アニメ『天使の3P!』本格ロックと萌えと人間ドラマの融合に癒される名作

今回は、この夏放送中のアニメ『天使の3P!(スリーピース)』のご紹介。

原作ライトノベルの作者はロウきゅーぶ!とおなじで、例によって小さな女児がヒロインとして登場。一見ただの「ロリコン向けアニメ」に思えますが、よく観てみると、実はそうではない。ずっとそういうアニメを敬遠してきた私から言わせても、面白いです。

というわけで、この作品の魅力を、序盤のあらすじを踏まえてしっかり目にまとめてみます。

◇あらすじ

主人公・貫井 響(ぬくい きょう)は、中学生のときに授業で魂を込めてつくった詩をクラスメイトたちからバカにされ、長きに渡ってネタにされ陰湿にイジられ続け、そのことが深刻なトラウマとなる。以来不登校状態になっている高校1年生。内向的だが決して根暗とかひねくれ者ではなく、まっすぐでやさしい性格。

音楽、とくにロックが大好きで、自分でもオリジナル曲を作ってはネットの動画サイトに投稿している。曲につけるイラストの提供を行ってくれる相棒も居て、その絵の魅力もありきで彼の曲はそこそこ人気。

↓↓響が作って、いつもと違う名義で投稿した曲『TR03』

そんな生活をしていたある日、響のもとに1通のメールが届く。

その内容は、ひびきP(響の音楽投稿用ネーム)の曲が大好きで、ブログを見てちかくに住んでいることを知ったので、ぜひ会って話がしたいというものだった。

とても心のこもった内容かつしっかりした文面から差出人は多分そこそこ年配の社会人だろうと認識して、初めは「対して自分はただの引きこもりだし話があうわけがない」と怖気づいてしまう響だったが、自分の曲を大好きだという相手の言葉がとても嬉しく、「やっぱりこの人と音楽の話がしたい」と、会ってみることを決意する。

 

だが待ち合わせ場所で顔を合わせてびっくり。

なんと、差出人は小学5年生の女の子3人組だったのだ。

 

まさかの事実にとまどう響。彼女たちからあるお願いをされる。

それは、自分たちが住んでいる児童養護施設「リトルウイング」の教会でライブをするために、お客さんをたくさん集める手伝いをしてほしいというものだった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

こうして響のひきこもり生活は、3人の少女との出会いをきっかけに少しずつ変化していく。

果たして彼女たちがどうしてもここでライブをしたい理由とは。そしてライブは無事実現するのだろうか。そして、彼らはこの出会いを通してそれぞれ何を手に入れるのだろうか。

※詳しいあらすじが知りたい方はこちらへ

 

◇主要登場人物

貫井 響(ぬくい きょう)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

中学のときの重いトラウマを引きずって現在絶賛ひきこもり中の高校1年生。豊かな感性に裏付けされた、確かな作詞・作曲能力を持っている様子。

かなりのロックンロール好きで、洋ロックをよく聴くだけでなく、今日のロックの土台を作り上げた盛期(1960~70年代)のロック事情に関する知識も豊富なようで、時代の銘器をすぐに判別できる。

引きこもってから長いこと練習や作曲を続けているだけあって、ギターの腕前もなかなかのもの。

愛用楽器はFender USA Jazzmaster他。

五島 潤(ごとう じゅん)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

児童養護施設「リトルウイング」に住む女の子の一人。

引っ込み思案で泣き虫だが、芯のところには凄くまっすぐな面があり、一度思いきると積極的に行動するタイプ。照れたときなどに「はにゃ」と言うのが口癖。

耳がとにかく変態的に良く、楽曲のなかに現れるその作曲者の個性まで感じ取れるよう。響の「TR03」を聴いて、名義も曲調もまったく違うにもかかわらずひびきP作曲のものだと気づいたのも潤。

響の曲も、彼自身のことも大好き。なかなか行動には移せないけれど、彼にいっぱい甘えたいと思っているようだ。

潤,希美,そらの3人で構成されるガールズバンドリヤン・ド・ファミユ」ではギター&ボーカル担当。

愛用楽器はフェンダー・デュオソニック

紅葉谷 希美(もみじだに のぞみ)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

同じくリトルウイングで暮らす女の子。

イギリス人と日本人のハーフらしく体格もしっかり目なうえ、とてもしっかりしていて、初対面の響相手でも物怖じしないでハッキリ物申していた。「リヤン・ド・ファミユ」のなかでは、普段は彼女が引っ張り役。自分のことを可愛いと自覚している、身の丈の自信家。

だが根っこはとても恥ずかしがりやで繊細。素直になるのが下手で、響に対しても時々ツンデレのような態度をとってしまうことがある。

ベース担当で、愛用楽器はヘフナー・500-1

金城 そら(かねしろ そら)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

同じくリトルウイングに住んでいる小学生。

あまり感情の起伏を示さないマイペースな女の子。ではあるが、決して鈍感なわけではない。

話し始めや相槌を打つ際、気合を入れる時などに「はむ」と言うのが癖。

バンドではドラム担当で、いつものホワホワした態度からは想像もつかないような、エネルギッシュな演奏をする。ちなみに3人のなかでは一番上手らしい。

愛用楽器はグレッチ ボップキット

鳥海 桜花(とりうみ さくら)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

中学で響と同級生だった女の子。現在高校1年生で、高校でも響とおなじクラス。

実は彼女も、潤,希美,そらと同じくリトルウイングで生活している。3人にとっては実のお姉さんのような存在。

学校で特別誰ともつるまずサバサバしていて遊んでいそうな振る舞いとは裏腹に、とても真面目で優しく、響が中学のときに発表した詩をずっと好きでいるような豊かな感性をしている。

「Saonois(サオノア)」というパン屋でバイトしていて、失敗して売り物にならないパンを分けてもらっては、潤たちに与えているんだとか。

響のことをとても気にかけている。

佐渡 正義(さわたり まさよし)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

リトルウイングの責任者で、潤たちの保護者。「マスター」の愛称で呼ばれる。ほぼ常時サングラスをかけた少し強面気味な男性だが、とても気さくで優しい。

前職は神父だったが、子供をたくさん預かって養護施設を本格的に運営するようになったことで、もっとお金になる仕事をと、職替え。リトルウイングにある立派な教会は、前職の名残である。

本人曰く現在「エクソシスト」のバイトをしているらしいが、詳しいことはアニメ序盤では不明。とはいえ決して変な人物ではないので、怪しむ必要はないだろう。

若いころからロックンロールが大好きで、バンドをやっていたこともあるらしい。神父をしていた頃に少しずつ楽器を買い足していったので、豊富に所有している。潤たち「リヤン・ド・ファミユ」が使用している楽器はすべて彼の持ち物である。

貫井 くるみ(ぬくい くるみ)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

響の妹。小学校では潤たちと同じクラスで、学級委員長。

面倒見がよく正義感も強い。「皆仲良く」「自分のクラスでいじめなんか絶対させない」という信条も持っている、お手本のような学級委員長である。

学校でクラスメイトたちと何故か距離をとろうとする潤,希美,そらの3人にも、彼女たちが寂しそうにしているのを見抜いてか積極的に声をかけていく。反面、不用意に他人の事情に踏み込んでいくようなこともしないというコミュニケーション上手でもある。

しかし、こうしたしっかり者の顔の裏に、“素直になれない相当なお兄ちゃん子”という一面も隠し持っていて、響と二人だけのときにはツンツンしながらも甘えまくっている。お兄ちゃんがほかの子と遊んでいるとどうしてもそれが気になったり、またお兄ちゃんがらみで照れすぎて慌てて忘れ物をしてしまったり、響のことが絡むとドジっ子になることも。

◇天使の3P!の見どころ

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

・女の子がとにかく可愛い!

やっぱりこれははずせない。主要な女の子としては5人出てくるが、とにかくみんな可愛い。このアニメ、キャラにハズレが無い気がする。素直にかわいい!と思えるデザインの女の子がそろっているので、可愛さに癒されながら物語に入り込める。

管理人個人的には桜花が一番好きです。こんな子が高校の同級生だったらほんとにいいなと思います。

次点で希美。こういう子が大人になったらぜひお嫁さんにほしいなと思う。

・登場人物がバランスよく魅力的

これも似たような話になりますが、主人公からヒロイン、家族や知人にいたるまで優しい人ばかりなのがとても良い。

響は引きこもりとはいえ性根は腐っていないし、むしろ好青年。妹のくるみも優しくて温かくて、陰ながらちゃんとお兄ちゃんの幸せを願っているし、「リヤン・ド・ファミユ」の3人も、育った環境の良さを感じさせるいい子たち。桜花も本当にやさしいお姉さんで、包まれるような安心感があるキャラクター。そして彼女たちの保護者であるマスターも、凄くいい年の取り方をした、父性ただようカッコいいおじさんという人柄をしている。

しかも「優しい」だけでなくてそれぞれの人格がちゃんと立っているところも、物語を色づける。存在感の薄いキャラクターが殆ど居ないように思う(もちろん序盤に出番がぜんぜんないキャラなども居るが)。1話に出てくるコンビニ店員さんさえも、いますぐシーンを思い出せるくらいの存在感があった。

キャラが魅力的だと、やはりそれだけ物語に気持ちが馴染みやすい。

・「人との関わりが物語を動かす」というワクワクを感じやすい

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

この作品のいいところは、単なる「主人公の成長物語」で片付かないところだと思う。

引きこもりの青年が作曲活動をきっかけに少しずつ人と関わっていくなかで、変わっていく。トラウマと戦っていく。だけどそれだけでなく、彼との出会いが往々にして相手のほうにもいい影響を与えている。

主要ヒロインが小学生という設定も、やはり意味をもつ気がする。

青年は少女たちのひたむきな元気や愛情などに刺激をうけて癒されるし、それだけでなく、子供ならではの葛藤や悩みに解決のヒントを提示してやることで、自分の現状も見直すようになる。

また相手が幼い子供だから『将来』というものの存在感をとらえやすく、反面教師にしやすい。「自分もいつまでもこのまま壁をつくっていては将来暗く寂しい生き方をするようになってしまう」と想定しやすい。だから余計、人と関わることが大事なんだと、青年のほうも感じられる。彼女たちとの出会いで、響は自分が変わるきっかけをもらう。踏み出す勇気をもらう。

彼女たちの背中を押そうとすることで、逆に自分が背中を押されている。

そう考えるとこれはけっこう奇跡的な出会いなのだ。

出会いが物語を動かした。というのが非常にわかりやすいストーリーになっていると思う。

もちろんこれはほかの登場人物たちにも当てはまる。ネットへの音楽投稿という小さなきっかけが巻き起こした出会いは、それぞれにいい影響を与えていく。

きっかけなんてどこにあるか分からない。

踏み出さないと繋がれない。まずは自分から近づかないと何も始まらない。(アニメ4話での響のセリフから引用)

そんな人生における一大テーマを、萌えを交えてうまく描いている気がする。

・劇中楽曲がかなり本格的

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

本作の一番の見どころ(聴きどころ?)は、音楽。

響がコンビニにToo Tighters(実名:Foo Fighters)のTシャツを着ていっていることや、部屋にGoldpray(実名:Coldplay)のタペストリーを飾っていることなどから、相当なロック好きだということが分かる。

こういう設定面に加えて、

ギターにはちゃんとYAMAHAの刻印があったりと、とれるところは許可どりがしっかりしているところも見受けられる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら,YAMAHA,ギター

こういった作り込みからも、このアニメを作るにあたって音楽に力を入れているであろうことは予想がつく。

実際、OP曲の「羽ばたきのバースデイ」,ED曲の「楔」をはじめ、潤たちが1話で演奏した「深海プリズナー」,4話のライブで演奏した「HOWLING」といったすべての曲が、メロディーラインから細かい音作りまでかなり耳触りのいいように巧妙に作られていると感じる。クセが少なくとっつきやすい、王道にかっこいいバンドソングが揃っている。

私もロックが好きで、有名バンドからそうでないものまで洋ロックをそこそこ幅広く聴いているけれど、曲作りや伴奏自体は、ああいった本場ロックに引けをとっていないように思う。

アニメ向けの間に合わせロックとしてとりあえず作っているようなクオリティには聴こえないのである。


それにヒロインたちの歌も結構上手で、声も奇麗なので、ノりやすい。3人のメインヒロインを演じている声優さんたちは皆まだまだ駆け出しの新人らしいのだが、こりゃあ有望株ではないだろうか。

こんな曲がこれからも登場してくるのかと思うと、自然とワクワクしてしまう。

ワクワクしすぎて、1話と2話をAmazonPrimeで視聴してすぐに、9月末に発売されるアルバムを予約してしまった私。今から届くのが楽しみである。

◇まとめ

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら,深海プリズナー

もうすこし短くまとめるつもりが、結構がっつり書いてしまいましたが、それだけ今作には期待しているというわけで。

この記事で多少なりともこのアニメの魅力が伝わっていれば幸いです。

アマゾンプライムでは現在、毎回1週間遅れで新しい話が公開されていますので、加入している方はぜひご覧になってみてください。

萌えと人間ドラマと音楽が見事に調和した、心に優しい青春バンドアニメです。

きっと癒しと元気を貰えると思いますよ。

 

原作ラノベ

コミック版

コメントを残す