『Re:CREATORS』8話「わたしにできるすべてのこと」あらすじ&感想

まみかは颯太から〝軍服の姫君〟ことアルタイルのキャラ設定、もとい人間性を聞き出した。それを盗み聞きする真鍳。

同じころ、対策会議のほうでも中乃鐘が皆にアルタイルの正体を聞かせていた。

彼女は『悠久大戦メガロスフィア』というソシャゲの登場人物であるシロツメクサというキャラクターの二次創作(要するに手を加えたコピー)であり、彼女自身がシロツメクサとはべつの作品として多数のユーザーに承認された結果、アルタイルというオリジナルとして現界したのだ。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

中乃鐘はアルタイルの直接の作者がシマザキセツナという人物であることも突き止めていたが、検索してもその素性は掴めない上、もう3か月ほどネットから姿を消しているということであった。

ともかく、このシマザキセツナの身柄を確保すればアルタイルを止める手立てになるかもしれない。という話に落ち着いたところで、新たに2人の原作者が登場。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

女性のほうは、ブリッツトーカーが登場する漫画『code・Babylon』の作者:駿河 駿馬(するが しゅんま)。

男性のほうは、弥勒寺が登場する漫画『閉鎖区underground-dark night-』の作者:八頭司 遼(やとうじ りょう)。

2人は新たに同対策会議の保護下に入って一緒に行動していくことになった。

ただ少し問題が。

駿河のほうは単にクールという感じだが、八頭司のほうは品性とか大人らしさとか、そういったものの欠片もないような不躾な男だったのだ。

自分の作者である男のそんな素顔を観て、弥勒寺はキレる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

八頭司をいたぶる弥勒寺に、松原は「せめて右手と頭はやめてあげろ」と慌てて注意するのだった。

 

一方、颯太はアルタイルの曲を聴きながらなにやら悩んでいた。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

翌日、メテオラを呼び出して話をする颯太。

アルタイルのこと、その原作者のことを打ち明けようとしていたのだろう。

だがおそらく、自分がシマザキセツナの死に関係していることへの罪悪感等によってか、なかなか切り出せない。

「何か新しい情報って手に入ったんですか?」と話を紛らわせる颯太。

メテオラは、軍服の姫君の正体を掴んだこと、今は原作者の素性や動向を探っていることを伝える。

颯太は動揺するがそれきり。

何も言えないままその場を去ろうとする颯太に、メテオラは「私はあなたの友人だから大丈夫。続けてほしい」と促す。

颯太はメテオラのその言葉に勇気づけられ、たとえ話として自分の話を打ち明ける。

‐ 颯太の言葉要約:「ある人(自分)が居て、その人には大切な友達(シマザキセツナ)が居た。その友達にはとても才能が有った。ある人はおそらく最初は純粋に尊敬し敬愛していたものの、自分が修練を積めば積むほどその友達の抜きんでた才能を実感して、不公平に感じて悔しさを覚えるようになった。それで友達に冷たく当たるようになっていってしまった。(そうこうしているうちに恐らくシマザキはネットで炎上して、颯太に頼ることもできず、この世界に絶望して自殺) 自分はどうすればよかったんだろう」

メテオラは颯太に「その人は許されたいのか」と問い、颯太がうなずくと、「許されたいのなら、とるべき道はひとつ。友人を超える努力をし、そしてその友人の力になること」と説く。

続いて彼女は「妬みも僻みも、感情そのものは否定せずに、真摯に取り組むための足掛かりとして適切につかえばいい。そういうものに目を背けてしまうと、それは檻となって心を穢し、相手を穢し、悪循環がはじまってしまう。これで質問への解答となっていれば嬉しい」と締めくくるのであった。

彼女の言葉にハッとさせられ、気が楽になった様子の颯太。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア


とあるビルの屋上で、自分の物語世界の悲惨さ残酷さを思い出していたアリステリアのもとに、まみかがやってくる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

この現実世界を綺麗だと言うまみかに、アリステリアは「美しいとは言い難い。誰もかれもが倦み疲れ、真偽の問うることがまるで無い、恐るべき神どもの世界。私の世界を越えた煉獄すらもこの世界にはある。ここには誰も世界を救おうとする者は居ない」と応える。

まみかはこれに対して、「ここは凄く複雑で難しい。皆が神様(創造主)だから英雄なんかじゃ救えない。でもだからこそ色々な色が混ざり合って宝石みたいに綺麗。私をつくってくれた神様たちには感謝してる。あなたの世界はひどいものかもしれないけど、世界を救おうとしたアリスちゃんを神様はそこに作ってくれた。そして私たちがここで出逢ったこともとてもうれしい」と、自分の考えを聞かせる。

そんな、自分には思いつきもしない前向きな考え方を聞いてアリステリアは心を動かされたのか、あるいは何か真意を感じとったのか、まみかになにかを伝えようとするが、まみかはそれを遮るように「私がアリスちゃんを信じているように、この先なにがあっても私を信じてほしい」と伝えて飛び去って行く。

 

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

その頃、颯太は街中で真鍳に声をかけられていた。

メテオラとの会話を盗み聞きしていた彼女は、「綺麗な物語ってふわっふわっしてていいよね。だけど君はそういう物語の主人公じゃない。そんなに綺麗にいくと思う?」と切り出し、彼と友人(シマザキセツナ)の話、その傷をほじくる。

颯太がメテオラに話していた友達は、もしかしてもうどこにも居ないのではないか…と。

パニックを起こす颯太を観て楽しみつつも、この話は口外するつもりはないと言う真鍳。

しかし、むりやり連絡先を交換し、今度ふたりで会う約束を取り付ける。

 

‐その夜、まみかはアルタイルと対峙していた。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

今のまみかはアルタイルの素性を知り、その性格を知り、彼女の本当の目的を悟っていた。

「世界をゆさぶることが想像の力を大きくするなんてウソ」

「私はマジカルスレイヤー・まみかだから、あなたがこの世界を壊そうとするなら、私はあなたを止めなきゃならない」

「私は、私が愛する物語の主人公だから!」

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

何故だまって向こうに付かなかったのかと問うアルタイルに、まみかは「それはお友達を穢す行為だから。アルタイルさんも私の大切なお友達。私はあなたと助けたい。あなたの神様とあなたを繋げてくれたこの世界を、復讐なんかで終わらせるのは寂しすぎる」と応えるが、

アルタイルの意志は固く、「余は君たちが嫌いだ。君たちの物語が嫌いだ。君たちを生み出した神々には反吐がでる。余の盟友をこの世界は拒絶し、唾をかけあざ笑った。彼女はただ居場所がほしかっただけなのに」と話し、

この世界(消費者たち)が彼女(シマザキセツナ)に対して簡単にそうしたように、自分にとっても簡単なことで、全てのキャラクターを倒してすべての物語が消えうせるまで倒しつくすまでだと宣言する。

 

まみかは、それはあなたが与えられたただの設定なのではないのかと問うが、アルタイルはまみかに聞き返す。物語の世界から解き放たれてなお綺麗事を重ねている君はどうなのかと。

だが、まみかは応える。確かに初めはそうだった(ただの設定だった)が、この世界に来て現実を見て自分は変わり、自分で考えてこう決断したのだと。

まみかの言葉を聞いてアルタイルも、自分もそうだと、現界してこの世界を見て自分で考えてこの結論に至ったのだと話した。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

颯太からシマザキセツナの死について聞かされていたまみかは、「その悲しみを自分が受け止めてみせる」「あなたの神様の魂を救いたい」と意気込むが、これが逆にアルタイルの逆鱗に触れた。彼女は容赦なく剣を飛ばし、まみかに突き刺すのだった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア

そしてまみかは、恐らくは最後の力をふりしぼって最大出力のマジカルスプラッシュフレアを放つ。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィアRe:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア,マジカルスプラッシュフレア


感想

前半は被造物の中でいちばん優柔不断でただのお花畑だったまみかが、現界して一個の人格として思考し、敵側の颯太からも話を聞いたことで、腹をくくってアルタイルに対峙する。

可能性がある限り最後まで、敵さえも救おうとする彼女は、まさにマジカルスレイヤー、平和を愛する魔法少女だったでしょう。

彼女が放った覚悟のマジカルスプラッシュフレアには、もう綺麗事なんて乗っちゃいなかった。

やはり、今のところ彼女こそがRe:CREATORSの主役。

まみかがあれで生きていることは…ないとは思いますが、どういう形でかまた登場してくれることを祈ってしまう。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア,マジカルスプラッシュフレア

『物語の登場人物がその設定をそのまま受け継いで現実世界に現れたらどうなるのか。なにを考え、何をするのか。この世界で一個の人格として思考する権利を与えられ、一定の期間を過ごしたとき、彼ら彼女らは、作中のキャラクターとは違う人格になっているのか。それとも未だ根本的には設定にしばられた同一のキャラクターでしかないのか』

そんなテーマも感じる、面白い作品です。

 

たとえば、現界したまみかはきっとこれで死んでしまいましたが、元の、キャラクターとしてのまみかは未だ原作のなかに居るわけですから、そっちのまみかは相変わらずご都合主義の世界で魔法少女をやっているわけです。

そこに意思が存在するものとして、原作のなかの彼女の立場を考えると、それは汚い世界を知らず「幸福」ともいえるし、逆に、外の世界を知らず自分で思考することもできない「不幸」ともいえる。

 

Re:CREATORS,レクリエイターズ,感想,面白い,キャラクター,能力,8話,World Etude,ブリッツトーカー,あらすじ,ストーリー,登場人物,主人公,セレジア,メテオラ,セレジア・ユピティリア,メテオラ・エスターライヒ,澤野弘之,軍服の姫君,煌樹まみか,正体,名前,作品,きらめきまみか,弥勒寺優夜,みろくじゆうや,アリステリア,アルタイル,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ギガスマキナ,築城院真鍳,真鍳,名前,強い,マジカルスプラッシュフレア,画像,code・Babylon,シロツメクサ,悠久大戦メガロスフィア,マジカルスプラッシュフレア

これはアリステリアを題材に考えると余計に難しい。

アリステリアの世界はひどいもんで、察するに、常に自分の無力世界のむごたらしさを感じさせるようなそういう絶望の物語だった。

A.その物語のなかで、絶望し葛藤しながらも、世界を救おうとただ愚直に戦うアリステリア

B. 現実世界に召喚されて、自分が一生懸命救おうとやっきになっていたあの世界が、ひとりの神(人間)の創作でしかなかったのだということを知ってしまい激しく怒り、おまけにアルタイルにそこを突かれて利用され、翻弄されるアリステリア

どちらも愚直なアリステリアだが、いったいどちらが不幸だろうか。

真実を知らずに絶望していたほうが幸せだったのか、それとも、真実を知って失望するほうがマシだろうか。

 

そして彼女自身はいま、物語の世界から解き放たれ、自分で考える力を得ている。

アリステリアはこの後、きっとまみかの死の知らせを受けることになる。

そのとき彼女は何を考え、誰の話を聞き、何を信じて、どんな結末を求めて行動するのか。

非常に興味深いと思います。

 

何度も言うようで申し訳ないのですが、ここで今一度…

このアニメ作品は、決してバトルアニメではない。

 

皆さんもぜひ、キャラクターの心情をあれこれ考えながら観てみてください。

コメントを残す