『すかすか』5話 あらすじ&感想。「居場所」がこの作品のメインテーマ。

ヴィレムは、15番浮遊島での戦いのあらましを聞かされていた。

戦い方を覚えて強くなったクトリの貢献大きく、途中までは敵を圧倒していたものの、ティメルを倒したところで《新種の獣》が出現。超強力かつ完全に未知の敵を前にどう対処していいか分からず、しかたなく島を放棄して帰ってきたという話だった。

アイシアもネフレンもライムスキンも今回の結果に納得していたが、クトリだけは、自分が自爆すれば倒すことができるはずだったのにと悔やむ。

しかしそんなクトリに、ネフレンは「戦術予知にあの獣は含まれていなかった。もしティメルと相打ちになっていたら、クトリを欠いたまま未知の敵と戦うことになっていた」と聞かせて納得させるのであった。

(実はクトリが適合している聖剣セニオリスは、特殊な資質がないと扱えない最強のダグウェポンであるので、今後の戦いのことを考えれば、クトリを単なる使い捨ての爆弾として消費してしまうのは、もともと合理的とはいえなかったのだ。ヴィレムの剣術指南によって、今よりもっと強くなる可能性を開いたクトリは、いまや「爆弾でなく戦士として」必要不可欠な戦力であり、それを皆分かっているから、今回のことには納得していたのである。)

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

そんなことを話していると、あの獣人の女性がやってくる。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

彼女の素性は、ライムスキンの旧友(11番浮遊島 コリナディルーチェ市の市長)の娘であった。名前はフィラコルリビア

ライムスキンは「ここには来るなと行っているだろう」と咎めるが、何やら一刻を争う慌て様の彼女。

彼女の話によると、現市長である父親の、多種多様な種族の共存を推す政策を快く思わない者たちが、市長の暗殺を企てているのだという。

それでなんとかしてほしいと頼みに来たのだ。

ライムスキンは自分の代わりにヴィレムにこのことを任せようとするが、ヴィレムは「正義の味方になるつもりはねぇ」とキッパリ。すぐに立ち去ってしまう。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

フィラコルリビアはヴィレムの後ろをついて歩いてなんとか説得しようとするが、なかなか取り合ってもらえない。

彼女の話によれば、市長を狙っているのは『滅殺奉仕騎士団』。獣人以外の種族の排斥のために手段を選ばない相手だということだったが、

しかしヴィレムが現在所属している軍は、浮遊島の外からくる侵略者に対抗するための組織であって、その規約では「個々の都市の政治的な事情に干渉してはならない」と定められているのだ。

フィラコルリビアは、正義は自分たちの側にあるのにと訴えるが、ヴィレムは「正義は武力を振るっていい理由にならない。武力を振るう理由を正当化するために掲げられるのが正義だ。本気で正義を信じる連中が、互いを全力で殴って戦争が起きる。昔からそういうもんだ」と諭す。

これに反論はできないがそれでも諦められない彼女を尻目に、総合病院にティアットを迎えにいった面々。

ティアットがお腹をすかせて、ここコリナディルーチェの名物料理の店に目をつけるが、フィラコルリビアはその店が粗悪な肉を使っていることを見切って、別の店に皆を案内するのだった。

店で出されたラップドラムに大満足のヴィレムたち。

フィラコルリビアは彼らの嬉しそうな反応を観て、この店のこと、この街のことを得意気に語りだす。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

彼女の生き生きとした姿に、この街への愛を感じたヴィレムは「さっきまでよりずっと魅力的だ」とニヤニヤするのだった。

 

ヴィレムたちは、まだ帰りの飛空艇の出発時間まで余裕があるからということで、その流れでフィラコルリビアの街案内に同行する。

観光ツアーの中、追手の存在に気づいたヴィレムは、フィラに「穴場スポット」への案内を頼んでわざと人気がない場所へ導いてもらい、追手を釣る。

人気の少ない穴場スポットに到着したところで姿を見せたのは、例の「滅殺奉仕騎士団」だった。

フィラを捕えようとする滅殺奉仕騎士団であったが、その時、ヴィレムが「バン!」。指を鉄砲の形にして撃つ真似をすると、騎士団の連中が次々と倒れていく。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

彼は、政治には興味がないと言うものの、自分が管理している子供たちがこの街をお気に入りだからということで、フィラの側に付くことにしたのだ。

ヴィレムの健闘で時間は十分に稼げ、そこに警察がやってきて連中を捕まえ一件落着。

 

帰り道、ヴィレムとふたりきりになったところでクトリは、彼がやつらをやっつけたカラクリを解いて見せる。自分に戦い方を教えてくれたのはキミだから、キミの戦い方と強さは自分がいちばんよく知っていると。

そして、「戦いたい」という、どこか死に急ぐようなヴィレムの本心を見抜き、「キミの戦いは私たちが引き継いだんだから、戦わなくていい」と説く。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

ヴィレムは彼女に、「ずっと死ぬことだけ考えていた。でもお前たちに逢って、また居場所が欲しいと思えるようになった。お前に逢って救われた。お前が帰ってきてくれて少し幸せになれた」と告白する。

恥ずかしがるクトリだったが、「俺のことよく見てんだな」と言われて、心の中で「恋してますから」と応えて走り去っていくのだった。

 

飛空艇に向かおうとしているとき、軍の幹部が迎えにくる。

ある男がヴィレムのことを待っているという。

最初はクトリたちと一緒にまっすぐ帰る気まんまんで居たヴィレムだったが、その男の名前を聞いて唖然とする。(実は、死んだはずのかつての戦友の名前だった)

クトリに必ず帰ると約束し、彼女たちを見送ったヴィレム。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

「おかえり」を言えていないことを思い出し、泣くのだった。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,5話,5,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,かわいい,可愛い

 

感想

OP映像などでバトルものかと思いきや心理描写多めの今作。

展開が遅い、テンポが悪いと感じて切ってしまう人も多そうですが、心理描写メインのストーリーなんだと思えば充分楽しめます。

まず間違いなく、このアニメは「世界系バトルアニメ」という感じではない。

獣とか聖剣とか浮遊島とか設定はファンタジーですが、あくまでも題材自体は「ありきたりな、あたりまえの幸せ」というところにあるのかなと。
家でもネットでも(ひとり暮らしとか)なんでもいいけれど、誰にでもそれぞれの居場所があって、帰ってきて「ただいま」「おかえり」と交わす相手がいる。辛いこともたくさんあるし、悔やむことも多いけど、愛する人が居れば生きたくなる。

そういう当たり前のことに一生懸命になって葛藤する主人公たちの心の動きに感情移入して、微笑んだり泣いたりする作品なんじゃないかなあ~と、個人的には思うのです。

 

さて、そんなこんなで今回も「ただいま」「おかえり」を交わせなかったヴィレムたち。ヴィレムが招かれた先に待っているのは何か。彼はちゃんとクトリのもとに帰ることができるのか… というところでお開き。

コメントを残す