TVアニメ『Infini-T Force』あらすじと感想、見所の考察

あのタツノコプロが生み出した伝説的ヒーロー4人が集結して世界を守るために再び戦うというアニメ『Infini-T Force』が現在放送中で、これが結構面白い。

今回はこのアニメの魅力を簡単に紹介します。

※ストーリーのネタバレはありません。安心してお読みください。

◇プロローグ

Infini-T Force,アニメ,ガッチャマン,ポリマー,テッカマン,キャシャーン,感想,評価,面白い,OP,ED,主題歌,チクタク,edda,flumpool,To be continued...

舞台は現代の渋谷。17歳の女子高生・界堂 笑(かいどう えみ)は、小さい頃に一緒に暮らしていた父親が唐突に行方知れずになって以来、広い我が家でひとり暮らし。

別れ際に父親から言いつけられた3つの約束…「毎日牛乳を飲む。部屋を片付ける。挨拶を忘れない。」この3つだけはずっと守っていた。

愛も友情もろくに知らず、長く続く孤独のせいか「生きる」ということに実感が湧かず夢も希望も持てなくなって、誰に対しても何に対しても冷めた態度をとってしまう彼女。「笑」という自分の名前とは裏腹に、全く笑わない。最近ではバイクで交差点を突っ切ることで生きている実感を確かめたりしていた。

 

そんなある日、いつものように交差点を走っていると上空に謎の光が。それに注意を奪われてあわや一台の車と衝突しかけたエミだったが、なんとか怪我もせず事なきを得る。しかし上空の謎の光は地上めがけて降ってきて、なんと彼女を射抜いたのだ。そして気づけば彼女の手には得体のしれない大きな鉛筆が握られていた。

ついでどこからともなく現れた謎のロボット兵。意図せずその場に集結した3人のヒーロー… ガッチャマン鷲尾 健),ポリマー鎧 武士),テッカマン南 城二)が共闘し、なんとかこれを倒す。

直後、全身を厚い防具で覆ったマント姿の謎の人物が登場。エミの持っている鉛筆に関心を持っているようだったが、それが突然光り出した途端逃げていくのだった。

気づけば周囲の状況も元通りに。戦いの痕跡など一切なくなっていた。

ヒーロー漫画のような光景を現実として目の当たりにしたにも関わらず、やはり冷淡なエミは、3人に軽くお礼だけ言い残して颯爽と帰ってしまう。

 

さらに謎の鉛筆に導かれるままに4人目のヒーロー・キャシャーン東 鉄也)と出逢うエミ。

そして彼女は、自分が持つその鉛筆が人間史のさまざまな局面において持ち主の願いを叶え歴史を動かしてきたキーアイテム『ケース』だということを知る。

それからというもの、ケースを欲する謎の男「Z」と、彼のもとに集う3人の敵に身柄を狙われ続けるエミ。

4人のヒーローは心の動くまま、迫りくる魔の手からエミとこの世界を守るために戦う。

 

ケースを使って世界をひとつひとつ消して回ってきたというZ。その真の目的とは何なのか。

持ち主の願いを叶えるまではその手を離れないというケース。夢も希望も無いはずの少女エミがその心に抱く本当の願いとは何なのか。彼女自身がそれに気づいたとき、物語はどんなラストスパートを迎えるのか。

◇屁理屈なんか要らない。お前の心に問え。これが正義だ!!

Infini-T Force,アニメ,ガッチャマン,ポリマー,テッカマン,キャシャーン,感想,評価,面白い,OP,ED,主題歌,チクタク,edda,flumpool,To be continued...,茅野愛衣,鷲尾 健,南 城二,鎧 武士,東 鉄也

正義ってなんだとか、正義は人によって違うとか、そんな流行りの文言をすべて蹴散らし、「これが正義で、これが悪だ!!」というのをストレートに突き付けてくる。それが今作の最大の魅力ではなかろうか。

悲しんでいる人を助けたいと願い戦うのは正義だ。

人々や世界を護ろうと闘うのが正義だ。

世界を滅ぼそうとするのは悪だ。

人を意図的に傷つけるのは悪だ。

温かく燃えて輝いているのが正義の心で、憎しみや劣等感といった負の感情で形作られたドス黒いフラストレーションの塊は悪の心だ。

そういうふうに『正義』と『悪』を改めて分かりやすく定義づけたうえで、「ヒーローというのは温かく燃える心で、悲しんでいる人たちに手を差し伸べるものだ。人との絆を大切にして仲間と共に悪をくじく者だ」と直球で描いている。

だからこそ観ていて気恥ずかしい場面もあるが、「行け!!僕らのヒーロー!!この世界を護ってくれ!!」という、子供の頃におよそ誰もが抱くような素直な願いを思い出せる。そして4人のヒーローたちが発する正義の言葉に胸を打たれて、大人ながらにハッとすることも。

とにかくどこを切り取っても正義と悪というのが分かりやすくて、ごちゃごちゃ理屈をこねずに観ることが出来る。

エミに襲い掛かってくる敵たちも病的な殺人者とかではなくて、それぞれケースを欲するに至るまでの事情がしっかり組まれているのも見所。

◇人生は、生きている喜びを感じられなければ嘘だ

当然だが、これはエミという少女の成長物語でもある。

彼女は小さい頃に親がいなくなってから広い立派な家にたったひとりで寂しく暮らしているという珍しい境遇ではあるが、しかし、人生に特に喜びも見いだせずかといって死にたいというわけでもなく淡々と毎日を消費していくだけ…という人間自体は、現代社会では珍しくないのではないだろうか。

人間には自分の能力や生き方や精神状態や、いつか訪れる命の終わりを明確に自覚するだけの知能があるのだから、根本的な話、自分が納得し満足するような生き方を続けて未来にワクワクしていなければ、心が腐るか寂れるかして虚しい人生になってしまう。

エミという現代病の代表みたいな人物の成長ストーリーを見せることで、実は視聴者に訴えかけているのではないだろうか。「あなたは人生にワクワクしていますか?努力も苦労も未来のワクワクのために出来ていますか?まだ熱い正義の心を持てていますか?」と。

そう思って観てみるとまた感じ取れるものが多くなるだろう。

 

キャラクターもそれぞれ現代風のビジュアルに改変されていて、非常に親しみやすい。(ちなみに管理人は特に鷲尾健が大好きだ。)

全編とおしてCGとなっているが、キャラクターそれぞれの動きや表情はオーディションを通過した個別のモーションアクターが担当しているなど、作り込みも細かい。タツノコプロ55周年記念作品というだけあって、注がれている熱量は並ではない様子。

 

このアニメは、ヒーローは子供だましだという固定観念を取っ払ってくれる名作だと思う。

あなたの心にはちゃんとヒーローが居るだろうか。

ぜひ視聴して確かめてみてほしい。

 


◇関連情報

【アニメPV】

アニメ公式サイト⇒http://www.infini-tforce.com/

(放送スケジュールもこちらの「on air」ページでご確認ください。)

 

なお本編はAmazonでのレンタル視聴が可能。管理人も利用していますが、高画質ですしおすすめです。

【制作会社様】

タツノコプロ⇒http://www.tatsunoko.co.jp/

デジタル・フロンティア⇒https://www.dfx.co.jp/

 


【Blu-ray/DVD】

【OP・ED主題歌】

・flumpool「to be continued…」

MP3音源

収録CD

・edda「チクタク」

MP3音源

CD

漫画Infini-T Force 未来の描線』

コメントを残す