…と。

彼女はそれを確かめるべく、ゲームを実際に自分でプレイすることにする。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,4話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

一晩かけてゲームをクリアし、製作者はたしかに真摯に情熱をこめ、細かい気配りをして“追憶のアヴァルケン”を作っていたのだということ、そして、原作者もプレイヤーも同作への強い愛を持っていたということを知ったメテオラは、原作者に抱いていた複雑な感情を払拭し、自分が早々に導き出しつつもいままで隠していた仮説を、颯太たちに語りだす。

メテオラの仮説によれば、この現実世界は、突飛なことが起きてもなんとか辻褄を合わせようとする作用「修復力」を持っていて、自分たちがドット表現ではなくひとりの人間として現界しているのは、その修復力によるものだろうと。そして、このまま違う世界の衝突が続けば修復力で維持できる範囲を超えて、そのとき世界はあらゆるものを一度崩壊させてまた組みなおす『大崩壊』を起こすのではないか…また、それこそが“軍服の姫君”の真の目的なのではないか…ということだった。

ただ、そんなことをすれば当然、“軍服の姫君”の世界さえ破壊されてしまう。

彼女に、無理心中上等という破たんした性格が「設定」としてあるのだとすれば腑に落ちる話ではあるが、メテオラから見ても、彼女の態度には奇妙な誠実さがあり、単なる破滅主義者には思えないという。

彼女がやろうとしていることは見えてきたが、その真の動機がまだ見えないというわけだ。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,4話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

何はともあれ、とりあえずは「大崩壊」を防ぐために“軍服の姫君”に対抗していくしかない。

メテオラはセレジア,松原,まりね,颯太にたいして、改めて引き続きの協力関係を要請する。

今のところの目標は、ほかの被造物を探しこれ以上の戦闘・世界の衝突をできるだけ食い止めること。そして、軍服の姫君の創造主を探すことであるという結論を出すのだった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,4話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,水篠颯太,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア・フェブラリィ,強い,画像

一方その頃、“軍服の姫君”のアジトでは、アリステリア・フェブラリィが自分の創造主を問い詰めていた。アリステリアは「創造主に自分の世界の改変を試みさせたがまったく変化が見られなかった。私は自分の世界を戦乱から救わなければならない。こんなところで馴れ合っている暇はない」と激昂。(そこには弥勒寺が言っていた「ムカつく親父」の姿もあった。)

これに対して“軍服の姫君”は、「自分は嘘をついてはいない。何事も手順が必要だ。この世界の常識を充分にゆさぶって軋ませなければ創造主の御業が冴えない」と語り聞かせる。そして、世界を揺さぶる方法のひとつとして、自分の世界への責務を果たそうとせず世界の変革に反対しているセレジア,メテオラ,弥勒寺たちを叩くことを勧めるであった。

その後まみかの誘いでカレーを一緒に食べるアリステリア。

おそらく誰よりも真っすぐなアリステリアは軍服の姫君の言うことをすっかり信じ、セレジアたちと再び剣を交える覚悟を固めていたが、まみかの方は「いつか皆で仲良くカレーを食べられたらいいな」という願いを抱いていたのだった…

同じ夜、松原が仕事をしていると、知り合いのクリエイター・中乃鐘昌明(なかのがね まさあき)から電話がかかってくる。中乃鐘のところに、自身が最近脚本を担当したロボットアニメ“無限神機モノマギア”の主人公・鹿屋瑠偉(かのや るい)とその愛機「ギガスマキナ」が現界したという話だった。

感想

今回も被造物と創造主の掛け合いが面白い。

セレジアやメテオラが原作者たちと一緒に食事や談話をしているシーンはとにかく和む。

被造物それぞれの願いや葛藤が少しずつ違っていて、これらがこれからどう結びついていくのか、折り合いをつけていくのかということも楽しみですね。

そして、剣や魔法だけでなく巨大ロボットまで巻き込んで、バトルも今後どんなふうに繰り広げられていくのか…

毎週続きが楽しみになる作品です。

コメントを残す