『Re:CREATORS』3話「平凡にして非凡なる日常」あらすじ&感想

弥勒寺優夜に間一髪のところで助けられたセレジアたち。

そこに新たな被造物、アリステリア・フェブラリィが参上、まみかを連れて逃げていく。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,3話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

残ったのは戦いの爪痕のみ。

弥勒寺もセレジアたちに対し、とりあえず早々にこの場を離れようと促す。

知っていることを話してもらうという条件付きで弥勒寺にファミレスでご飯をおごる颯太一行。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,3話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

弥勒寺は、自分も軍服の姫君に逢ったこと、そのときムカつく親父(おそらく被造物)も一緒だったこと、そして彼女から例の“世界改変”の提案をやはりされたということを打ち明けた。

彼は、原作者に自分の物語世界を改変させるという話を面白いと思いはしたものの、「自分が、想像上の世界の中で生きていたと分かってしまった今、その世界を快適にしようとすることに何か意味があるのか?俺は自分の世界をそれなりに気に入っているし」との理由から、軍服の姫君の提案を拒否しているのだという。

弥勒寺は続いて、自分のふたつの仮説を語る。

それは、自分たちの世界とストーリーをつくった創造主なら、自分たちの能力なども書き換えることができるんではないかということ。 そして、今回この現実世界に現界したのは、数ある物語のなかでも特に有名で人気のある作品、より大衆に強い印象を残しているキャラクターなのではないかということ。

その仮説にメテオラも納得させられる。

食事のあと、「お前らの邪魔はしない。俺は感謝も恩義も忘れない男だから」と言い残して去っていった弥勒寺であった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,3話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

2話で対面してから行動をともにしている、“精霊機想曲フォーゲルシュバリエ”の原作者・松原祟の自宅におもむいた颯太たち。そこで、挿絵を担当しているイラストレーター・まりねと接触。事情をあらかた説明したあと、共にセレジアの能力改変を試そうとする。

新しい灼熱魔法の詠唱シーンは書きあがったものの、セレジアが唱えてみても変化は起きない。

「情報量が足りないのでは」という仮説に至った。

そこで、松原が魔法詠唱シーンの前後のストーリーを書き、その後にまりねが挿絵を加えてみることになる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,3話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

ストーリーは完成して、気合の入った挿絵も完成したが、セレジアが詠唱してもやはり何も起きない。

「まりねさんは悪くない。きっと創造主さんが心入れて書いてないからよ」「言っていいことと悪いことってなくねえか?」と喧嘩をはじめるセレジアと松原。

メテオラはこれを、作者と口論になるということは、それだけ作者が、セレジアをひとりの人格としてしっかり作っているからだと分析。今回改変が失敗した原因は、情報量でも熱意でもないだろうという結論を出す。

颯太はそこで弥勒寺の言葉を思い出し、「改変されたシーンがまだ読者やファンに読まれていないから、変化が実現するだけの“印象”が無いのではないか」と言う。納得する面々。

とりあえず設定の改変は現時点では出来ないようだということで一段落。

帰宅前にまりねはハッと思い出す。自分はかつて、メテオラの世界・“追憶のアヴァルケン”のメーカーであるタイタンデジタルソフトの仕事を受けたことがあるので、そのツテで、同ゲームの原作者にあたる人に会えるかもしれないということだった。

まりねの話にのって、後日タイタンデジタルソフトを訪問することに決定したメテオラ。セレジアとメテオラはひとまずまりねの家でやっかいになることにするのだった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,3話,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,強い,画像

その晩、軍服の姫君はひとり星空を見上げながら誰かと会話していた。

会話の中で、主人公・水篠颯太と深い関りがあることを匂わす言葉を発していた。

続く。

感想

今回はサブタイトルの通り日常回。

といっても被造物と一緒に買い物したりして単純にキャッキャウフフするのではなく、自分たちが直面している現象の解明などをしつつ、ささやかに穏やかな日常生活を楽しんでいる…というのが面白いところではないでしょうか。まさに「平凡にして非凡なる日常」。

特に印象的だったシーンは、夕日を観ながら颯太とセレジアが会話するシーン。

クリエイター(おそらくイラストレーター)を志している颯太が、本職のまりねの仕事ぶりに圧倒されて半ば焦りを感じ、自分がいまスランプ状態なのもあってか、自信喪失に陥っている。それを見抜いたセレジアが颯太に「焦らなくていい。自分は自分であって、上手にできる他の誰かではないんだから、自分の歩幅で努力を続ければいい」と諭します。

このシーンが大好きです。

Re:CREATORSという作品は、単なるバトルものではなくて、「ものづくり」「創作物でファンを感動させることの大変さ、有意義さ」「人間はなぜ“物語”にここまで惹かれるのか。なぜ一見無意味なことにここまで情熱を注ぐのか。でもそれが人間らしいし楽しいんじゃないか」みたいな大きなテーマを表現しようとしているところが素晴らしいなと思います。

弥勒寺もかっこいいですね。熱くて自由で、それでいて冷静。物の道理を弁えてどーんと構えている。あの感じは、理想の男性像と言ってもいいかもしれない。

颯太はまだ相変わらず影が薄いけど、後半~終盤にかけて彼がどうなるのか、どう成長するのか、めちゃめちゃ楽しみです。

コメントを残す