アニメ『天使の3P!』本格ロックと萌えと人間ドラマの融合に癒される名作

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら,深海プリズナー

今回は、この夏放送中のアニメ『天使の3P!(スリーピース)』のご紹介。

原作ライトノベルの作者はロウきゅーぶ!とおなじで、例によって小さな女児がヒロインとして登場。一見ただの「ロリコン向けアニメ」に思えますが、よく観てみると、実はそうではない。ずっとそういうアニメを敬遠してきた私から言わせても、面白いです。

というわけで、この作品の魅力を、序盤のあらすじを踏まえてしっかり目にまとめてみます。

◇あらすじ

主人公・貫井 響(ぬくい きょう)は、中学生のときに授業で魂を込めてつくった詩をクラスメイトたちからバカにされ、長きに渡ってネタにされ陰湿にイジられ続け、そのことが深刻なトラウマとなる。以来不登校状態になっている高校1年生。内向的だが決して根暗とかひねくれ者ではなく、まっすぐでやさしい性格。

音楽、とくにロックが大好きで、自分でもオリジナル曲を作ってはネットの動画サイトに投稿している。曲につけるイラストの提供を行ってくれる相棒も居て、その絵の魅力もありきで彼の曲はそこそこ人気。

↓↓響が作って、いつもと違う名義で投稿した曲『TR03』

そんな生活をしていたある日、響のもとに1通のメールが届く。

その内容は、ひびきP(響の音楽投稿用ネーム)の曲が大好きで、ブログを見てちかくに住んでいることを知ったので、ぜひ会って話がしたいというものだった。

とても心のこもった内容かつしっかりした文面から差出人は多分そこそこ年配の社会人だろうと認識して、初めは「対して自分はただの引きこもりだし話があうわけがない」と怖気づいてしまう響だったが、自分の曲を大好きだという相手の言葉がとても嬉しく、「やっぱりこの人と音楽の話がしたい」と、会ってみることを決意する。

 

だが待ち合わせ場所で顔を合わせてびっくり。

なんと、差出人は小学5年生の女の子3人組だったのだ。

 

まさかの事実にとまどう響。彼女たちからあるお願いをされる。

それは、自分たちが住んでいる児童養護施設「リトルウイング」の教会でライブをするために、お客さんをたくさん集める手伝いをしてほしいというものだった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

こうして響のひきこもり生活は、3人の少女との出会いをきっかけに少しずつ変化していく。

果たして彼女たちがどうしてもここでライブをしたい理由とは。そしてライブは無事実現するのだろうか。そして、彼らはこの出会いを通してそれぞれ何を手に入れるのだろうか。

※詳しいあらすじが知りたい方はこちらへ

 

◇主要登場人物

貫井 響(ぬくい きょう)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

中学のときの重いトラウマを引きずって現在絶賛ひきこもり中の高校1年生。豊かな感性に裏付けされた、確かな作詞・作曲能力を持っている様子。

かなりのロックンロール好きで、洋ロックをよく聴くだけでなく、今日のロックの土台を作り上げた盛期(1960~70年代)のロック事情に関する知識も豊富なようで、時代の銘器をすぐに判別できる。

引きこもってから長いこと練習や作曲を続けているだけあって、ギターの腕前もなかなかのもの。

愛用楽器はFender USA Jazzmaster他。

五島 潤(ごとう じゅん)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

児童養護施設「リトルウイング」に住む女の子の一人。

引っ込み思案で泣き虫だが、芯のところには凄くまっすぐな面があり、一度思いきると積極的に行動するタイプ。照れたときなどに「はにゃ」と言うのが口癖。

耳がとにかく変態的に良く、楽曲のなかに現れるその作曲者の個性まで感じ取れるよう。響の「TR03」を聴いて、名義も曲調もまったく違うにもかかわらずひびきP作曲のものだと気づいたのも潤。

響の曲も、彼自身のことも大好き。なかなか行動には移せないけれど、彼にいっぱい甘えたいと思っているようだ。

潤,希美,そらの3人で構成されるガールズバンドリヤン・ド・ファミユ」ではギター&ボーカル担当。

愛用楽器はフェンダー・デュオソニック

紅葉谷 希美(もみじだに のぞみ)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

同じくリトルウイングで暮らす女の子。

イギリス人と日本人のハーフらしく体格もしっかり目なうえ、とてもしっかりしていて、初対面の響相手でも物怖じしないでハッキリ物申していた。「リヤン・ド・ファミユ」のなかでは、普段は彼女が引っ張り役。自分のことを可愛いと自覚している、身の丈の自信家。

だが根っこはとても恥ずかしがりやで繊細。素直になるのが下手で、響に対しても時々ツンデレのような態度をとってしまうことがある。

ベース担当で、愛用楽器はヘフナー・500-1

金城 そら(かねしろ そら)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

同じくリトルウイングに住んでいる小学生。

あまり感情の起伏を示さないマイペースな女の子。ではあるが、決して鈍感なわけではない。

話し始めや相槌を打つ際、気合を入れる時などに「はむ」と言うのが癖。

バンドではドラム担当で、いつものホワホワした態度からは想像もつかないような、エネルギッシュな演奏をする。ちなみに3人のなかでは一番上手らしい。

愛用楽器はグレッチ ボップキット

鳥海 桜花(とりうみ さくら)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

中学で響と同級生だった女の子。現在高校1年生で、高校でも響とおなじクラス。

実は彼女も、潤,希美,そらと同じくリトルウイングで生活している。3人にとっては実のお姉さんのような存在。

学校で特別誰ともつるまずサバサバしていて遊んでいそうな振る舞いとは裏腹に、とても真面目で優しく、響が中学のときに発表した詩をずっと好きでいるような豊かな感性をしている。

「Saonois(サオノア)」というパン屋でバイトしていて、失敗して売り物にならないパンを分けてもらっては、潤たちに与えているんだとか。

響のことをとても気にかけている。

佐渡 正義(さわたり まさよし)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

リトルウイングの責任者で、潤たちの保護者。「マスター」の愛称で呼ばれる。ほぼ常時サングラスをかけた少し強面気味な男性だが、とても気さくで優しい。

前職は神父だったが、子供をたくさん預かって養護施設を本格的に運営するようになったことで、もっとお金になる仕事をと、職替え。リトルウイングにある立派な教会は、前職の名残である。

本人曰く現在「エクソシスト」のバイトをしているらしいが、詳しいことはアニメ序盤では不明。とはいえ決して変な人物ではないので、怪しむ必要はないだろう。

若いころからロックンロールが大好きで、バンドをやっていたこともあるらしい。神父をしていた頃に少しずつ楽器を買い足していったので、豊富に所有している。潤たち「リヤン・ド・ファミユ」が使用している楽器はすべて彼の持ち物である。

貫井 くるみ(ぬくい くるみ)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

響の妹。小学校では潤たちと同じクラスで、学級委員長。

面倒見がよく正義感も強い。「皆仲良く」「自分のクラスでいじめなんか絶対させない」という信条も持っている、お手本のような学級委員長である。

学校でクラスメイトたちと何故か距離をとろうとする潤,希美,そらの3人にも、彼女たちが寂しそうにしているのを見抜いてか積極的に声をかけていく。反面、不用意に他人の事情に踏み込んでいくようなこともしないというコミュニケーション上手でもある。

しかし、こうしたしっかり者の顔の裏に、“素直になれない相当なお兄ちゃん子”という一面も隠し持っていて、響と二人だけのときにはツンツンしながらも甘えまくっている。お兄ちゃんがほかの子と遊んでいるとどうしてもそれが気になったり、またお兄ちゃんがらみで照れすぎて慌てて忘れ物をしてしまったり、響のことが絡むとドジっ子になることも。

◇天使の3P!の見どころ

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

・女の子がとにかく可愛い!

やっぱりこれははずせない。主要な女の子としては5人出てくるが、とにかくみんな可愛い。このアニメ、キャラにハズレが無い気がする。素直にかわいい!と思えるデザインの女の子がそろっているので、可愛さに癒されながら物語に入り込める。

管理人個人的には桜花が一番好きです。こんな子が高校の同級生だったらほんとにいいなと思います。

次点で希美。こういう子が大人になったらぜひお嫁さんにほしいなと思う。

・登場人物がバランスよく魅力的

これも似たような話になりますが、主人公からヒロイン、家族や知人にいたるまで優しい人ばかりなのがとても良い。

響は引きこもりとはいえ性根は腐っていないし、むしろ好青年。妹のくるみも優しくて温かくて、陰ながらちゃんとお兄ちゃんの幸せを願っているし、「リヤン・ド・ファミユ」の3人も、育った環境の良さを感じさせるいい子たち。桜花も本当にやさしいお姉さんで、包まれるような安心感があるキャラクター。そして彼女たちの保護者であるマスターも、凄くいい年の取り方をした、父性ただようカッコいいおじさんという人柄をしている。

しかも「優しい」だけでなくてそれぞれの人格がちゃんと立っているところも、物語を色づける。存在感の薄いキャラクターが殆ど居ないように思う(もちろん序盤に出番がぜんぜんないキャラなども居るが)。1話に出てくるコンビニ店員さんさえも、いますぐシーンを思い出せるくらいの存在感があった。

キャラが魅力的だと、やはりそれだけ物語に気持ちが馴染みやすい。

・「人との関わりが物語を動かす」というワクワクを感じやすい

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

この作品のいいところは、単なる「主人公の成長物語」で片付かないところだと思う。

引きこもりの青年が作曲活動をきっかけに少しずつ人と関わっていくなかで、変わっていく。トラウマと戦っていく。だけどそれだけでなく、彼との出会いが往々にして相手のほうにもいい影響を与えている。

主要ヒロインが小学生という設定も、やはり意味をもつ気がする。

青年は少女たちのひたむきな元気や愛情などに刺激をうけて癒されるし、それだけでなく、子供ならではの葛藤や悩みに解決のヒントを提示してやることで、自分の現状も見直すようになる。

また相手が幼い子供だから『将来』というものの存在感をとらえやすく、反面教師にしやすい。「自分もいつまでもこのまま壁をつくっていては将来暗く寂しい生き方をするようになってしまう」と想定しやすい。だから余計、人と関わることが大事なんだと、青年のほうも感じられる。彼女たちとの出会いで、響は自分が変わるきっかけをもらう。踏み出す勇気をもらう。

彼女たちの背中を押そうとすることで、逆に自分が背中を押されている。

そう考えるとこれはけっこう奇跡的な出会いなのだ。

出会いが物語を動かした。というのが非常にわかりやすいストーリーになっていると思う。

もちろんこれはほかの登場人物たちにも当てはまる。ネットへの音楽投稿という小さなきっかけが巻き起こした出会いは、それぞれにいい影響を与えていく。

きっかけなんてどこにあるか分からない。

踏み出さないと繋がれない。まずは自分から近づかないと何も始まらない。(アニメ4話での響のセリフから引用)

そんな人生における一大テーマを、萌えを交えてうまく描いている気がする。

・劇中楽曲がかなり本格的

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

本作の一番の見どころ(聴きどころ?)は、音楽。

響がコンビニにToo Tighters(実名:Foo Fighters)のTシャツを着ていっていることや、部屋にGoldpray(実名:Coldplay)のタペストリーを飾っていることなどから、相当なロック好きだということが分かる。

こういう設定面に加えて、

ギターにはちゃんとYAMAHAの刻印があったりと、とれるところは許可どりがしっかりしているところも見受けられる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら,YAMAHA,ギター

こういった作り込みからも、このアニメを作るにあたって音楽に力を入れているであろうことは予想がつく。

実際、OP曲の「羽ばたきのバースデイ」,ED曲の「楔」をはじめ、潤たちが1話で演奏した「深海プリズナー」,4話のライブで演奏した「HOWLING」といったすべての曲が、メロディーラインから細かい音作りまでかなり耳触りのいいように巧妙に作られていると感じる。クセが少なくとっつきやすい、王道にかっこいいバンドソングが揃っている。

私もロックが好きで、有名バンドからそうでないものまで洋ロックをそこそこ幅広く聴いているけれど、曲作りや伴奏自体は、ああいった本場ロックに引けをとっていないように思う。

アニメ向けの間に合わせロックとしてとりあえず作っているようなクオリティには聴こえないのである。


それにヒロインたちの歌も結構上手で、声も奇麗なので、ノりやすい。3人のメインヒロインを演じている声優さんたちは皆まだまだ駆け出しの新人らしいのだが、こりゃあ有望株ではないだろうか。

こんな曲がこれからも登場してくるのかと思うと、自然とワクワクしてしまう。

ワクワクしすぎて、1話と2話をAmazonPrimeで視聴してすぐに、9月末に発売されるアルバムを予約してしまった私。今から届くのが楽しみである。

◇まとめ

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら,深海プリズナー

もうすこし短くまとめるつもりが、結構がっつり書いてしまいましたが、それだけ今作には期待しているというわけで。

この記事で多少なりともこのアニメの魅力が伝わっていれば幸いです。

アマゾンプライムでは現在、毎回1週間遅れで新しい話が公開されていますので、加入している方はぜひご覧になってみてください。

萌えと人間ドラマと音楽が見事に調和した、心に優しい青春バンドアニメです。

きっと癒しと元気を貰えると思いますよ。

 

原作ラノベ

コミック版

『天使の3P!』これだけでしっかり把握できる、序盤のストーリー(1~4話)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

この記事では、アニメ『天使の3P!』の物語が本格的に動き出す第4話までのおはなしを一気に振り返ります。まだ観たことがなくてとりあえず触りだけ知りたいという人も、今一度ストーリーを理解しなおしたいという人もどうぞご利用ください。

1話「小学生にドッキリ!」

主人公・貫井 響(ぬくい きょう)は、中学生のときに授業で一所懸命つくった詩をクラスメイトたちからバカにされ、長きに渡ってネタにされ事あるごとに陰湿にイジられ続け、そのことが深刻なトラウマとなり、以来不登校状態になっている高校1年生。内向的だが決して根暗ではない。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響

彼はロックが大好きで、自身も音楽づくりを嗜んでおり、オリジナル曲を作ってはネットの動画投稿サイトにあげて楽しむ投稿者という裏の顔を持っている。幸い曲作りのセンスを持ち合わせている彼の曲には、そこそこファンも居る。

素直になれないながらも自分のことを大好きでいてくれる妹とふたりで住む家で、ほとんど外の人間と関わらずに、響は引きこもり生活を送っていた。

 

そんなある日、響のつくった曲の大ファンだという人からメールが届く。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響

メールには、響の曲をとても気に入っていることと、ブログを読んで響が近場に住んでいることを把握したうえで、よければ実際に会って話をしたいということが、とても丁寧に書かれていた。

そのしっかりした文章から、差出人はおそらくそこそこ年配の社会人だろうと判断した響。

自分は引きこもりの高校生で、相手は立派な社会人… 話が合うわけがないと一度はひるむが、自分の曲を大好きだという相手の言葉を信じ、「この人と、音楽の話がしたい!」という想いから、会ってみることを決意する。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響

相手からもすぐ返事が来て、待ち合わせの場所と時間を指定される。

 

待ち合わせ場所に早めについて待っていると、スーツに身を包んで落ち着いた感じの中年サラリーマンが近づいてくる… 緊張してびくついてしまう響… だが、どうやらその人ではないらしい。

ホッと胸をなでおろす響だったが、安心もつかの間、「あの…ひびきPさんでしょうか?」と声をかけられる。慌てて返事をしながら声がしたほうを見てみると、なんとそこに立っていたのは可愛らしい小さな女の子だった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,

彼女は確かに「五島潤です…」と、メールの差出人とおなじ名前を名乗るが、

いかんこのままでは美少女小学生に接触をはかる怪しいひきこもり高校生として新聞記事になってしまう…ッ! と思った響はこの場から逃げ出すことを決め、後ずさりをはじめる。

 

しかし、そこにもうひとり小学生らしき女の子がやってきて響に声をかけてきた。

「ちょっと、なにしてるの?」「うちの潤をキズモノにしてくれるとは、いい度胸ね!」

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,

どうやら潤の友達らしい。彼女は響の若さに驚くが、響のほうもそれは同じ。

と、そこにもうひとり女の子がやってくる。

「はむっ。私たち、もう高学年だよ?」

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くーちゃん,

どうやらメールの差出人はこの3人の女の子らしい。

相手が小学5年生というまさかの事実に、終始たじろぐ響。3人があれこれおしゃべりしている間に立ち去ろうとするが、止められてしまう。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,

「だめよ!まだ話は終わってないんだから。もし逃げたら変なことされそうになったって泣きながら叫ぶわよ?」

こうして、しかたなく3人についていくことになった響であった。

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

想定していたのと全然違う出会いに戸惑いっぱなしのまま、目的地に到着。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,

『児童養護施設リトルウイング』

どうやら彼女たちはここで暮らしているらしい。

まっすぐ中に入ると、そこは美しいステンドグラスで彩られた、とても雰囲気のいい教会であった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

思わず「いいところだね。こんなところで暮らせたらすごく素敵だと思うよ」と口にする響。彼の心からの感想を聞いて喜ぶ3人。

と、話の流れでお互いにまだしっかりと自己紹介をしていなかったことを思い出し、3人ともフルネームを名乗る。

 

紅葉谷 希美(もみじだに のぞみ)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

金城 そら(かねしろ そら)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

そして、

五島 潤(ごとう じゅん)

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

お互いに自己紹介も済んだところで、彼女たちの口からいよいよ今回の本題が。

3人は、響の曲をネットで知りとても好きになり、近くに住んでいることを知ったうえで、響にあるお願いをするために今回こうして会うことにしたのだ。

彼女たちのお願いとは、この教会にたくさん人を呼んで3人のバンドでライブをしたいので、その実現を手伝ってほしいというものだった。

 

と言われても、実際ライブをするとなればそれなりに機材も必要になるし、響としては、3人にどれほど音楽の実力があるのかということも気がかり。

そんな心配を彼の態度から感じた3人は、自分たちの実力と本気度を証明するために、響を教会地下の隠し部屋に案内する。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング

招かれた先で目にしたものに、響は驚きと興奮を隠せない。そこに有ったのは、ドラムからアンプ,ギター,ベースに至るまで、1960年70年代からバンドシーンを彩ってきた、言わずと知れた銘器ばかりだったのだ。

たしかに機材についてはこれで申し分ない。

そしてしばしの準備の後、3人の演奏が始まる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

彼女たちが演奏した曲「深海プリズナー」

彼女たちの見事な演奏に心を揺さぶられた響。感想を訊かれて自然と「よかった…」と声を漏らす。

 

2話「いっしょにやりたい気持ち」

とはいえ、自分はトラウマを抱えて絶賛ひきこもり中の身で、しかも相談内容は、小学生のライブにお客さんをたくさん呼ぶこと…明らかに難問である。すぐに引き受ける決心がつかない。

響が悩んでいると、希美が「もし希美たちのお願い聞いてくれたら、ちょっとだけなら、触ってもいいわよ…?」と言う。潤もそらもこれに同意。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

ちょっとドキッとする響だったが、触っていいというのは楽器のことであった。安堵しつつちょっと残念そうな響。

だがそれでもまだ踏ん切りがつかない。

希美は「響の曲、動画サイトでたくさん再生されてるんでしょう?」と彼のネットでの人気と知名度に期待しているようだが、当然それとこれとは話が違う。

それにたとえ楽曲提供を行っても、自分の曲では誰も聴きにこないだろうと、響は肩を落としてしまう。

しかし潤が続ける。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

「そんなことありません!!私、大好きなんです、響さんの曲。すごくメロディが優しくて、頭を撫でてもらったときみたいにポヮポヮって安心するんです!」

彼女の心からのそんな言葉が胸にのこりながらも、「少し考えさせてください」と言い残してリトルウイングを出ていく響。

 

そんなときひとりの金髪ツインテ美少女が声をかけてくる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,鳥海 桜,とりうみ さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

「貫井?貫井響だよねぇ、同じ中学だった。」

彼女・鳥海 桜花(とりうみ さくら)は、中学のとき同じクラスだったらしい。響が自分のことをすぐ思い出せなかったことに軽くショックを受けつつも、そのことは置いておいて、こんなところで何をしているのかと尋ねてくる彼女。

思いっきり怪しまれていると直感した響は言葉を濁してそそくさと帰ろうとするが、呼び止められて、高校でもおなじクラスになったことを教えられる。

おなじ中学の人たちはほとんど居ないから高校にくればいいのにと、善意から誘われるが、「そうなんだ… 行かなきゃって思ってるんだけど…」そこから先、言葉が出てこない。

響の心象を察して、桜花は深入りして悪かったというように謝る。

そのまま別れるふたり。

 

久しぶりに外に出てまともに人と話した疲れを癒すために、家に帰って早めの風呂に入る響。潤たちのことを思い出して自然に笑みがこぼれる。そこになんと妹が入ってくる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

響が先に入っていることに気づかないで入ってきた妹は、「男のくせにこんな時間にお風呂なんて変」とか「いつも家にひきこもってくつろいでるくせに」とかさんざん言うものの、兄のことを慕って心配している様子なのであった。

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

 

翌日、響は約束通りふたたびリトルウイングを訪れる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

自信はないけれどせっかく頼ってくれたんだし力になりたいと打ち明けると、3人は大喜び。

だが、この機に乗じて、3人が今回ここの教会でライブをしたい理由を尋ねてみると、潤はどこか寂しそうな表情で「思い出作りです」と答えるのだった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

 

響が何曲か曲を提供して、3人の練習は順調にすすむ。

どんどん上達する潤たちを見て感心する響だが、希美は、響がいまだにみんなのことを「さん」付けで呼んでいることに猛烈な居心地の悪さを感じていることを言い出す。

照れながらも3人の名前を呼び捨てで呼んでみる響。これでもうすっかり打ち解けた。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

そのころ響の家。

あの長年引きこもりの兄がいつの間にか出かけていることに驚くと同時に、休みだからせっかく一緒に過ごそうと思ったのにと激しく憤る妹であった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

練習の合間、響は、そういえばライブに人を呼ぶための手段はなにか考えているのか訊いてみる。すると、すでにチラシを作ってあるという。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

なるほどそれを学校で配るのかと納得した響だが、彼女たちにはどうやらそのつもりは無いらしい。響は、学校で友達に配ったほうが人が集まるんじゃないかとすすめてみるが、チラシは駅前で配るということで押し切られてしまう。

(恥ずかしいという以外にもなにか事情を隠していそうな3人。)

とりあえず、チラシを配るときにもっとインパクトを与えられる術はないかと考える響。

するとそらが自信ありげな様子。なにかアイデアがあるらしい。

すこし待ってみると、そらがスク水、潤がブルマ体操服、希美が下着のうえに割烹着(かっぽうぎ)を着て現れた!

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

どうもこの服装でチラシを配るというのがそらのアイデアらしいのだが… 冷静に考えてそんなことをさせるわけにいかないし、慌てる響。そのうえ、そらのマイペースな行動によって希美は響にパンツを見られてしまうしで大騒ぎ。

そんなところに、グラサンをかけたおじさんが彼女たちにお昼ご飯を持ってやってくる。まずいところを見られてしまった…と焦る響。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー

おじさんの名前は佐渡 正義(さわたり まさよし)。ここリトルウイングで彼女たちを預かっている張本人らしい。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

成り行きで一緒させてもらうことになった食事の席で、正義から「ひとつ訊いておきたいんだが…」と言われてドキッとする響だったが、それはさっきの騒動のお咎めではなく、ネットにあがっている『TR03』というインスト曲は響のつくったものかという質問だった。

聞けば、どうやらそのことに気づいたのが潤らしいのである。

響はその曲をあげるに当たって、アカウントだけでなく曲調もまったく変えていた。それなのに同一人物の曲だと気づいたということは、彼女は、響の曲が持つ無意識レベルのニュアンスを耳で聴きとっていたということになる。

潤の変態的な耳の良さについて話が盛り上がる。

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

食事のあと、正義にふたりで話をしようと教会に連れていかれる。やっぱりさっきの騒動についてお咎めがあるんだろうなとビクビクしていた響であったが、そうではなかった。

彼は、子供たちがきっと無茶なお願いをして困らせているだろうと、謝ってきたのだ。そのうえで、響の質問に答える形でいろいろと事情を話し始める。

正義はもともと大のロック好きで、若い頃はバンドもやっていたこと。前職がなんと神父で、その頃に少しずつ楽器を買い足していまに至ること。今のように子供を預かるようになってからはもっとお金が必要になり、神父を辞めたこと。子供が少なくなってきた事情や、地主さんの希望などもあって、近々この施設を丸ごと手放すつもりでいること…

どうやら潤たちは、ここから引っ越してしまう前に、思い出づくりを兼ねた正義への恩返しとしてライブをしたいと思っているようなのだ。

あらかた事情を話し終えたあと、正義も響にお願いがあると言い出す。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

なんとそれは、応援してやってほしいというものではなく、教会ライブをあきらめさせてほしいという内容だった。

もちろん、彼女たちの恩返しを邪険にするつもりでのお願いではなかった。

正義は、見ず知らずの人間に頼るしかないほど八方ふさがりの状況で、たくさん人を呼んでライブをするなどという彼女たちの悲願が達成できるわけがないから、失敗して思い出に傷跡を残す結末になるまえにうまいこと諦めさせたいと思っていたのである。

帰宅後、もともと3人の無謀なお願いを聞き入れてしまったのは自分だし、どう諦めさせたらいいものかと頭を抱える響だった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

 

3話「停滞する少年の下降と逃走、そして教会から来た少女達」

正義にああは言われたものの、3人にいつどうやって切り出せばいいか見当もつかない。そんな心境のまま、駅前でのチラシ配りを手伝う響。

成果はかんばしくなく、公園で休憩することに。

「うまいこといかないもんね~」と言う希美に、「うんまい」とおいしそうにドーナツを頬張るそら。いつでもマイペースである。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

そんなマイペースさにつられて潤と希美もおいしそうにドーナツを食べるのであった。

食べ終わると、またもやマイペースに響の膝に頭をのせて寝転がるそら。

曲だけでなく響本人のこともとても好きな潤は、自分も甘えたいと、恥ずかしがりながらちょっとずつ近づく。

とそんな時、ひとりの女の子がその光景を見て慌てて駆け寄ってくる。それは響の妹の貫井 くるみ(ぬくい くるみ)だった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

実は、潤,希美,そらの3人はくるみと同じクラスなのだ。くるみはクラス委員長という立場上、しっかりしているところを見せたい様子で、響のことを「兄さん」と呼んでみせる。違和感を隠せない響だったが、彼女の気迫に押し切られ、ここはそれで合わせることに。

「私のクラスメイトとこんなところで何をしてたのかしら?」と尋ねられて正直に答えようとするが、そらがすぐに響の口を手でふさぐ。どうやら3人はどうしてもくるみに事情を話したくないらしい。

潤は、遊んでもらっていたと噓をつく。

お兄ちゃんのことが大好きなくるみはそれを聞いて少し機嫌を悪くするが、ほどなくして、ピアノのレッスンのために行ってしまう。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

さっきのことが気になって演奏に集中できないくるみなのであった…

 

チラシ配りは相変わらずうまくいかず、落ち込む潤たちを響が「また明日頑張ろう」と励ますが、明日はクラスメイトと親睦をふかめるためのイベントとしてみんなで遊ぶことが決まっているらしい。

けれど3人は本心では行きたくないようだ。特に希美はとても嫌そうにして、「その日、家族で遊びに行く子はいかなくていいことになったんだし」と行かない気まんまん。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

響は、でもそういう催しものがあるなら行ったほうがいいと勧める。その言葉に押され、明日のチラシ配りは無しにして、明後日また一緒にという約束で落ち着く。

その日の夜、クラスメイトの3人ばかり構われていることに嫉妬していたくるみに、人生ゲームの相手をさせられる響であった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

次の日、中学のときのトラウマを夢に見てうなされていた響は、くるみに起こされる。今日は響にお弁当を作ってくれたらしい。

喜ぶ響に、素直になれないくるみは自分のを作っておかずが余っただけと言い訳する。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

今日は潤たちが言っていたとおり、クラスのみんなで遊ぶ日なのだ。

照れ隠しするようにそそくさと出かけてしまうくるみ。

だがお昼前になって響は、くるみが自分のお弁当を忘れていってしまったことに気づき、届けにいくことに。

公園でくるみを見つける響。皆で遊んでいるなか堂々と声をかけるのもアレなので、渡す隙をうかがうことに。観察していると、くるみは一時遊ぶのを中断してどこかへ歩いていく。その先には潤たちがいた。3人はボール遊びをしているクラスメイトたちから離れて、静かに時間を過ごしていたのだ。

くるみが一緒に遊ぼうと誘っても、応じようとしない。しかし潤たちの表情はとても寂しそう。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

そんな様子を見ていると、後ろから「お巡りさんこの人です」と声をかけられる。急にそんなことを言われて慌ててしまう響だったが、相手はあの鳥海 桜花(とりうみ さくら)だった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

あんまり外で変なことしないほうがいいよと忠告される響。桜花はすぐに立ち去る。

肩を落としているとくるみがボールを追いかけてやってきて、驚かれるが、事情を説明、なんとかお弁当を渡して帰ってきたのであった。

 

くるみは返ってくるなりマッサージを所望してくる。響はそれに応じながら、もしかしてクラスでいじめが有ったりするのかと訊いてみるが、「いじめなんてさせない」「うちのクラスみんな仲いい」クラス委員長として断言するくるみ。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

ただあの3人は意図的にほかの皆と関わらないように距離をとっていて、難しいのだという。

 

3人がクラスメイトとそこまでして距離をとる理由が気になりながらも、チラシ配りを手伝う響。ある程度がんばったあと、そろそろ休憩しようということに。そらはお腹もすいた様子。またドーナツを食べようかと切り出す響だが、今日は3人とも持ち合わせがない。

そこで、彼女たちのとっておきの場所に向かうことになる。

そこは一軒のパン屋さん。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし

でも正面から入るわけではない。

店の横の路地に入って、携帯で電話をかける潤たち。

すると可愛い制服を着た店員さんが裏口からパンを抱えて出てきた。それはなんと桜花!

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

お互いに驚く響と桜花。実は彼女は潤たちと同じくリトルウイングで生活していて、3人のお姉さん的存在だったのである。

急いで響を店のなかに連れ込む桜花。絶対に誰にも言わないで!!と釘を刺すのだった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

 

そのあといつもの場所でパンを食べる4人。

潤が言うには、あのパン屋でバイトしている桜花は、失敗して売り物にならないパンをお店からわけてもらって、潤たちにくれるのだという。

希美から桜花と店の中で何を話していたのかと訊かれて、響はさっきの会話を思い返す…

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

桜花は、もともと小さいころから施設で生活していたこと、そこが無くなってしまって、中学生になってすぐにリトルウイングで暮らし始めたことを響に打ち明けた。

とはいえ彼女自身は自分の境遇やいまの生活などについて特別悲観してはおらず、むしろ前の施設での生活も、現状の3人の妹たちと正義との共同生活も幸せに満喫しているという。

だからそのままで、皆と同じように普通でいたかった。しかしそれでも周りは、施設暮らしの彼女に対して勝手にからかってきたり同情してきたりするわけで。桜花はそれにものすごく居心地の悪さを感じていた。

それで中学に入ってからは、施設で暮らしている子供というイメージを完全に隠して、多少チャラついた遊び人を装うことにしたのだ。

結果彼女の作戦は大成功で、小学生までのような同情は一切受けなかったそうだ。

 

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

この日のチラシ配りも終えて、3人を施設に送り届けたあと、明日から学校だから放課後に手伝ってもらいたいと言われて、快くOKする響。また明日と言って、3人と笑顔で別れる。

 

4話「この世はすべてロックンロール」

響は、3人を送り届けたあとすぐに、バイトを終えて帰ってきた桜花に声をかけられ、話したいことがあるからと教会に招かれる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

話したいことというのは、潤たち3人がクラスのみんなと関わろうとしない理由についてだった。桜花は、それが自分のせいかもしれないと言い出す。

施設での生活に別段不満もなく幸せに過ごしている桜花は、それを誰にもバカにされたくないという想いが強すぎて、学校の人たちと関わることをずっと避けていた。

その姿をずっと見てきた潤たちは、桜花のそういう生き方を真似て、3人だけの世界に籠るようになってしまったのだという。

桜花は、自分はこれでいいけれど潤たちが今から同じように生きなければいけないということはないし、もし3人がクラスメイトたちからバカにされずライブをして一緒に盛り上がって仲良くなれる可能性があるなら、そっちを選んでほしいと思っていた。

響はそれをあの子たちに言えばとすすめるが、桜花は、自分が全くできていないことを勧めるなどという無責任な押し付けをしたくないと答える。

 

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

部屋でギターを弾きながら、響は考える。

リトルウイングの人たちは間違いなく皆優しい。けれど優しくて、お互いがお互いを思いやりすぎているせいで、踏み込んだことが言えない。だから「皆がいちばん幸せになれる形」が見えてみても実現できない。

だけど、知り合ったばかりの部外者である自分なら、彼女たちの殻を破るようなことを言ってあげられるかもしれない…と。

 

翌日のチラシ配りのとき、やっぱり学校の友達を誘ってみない?と言いかけて、踏みとどまる響。桜花の言葉を思い出して、いまの引きこもりの自分には多分、まだこれを言う資格はないと思ったのだ。

結局この日は話を切り出せず、いつもどおりほとんどチラシ配りの成果は出せないまま別れる。

ただ響にはある決心があった。

帰宅後、くるみの髪をとかしてあげながら、明日から学校に行くと伝える。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

くるみは「別に偉いことじゃないからね。そんなの当たり前のこと」と言いながらも、兄の変化に喜んでいる様子。

 

そして次の日。

今はまだ言う資格が無いなら、資格を手に入れに行けばいい。

くるみにも応援されながら、響は一路、学校へ向かう。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

「踏み出さないと繋がれない。辿り着きたい目標があるなら、まずは自分から近づかないと何も始まらない。そのことを潤に、希美に、そらに伝えたい。」

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

ギターを担いで、HR中のクラスに特攻する響。

1曲だけ歌わせてほしいと先生に頼み込むが、当然なかなか許可をもらえない。

そこに桜花が助け舟を出す。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

「いいんじゃないですか?1回きりなら。ひと月遅れで初めて学校来て、いきなりギターもって歌わせてくれってどんだけ変人ですか。変すぎてちょっと逆に聴いてみたいで~す。」

クラス一同、彼女の言葉に賛同。先生はいまだ戸惑ったままだが、

「下手に断ると、暴れ出すかもしれないですよ、その人。」

という桜花の一言にとどめを刺され、しぶしぶ許可する。

 

響は、今日から学校にくることにしたことを話して挨拶する。クラスメイトからどうしてギターを持っているのか訊かれて、曲を作ったりするのが趣味だということも話す。

続いて、こんど大事な恩人が自分の曲をライブで演奏してくれることになったので、もし今日試聴して気になったらそのライブを観にきてくれると嬉しいと宣伝。

事情を話し終えて、演奏を始める響。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

長いこと作曲活動をしていて音感やリズム感はある身でも、引きこもりだし歌の練習なんてしていない。おまけに緊張でガチガチ。

お世辞にもすばらしく上手いとは言えない弾き語り。

それでもなんとか歌いきって、静まり返った教室から一目散に逃げだしてしまった。疲れ切って寝込んでしまって、夕方になって目を覚ます。急いでリトルウイングへ出向く響。

施設の中では桜花が待っていた。

響が学校に忘れていったかばんを持ち帰ってくれていた桜花は、スマホを響に見せる。教室で弾き語りしている響の姿を録画していたのだ。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

響はこんなの必要ないのにと慌てるが、桜花は、これがないと潤たちにアンタの覚悟が伝わらないと返す。彼女の気遣いにうれしくなる響。

リトルウイングの保護者である正義も桜花から事情を聞いていて、面倒かけてすまないと響に謝るものの、彼の思い切った行動そのものにはとても感謝していて、「自分たちには出来ないことをチビたちにしてきてやってほしい」と信頼の言葉を伝えるのであった。

響はそれに応えるように、大事な話があると潤たちに切り出す。

ライブを成功させたいならまずは身近な人に声をかけてみるのがいいから学校の友達に声をかけてみないかと言われて、視線を落としてしまう3人。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

そんな彼女たちに響は、「皆はここが好き?」と尋ねる。3人からは「当たり前でしょ!大好きよ!」「はむ。大好きだよ?」「私もです」と当然の答えが返ってくる。

潤たちはこのリトルウイングが大好きで、今の生活が大好きだからこそ、ライブがうまくいかなかったらどうしようとか、もしも施設のことで変なレッテルを貼られたらどうしようとか考えすぎているのだ。

だから響は、「自分たちのほかにもこの場所を好きになってくれる人がいるんじゃないかとは考えられない?」「僕は潤たちが僕の曲を好きだって言ってくれたことがすごくうれしかった。だから皆も、もしこの素敵な教会で演奏する3人のことを好きになってもらえたらって考えたらワクワクしない?」「僕は気に入ってもらえると思う。僕自身もうこのリトルウイングが大好きだから!」と本心を聞かせて提案する。

すぐでなくてもいいからみんなでじっくり考えて決めてくれればいい。と、締めくくる響。

それを聞いた3人の表情にはこれまでのような陰りはなく、穏やかだった。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

 

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

翌日、きのうの決意どおり学校へ行った響。

潤たちにああ言っておいて自分が逃げたらダメだと律して学校へ来た彼を、桜花が満面の笑顔でほめてくれる。

 

練習の後、チラシ配りの話になって、潤たちはもう駅前では配らないという決意表明をする。

くるみも潤たちからチラシをもらってようやく事情を知ったそうで、そういうことなら言ってくれればいいのにと、どうやらライブに来てくれる様子。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

 

ライブ当日を間近にして、潤たちは響といっしょに曲目決めの最中。

響の曲とマスター(正義)の曲など合計すればライブをするのに十分な曲数はある。あとは順番を決めるだけ…と考え始めたところで、潤が、響が学校で演奏した曲もやりたいと言い出す。

あのつたない弾き語りを見られちゃったのかと恥ずかしさを隠せない響だが、潤たちはあの曲をとても気に入ったらしい。ということで曲目に加えることに。

そのことを施設で聞いていた桜花も、学校で響に告白。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

「私もあの曲好きだよ。ずっと前から」

思わずドキッとする響。

響が先日学校で弾き語った曲は、出来たばかりのメロディに、不登校の理由であるトラウマをうむきっかけとなった詩をあてたもの。桜花は、その詩をずっと好きでいてくれたのだ。

⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶⊶

そしていよいよライブ当日。

がんばって招待しただけあって、潤たちの小学校の友達や響のクラスメイトをはじめとしていろいろな人が見にきてくれて結構な盛況ぶり。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

緊張してなかなか壇上に出ていけない潤たちを後押しするように、響がセットのライトを点ける。

意を決して位置につく3人。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

満員のオーディエンスが拍手で迎えてくれる。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

息を整え目線で合図を交し合う3人。

ついに1曲目「HOWLING」の演奏が開始!!

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

この日を迎えるためにずっと本気で練習してきた彼女たちの素晴らしい演奏と歌にみんなが熱狂。

天使の3p,天使の3P,天使の3P!,天使の3P!,天使のスリーピース,アニメ,評価,感想,面白い,可愛い,かわいい,ロリコン,ロリ,キャラクター,あらすじ,ストーリー,画像,どんなアニメ,貫井 響,響,五島潤,潤,ごとうじゅん,じゅん,紅葉谷 希美,希美,のぞみ,金城そら,そら,くう,リトルウイング,深海プリズナー,佐渡 正義,さわたり まさよし,まさよし,鳥海桜花,さくら

初ライブ初演奏は、大喝采を受けて大成功を遂げたのだった。

これでとりあえず念願成就。

けれど響はこう思っていた。

「こんな楽しい時間、一回こっきりで終わらせたくない!」と。

 

つづく。

 

天使の3P!見所解説記事 へジャンプ

『賭ケグルイ』アニメの見所。妖艶で猟奇的な雰囲気に引き込まれる。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

2017夏アニメ、数がとにかく多く追いかけるのがなかなか大変ですが、一応、春から引き続き放映しているものも含めて10作品以上は観続けています。

その中でも異質で面白いと思ったのが、『賭ケグルイ』という作品。

今回はこのアニメの魅力を、1話のあらすじを添えてちょろっと紹介しようと思います。

◆1話あらすじ+世界観

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

私立百花王学園…創立122年を迎える由緒正しいこの名門学園は、一般的な学園ではありえない独特な階級制度を有している。なんと、学園における生徒の実権がすべて、金と、そしてギャンブルの強さで決まってしまうのである。

というのも、この学園の生徒たちの親は政財界の実力者が多く、賭博が大好きでめっぽう強い生徒会長のもと、「将来、人を遣う人間に必要なのは駆け引きや読心術,ここぞという時の勝負強さ」という考えのもとで運営されているからなのだ。

そんな狂った学園で学級委員を務める、賭博の才能皆無の男子生徒・鈴井 涼太(すずい りょうた)は、優れた博才でクラスのヒエラルキーの頂点に君臨している早乙女 芽亜里(さおとめ めあり)にポーカーで負け、総額500万以上の借金を背負わされた上、「ポチ」と名付けられ彼女の奴隷としていいように扱われていた。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

 

 

 

 

 

しかしある日、そんな光のささない暗闇を歩いているような彼の生活を変える出来事が起きるのである…

 

この学園に転入してきた、いかにもお嬢様といったようなおしとやかな雰囲気を身にまとう巨乳美少女・蛇喰 夢子(じゃばら ゆめこ)。学級委員である鈴井は、彼女に学園を案内することになる。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

 

 

 

 

学園を案内するなかで彼は、この学園が持つ本当の顔を教え、注意しておくように促すが… 彼女から返ってきたのは「それはそれは…とっても楽しみですね…」という驚きの応えだった。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

 

そして放課後、早速早乙女からギャンブルをしようと誘われる蛇喰。早乙女は、今までほかの生徒たちにしてきたように蛇喰を負かし、奴隷にする気でいたのである。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

少しも躊躇することなくこの誘いを受ける蛇喰。

かくして、クラスでの立場と大金を賭けた放課後ギャンブルが始まった。

 

今回2人が勝負に使うのは、この学級オリジナルの「投票じゃんけん」というギャンブル。

対戦者である2人以外のクラスメイト全員が、ひとり1枚ずつのカードに、じゃんけんのグー・チョキ・パーのなかから好きなものを描き、投票箱に入れる。全員が自分のカードを投票し終えたところで対戦開始。2人は投票箱のなかからカードをランダムに3枚引いて手札とし、これを使ってじゃんけんをするのである。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

ふつうのじゃんけんと違って、グー・チョキ・パーの3つの手のなかから自分が自由に手を選択できるわけではない。そういう不平等なところの駆け引きが奥深いというゲーム。

お互いに運任せのフェアな試合に見えたが、実は早乙女は、自分の奴隷になっている21人の生徒たちに、特定の一つを除いた2つの手のみを描くイカサマをするように仕掛けていたのだ。(グーとパーのみ,チョキとグーのみ,といった具合)

早乙女自身が合図を出さなくていいよう、蛇喰の真後ろに立っている鈴井が指で合図を出し、クラスメイトたちはその合図に従って2つの手のみを投票する。これによって、対戦者2人の手札はほとんどの場合、パーとグーだけ,チョキとグーだけ,といったふうに偏った手札で勝負をすることになる。早乙女も当然、涼井の合図を見ているわけだから、多く投票されたカードのうち強いほうを出しておけば高い確率で勝てるというわけだ。

 

蛇喰はこのイカサマによって総額120万円の負けを被るが、なぜか終始おだやかな表情。蛇喰のチップがなくなったところで早乙女はすでに彼女を嘲笑うような態度を見せるが、なんと蛇喰はもう一勝負してもいいかと申し出る。

彼女の地位はもうどん底まで落ちたも同然だし、この際もっと金を巻き上げられるならそれに越したことはないと、早乙女は内心彼女のことを小馬鹿にしながらこの申し出を受ける。

 

ところが、蛇喰がこの勝負で賭けると言い出した金額に一同驚きを隠せない。それはなんと、即金で1000万という大金だった…

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

なぜそんな大金を持ち歩いているのかという驚きと、負け続けて大損をこいているこの場面で1000万を賭けるという思い切りに対する驚き…

彼女の行動はもはや、勝負師とか、度胸があるとか、そんな言葉では片づけられないものだった。

 

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

早乙女も思わず「こんなお遊びのじゃんけん一発に1000万円賭けるって、あなた狂ってる!!」と言い放つが、蛇喰はこれに反発も萎縮もせず、語りだす。

 

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

「だからよいのではないですか。」

「ギャンブルの本質は狂気でしょう? 資本主義の世の中では金は命も同然。命を運否天賦にゆだねるなど、正気の沙汰ではありません。にもかかわらず、カジノに人が集まるのは、命を懸ける狂気に人は快感を覚えるからです。」

「であれば、ギャンブルは狂っているほど面白い!さぁ、賭け狂いましょう?」

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

その目は、もうこれまでのものではなかった。早乙女含めクラス一同これに恐怖すら覚えおののく。

早乙女は付き合ってられないと言い残して去ろうとするが、「もしかして怖気づいてしまわれましたか?」と挑発され、乗ってしまう。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

しかし、どちらにせよイカサマを続けている限り早乙女が負けることはそう無い。気を取り直して席につき、手札を見るやいなや勝ちを確信した早乙女。

だが蛇喰がなかなか動こうとしない。

早乙女は「どうしたの?3枚しか無いんだからそんなに迷っても仕方ないでしょう?」と急かすが、

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

「気づかないとお思いですか?」

自分の推理を淡々と説明する蛇喰。なんと彼女はイカサマの存在に気づいただけでなく、そのカラクリにも粗方目星をつけていたのだ。その上で、この勝負では早乙女はパーを出して勝つつもりでいるとすでに読んでいた。

早乙女はそれを聞いて焦りはしたものの、だからといって手札が変わるわけではない。

パーとグーが多くなるように投票されているのだから、パーを出せば勝てる確率が高い!蛇喰がたった3枚の手札のなかにチョキを引き当てている確率はかなり低いのだから!自分の手札にはパーが2枚ある!勝てる! 蛇喰が種明かしをして見せたのは自分にグーを出させるためのブラフだ!このままパーを出して私は勝つ!

そう判断してパーを出す早乙女。

だが、蛇喰が出したのはチョキであった。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

これで早乙女は1000万の負け。蛇喰が先ほどこしらえた120万の負け分を返済されて、実質差し引き880万。

880万の借金を、早乙女は一瞬にして背負わされたのである。

恥を忍んで、今すぐは払えないから数日待ってほしいと頭を下げる早乙女。

蛇喰は、「とても楽しめたのでよしとしましょう」と笑顔で帰っていく。

 

鈴井は、帰ろうとする蛇喰を急いで追いかけ呼び止める。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

なぜイカサマを看破できたのか、そしてどうやって出す手を見抜いたのか。それをどうしても訊きたかったのだ。

蛇喰は、早乙女が出す手札の規則性からイカサマ自体はすぐに見抜いていた。続いて、どうやって皆が一致団結して投票する手を決めているかを、クラスの皆の視線から導き出したという。

彼女がよく観察してみると、クラスの大多数の視線は、蛇喰自身のほうへ向けられていたのだ。しかし自分は対戦の当事者なのだから視線を向けられるのは当然…そう考え、皆は自分ではなくて自分の後ろに居る人物に注意を注いでいるのだということに気づいた蛇喰は、持ち歩いている手鏡を使って、自分の後ろに立っている鈴井の手の動きから、投票される手を推察したのであった。

だが、3枚引いてしまったあとでイカサマのカラクリを皆に聞かせたところで、当然手札が変わるわけではない。

鈴井は、最後にチョキを出せたのは何故なのかと彼女に問う。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

「それは全くの偶然です。ラッキーでしたね♪」

その答えに彼は驚きを隠せない。

 

イカサマの仕組みが分かっているのであれば、何も言わずにパーを出せば最悪でもフェアな状態であいこに持ち込めるし、相手がパーを出すことは合図から分かっているのだから、チョキを偶然引ければ100%勝てる。

それなのに彼女は、自分の手札にチョキが来た時点で、自分がイカサマの仕組みに気づいていることを明かし、わざわざ相手に選択の権利を与えたのだ。しかも即金1000万という大金を賭けて勝負に出た。

(つまり彼女は「私はこのターン、パーとグーがほとんどになるように投票されていることに気づいています。あなたがパーを出すことは分かっていますから、私はチョキを出して勝ちますよ。あなたはグーを出せば私に勝てるのではありませんか?」と、あえて暗に宣言していたことになる。)

とても合理的な判断とは言い難いものである。

 

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

リスクを負うのが楽しいからそんなことをするのかと問う鈴井に対して、蛇喰は「私だってただリスクを負うのはつまらないですよ。でも有利すぎてもつまらないでしょ?」と答える。

その答えに彼は彼女との絶対的な差を感じる。

賭博の才能なんてからっきしで、早乙女に負けて底辺まで落ちて、沼を泳いでいるような気分でずっと過ごしていた鈴井。もう疲れたからこの学園を辞めると打ち明けて、蛇喰に今回のことを謝罪し、深々と頭を下げる。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

下心などなく本心から謝罪する彼の手を、やさしく包む蛇喰の手。そこには多額の現金が握られていた。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

蛇喰は、「私は絶対に勝つ勝負も、絶対に負ける勝負も嫌いなんです。今日刺激的なギャンブルができたのは涼井さんのおかげです」と言って、彼が抱えている借金を返済できるだけのお金をくれたのである。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

札束を渡すと、彼女は「ありがとうございました」と言って帰っていった。その笑顔には一片の濁りもない。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

蛇喰 夢子 ― 彼女は、そこらにいるギャンブル好きとは一線を画す、妖艶で、どうしようもないほどの狂気を隠したギャンブル狂…『賭ケグルイ』だったのだ。

 


◆このアニメの見どころ

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

原作は読んだことがないですが、この作品の魅力は、一切の遠慮なく表現された「妖艶な狂気」にあると思います。「妖艶」というのは「エロティック」と言い換えてもいい。

絵のタッチや、キャラクターの非常に人間的でリアルな表情と声色の緩急、OP・ED映像含めそこかしこに散りばめられている堂々たるお色気表現。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロ,かわいい,可愛い

とにかく下品に、汚らわしく、いやらしく、

「ギャンブルというのはそもそも狂った行為である。それに没入する人間もまた狂った生き物である。勝負の中にいる今このときは、存分に狂って楽しもうじゃないか」

というメッセージ性を、良い意味でよく描いていると思います。この雰囲気が、観る側を力強く引き込む。面白い。

声優さんも皆さんうまくて非常に迫力があります。とくに主演の早見沙織さんの演技はほんとうに迫真。

 

そして、こんな狂気的で常識外れな世界観のなかで、今後どのような争いが繰り広げられていくのか、蛇喰はどんな活躍を見せるのか。そして唯一の正真正銘の真人間である鈴井はいかように振り回されていくのか…そして、美少女ふたりとの関係はどうなるのか…

先が楽しみになります。

◆主題歌の魅力

OP,EDどちらも、映像込みで作風に絶妙にマッチしていて、素晴らしいと思いました。

OPのDeal with the devilは「エロ」と「狂気」を前面に出した内容。しょっぱなのパンチラからして絶妙にエロい。プルンっと揺れるお尻の質感表現は最高のひとこと。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い

妖艶だがあくまでもR18アニメではないというラインをついた適度な過激さで、「おっほ…」と目を奪われる。

美少女キャラクターどうしが絡みあう表現もセクシーで、そしてカッコいい。

メロディー,映像,Tiaさんの歌声…

すべての相乗効果で、とにかくカッコいい曲に仕上がっています。




ED曲の「LAYon-theLINE」もおなじく狂気的な空気を少しはらんだ曲ですが、OPのような色気や狂気感よりも「すがすがしいカッコよさ」「さらけ出す気持ちよさ」を重視した曲作りになっているといえるでしょう。

こちらも本編の作風に見事にマッチしているうえ、ED映像の中で上着を脱ぎ捨てシャツをはだけさせてブラをチラ見せしながら気持ちよさそうに威風堂々と歩いている蛇喰夢子の姿にも、これ以上ないくらい合っています。

賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い賭ケグルイ,賭け狂い,かけぐるい,ギャンブルアニメ,アニメ,2017,夏アニメ,面白い,あらすじ,ストーリー,キャラクター,蛇喰 夢子,じゃばみ,ゆめこ,早乙女 芽亜里,さおとめ めあり,メアリ,鈴井 涼太,主人公,画像,エロい,かわいい,可愛い



Youtube上のコメントでも「OPよりこっちのほうが好き」という意見がたくさん見受けられますが、私的にも、こちらのほうがとっつきやすく〝万人受けする曲〟ではないかなと思っています。

Deal with the devil』のほうは例えるなら東京事変の『喧嘩上等』に似たクセやJazzy感がありますが、普段からいろいろな曲を聴いている人なら自然に耳に馴染むんじゃないでしょうか。

(ところでオープニングの歌い終わりは「Honey」より「Really?」に聞こえるんですが、どうなのかな。)

とにかく、私はこの2曲、甲乙つけられません。
どっちも非常に好きでございます。

◆まとめ

賭け事に狂った世界観と、それをいかんなく表現している映像、音楽、そして声優さんの見事な演技… これらを総合的に見て、私はこのアニメをとても気に入っております。

ギャンブルが強いことで、あるいは莫大な財力を持っていることで遠慮なく人を見下す振る舞いをしている生徒たちに対し、賭ケグルイ女・蛇喰がその奇跡的な博才をもってして勝ちをかっさらい逆に相手を見下しかえす様子は、単純に清々しいです。

普段萌えアニメしか観ないような方も、ご自身の世界観を広げるのに、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

大変、力の入ったアニメ作品だと思います。

 

※もちろんこれはフィクションですから、作中で描かれているような賭博行為は絶対にやめましょうね。

【お知らせ】PC故障による記事更新の頻度低下について

こんにちは。

最近暑くてかないませんな…

先週は全国で4千人だったかな?熱中症で倒れたらしいですが。

皆様もお体には十分にお気をつけ下さい。

 


さて、当ブログにアクセスいただいている方々へお詫びを兼ねたお知らせがございます。

当ブログ執筆にも使っているメインPCがおかしくなってしまいまして(一応、修理に出すのは最終手段と定めて、何日間かかけていろいろ試みて原因をさぐったところ、HDDの故障ではないかと思われます)、それを修理に出している間、ブログの更新が多分に遅れるか、もしくはまったく更新できない可能性もあります。

(この告知はサブPCで書いているのですが、スペックも相当低いうえ、ディスプレイの質も落ちてかなり見づらいので多分ちゃんと記事を書くのは無理)

これからメーカー様に引き取っていただくので、修理を終えて返ってくるまでには、長く見て1~2週間くらいかかるのではないでしょうか。

 

まぁともかくそういうことでして、いつもここを訪れてくれている方には一応ご報告さしあげておこうと思った次第です。

まだ起ち上げたばかりのブログですが、もしかしたら、万が一にも、常連になって楽しんでくれている方も1人くらいはいらっしゃるかもしれませんし。

メインPCが復旧し次第、また精力的に「放映中のおすすめ作品の魅力を存分に伝える記事」「いつも観ているアニメをもっと楽しむためのブログ」を心がけ、時間がゆるす限りの頻度で執筆していこうと思っていますので、楽しみに待っていていただければと思います。

 

そういうことですので、何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

では、失礼致します。

 

 

【8/3 追記】

おとといPC戻ってきたので、ぼちぼちブログ記事執筆再開していきます。

『月がきれい』最終回。2017春アニメで唯一ボロボロ泣いた。物語のメッセージ

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

今年の4月からつい先日にかけて放送していた純愛アニメ『月がきれい』。

以前に紹介記事を書きましたが、最終回の終わり方が最高だったので、今回はいまいちど、総括での感想ということで、あらすじと一緒にまとめておこうと思います。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん


最終回あらすじ

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

親の都合による茜の引っ越しを間近に控えたある日、彼女と同じ高校に合格できなかった小太郎は、そのことを彼女に謝る。

だが小太郎が同じ学校に行こうと本気で頑張ってくれていたことを分かっている茜は、それを咎めようとはしなかった。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

しかし茜は、高校進学とともに住まいが離れて遠距離恋愛になってしまうことに、不安を抱えていなかったわけではない。

男ってけっこう面倒くさがりだけどこれから彼との関係をどうしていくのかと姉に問われ「大丈夫!」とは返したものの、その不安は茜のなかで大きくなっていた。

 

少したって小太郎のほうも、併願で受験した市立高校に無事合格。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

とりあえず受験も終わって一安心ということで、ふたりは久しぶりに外で待ち合わせて会うことに。だが茜はそのとき、同級生であり親友の千夏から、彼女が小太郎に告白してフられたという報告を聞いてモヤモヤしていた。

小太郎と会って茜は、今まで我慢し続けて自分のなかで大きくなっていた不安を抑えきれなくなり、思わず泣き出してしまう。

 

「告られたの?千夏に聞いたよ。なんで言ってくれなかったの…? 言わない?普通…心配になるもん…」

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

いま彼女の胸の中は、小太郎と離れ離れになってしまうことへの不安と寂しさと、遠距離になることによって実質彼にばかり負担や面倒をかけてしまうことへの罪悪感でいっぱいになっていて、自分でもどうしたらいいのか分からなくなっていたのだった。

(高校に入っても大好きな陸上は続けたい。でもそうするとバイトに力を入れるのは難しくなるから、毎回会うたびに小太郎にばかり負担をかけてしまう…と。彼に自分のためにそこまでさせていいのか、いっそ別れてしまったほうがいいのか…と。)

そんな彼女の泣き顔に小太郎は、戸惑いか、あるいは自責の念か、あるいは彼女に「大丈夫だから、面倒かけてもいいから、俺の彼女でいてほしい」と言い出す自信が無かったのかもしれないが、なにも声をかけてやることができない…

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

結局、けんか別れのような形で茜の引っ越し当日をむかえることになってしまう。

 

引っ越しの準備は順調に進む。茜はほとんど諦めのようなかたちで、小太郎との関係に別れを告げる決意をしようとしていた。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

そろそろ新しい家にむけて出発しようかという時、千夏と葵が訪ねてくる。親友であり同じ陸上部でがんばってきた大切な仲間と離れてしまうことを思うと、お互いに自然と涙がでてきてしまう3人。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

そんな姿を観て茜の両親は、せっかく友達が来てくれだんだから茜はあとから電車でくればいいよと提案してくれる。ありがたくその提案を受ける茜。

 

千夏が「安曇くん(小太郎)は?」と尋ねてくるが、茜は、彼と複雑な別れ方をしてしまったことをどう伝えたらいいか戸惑う。

茜が悩んでいると、千夏はふと思い出して、ネットの小説投稿サイトに投稿されたとある小説を見せる。「見つけちゃったんだ、私!」

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

タイトル『13.70』

「安曇治」というペンネームの人物が投稿したその作品は、紛れもなく、小太郎が書いた、茜との今までの恋物語だった。

その内容を読んで、茜は、彼がどんなに自分のことを大事でかけがえのないものだと思ってくれていたかを実感する。

 

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

あんな別れ方をしたあとで、口ではどう伝えたらいいのか、どう伝えたら彼女を安心させられるのか分からないながらも、小太郎には確かに茜に伝えたい想いがあった。

小太郎は、最後の章を書き上げ投稿する。

 

町内会の稽古を終えた小太郎は、近所に住むお兄さんで良き相談役の大輔に声をかけられ、自分が投稿したネット小説にたくさんのコメントが寄せられていることを教えられる。

そしてそのなかには、なんと茜本人が投稿したコメントが。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

「この先はどうなるんですか?」

 

それを見て小太郎は無我夢中で走りだす。

いまはLINEじゃない、やっぱり口で伝えたい。彼女への愛を叫びたい。

という一心で。

しかし彼女が電車に乗るまえに会うことは叶わず… 小太郎は、電車が見える場所までまた走る。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

茜のほうも、小太郎のWeb小説の最後の章に気づいて読んでいた。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

 

彼女が乗っている電車に向かって、思いっきり愛を叫ぶ小太郎。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

「大好きだーーーー!!!!!!!」

 

茜にはもちろんその言葉は聞こえていない。

でも、彼女は小太郎が書いた最後の章をよんで、彼の確かな気持ちを受け取って、電車のなかで泣きだす。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

彼女のカバンには、結局捨てられなかった彼への想いの証が。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

 

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

「初めての恋だから、まだ何も知らなかった… すごい緊張して… 手のつなぎ方、キスのしかた… 友達にも秘密で、恥ずかしくて…」

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

「いつもいつも、どうしていいか分からなくて… だけどあの時勇気を出して伝えてくれたから、ずっと一緒に歩いて行けるって信じられた。」

 

「好きな人が、自分を好きになってくれるなんて…」

「奇跡だと思った。」

 

‐それから‐

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

 


感想。マジで泣いた。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

どんな複雑なストーリーよりも、こういう当たり前の愛の物語が結局はいちばん泣ける。

この作品を観て私はそう思いました。

もう最後のほうは本当にボロボロ泣いてました。久しぶりに本気で泣いた。

アニメや映画でジワっと涙が出ることはよくあるけど、本気で泣くことはなかなかないもんです、実際。

この作品なにが凄いかって、キャラクターの表情がとにかく凄い。本物の人間が泣いてるみたいに、キャラの心象が細かく描かれている。feel.様さすがです。

それプラスあの破壊力ばつぐんの音楽。こりゃあ負けますわ。

 

小太郎と茜の遠距離恋愛について、「たかだが東京と千葉程度の距離で不安になってんじゃねえよ。もっと遠距離で頑張ってる人なんてたくさんいるだろう」と、ツッコミを入れる人も居そうですが、

いやいや、中学3年生の初恋ですから。ある程度の想像力があれば、どんだけ不安になるか分かると思いますよ。

経済力もないし、将来のこともまだまだこれからだし、不安になる要素ありすぎでしょう。

そのなかでちゃんとこの愛を貫いたふたりには、拍手を送りたい。

フィクションとはいえ、似たような話は、世の中のどこかにはあるでしょうからね。

 

やっぱり恋って素晴らしい。

大好きな人が出来るだけで、大事な人が出来るだけで、人はこんなに一生懸命になる。こんなに悩む。こんなにワクワクする。

人が両想いになって一緒になるというのは、こんなにも奇跡的だ。

という教訓としては、最高の物語だったんじゃないでしょうか。

所々、親の愛情にも泣かされました。

 

小太郎は小説家にはなれなかったけど、ああいう形で彼の情熱が成就したのは喜ばしいことです。ネットで小説を投稿するという方法を教えてくれた大輔先輩、彼がいちばんの愛のキューピットだったのかもしれない。

そして、茜にとっての愛のキューピットは間違いなく千夏でした。

小太郎を大好きな気持ちにはちゃんと決着をつけて、茜と小太郎の恋愛を応援する姿… まさにこれこそが友達だなという印象。

月がきれい,月がきれいですね,feel.,feel,フィール,アニメ,どんなアニメ,どんなアニメ?,面白い,最終回,泣ける,ニヤニヤ,恋愛,かわいい,可愛い,評価,感想,壁紙,画像,茜,水野茜,あらすじ,ストーリー,キャラクター,安曇小太郎,安曇,ろまん

 

摩訶不思議で劇的で特別なことなんて求めなくていい。

一生懸命なにかに情熱を注いで、一生懸命に恋をして、一生懸命悩んで、一生懸命生きて、ありふれたものに一生懸命感動する。

それこそが人生。

そんなメッセージも、この物語には込められていたと思う。

 

私もこれまでの半生でいろんなアニメを観てきましたが、そのなかでもトップクラスに印象に残り続ける作品となるでしょう。

この作品に出逢えて本当に本当によかった。

 

小太郎と茜の生涯に、そして、

これを読んでくれたあなたの人生にも、幸あらんことを。


アニメ『恋と嘘』 結婚相手を勝手に決められる世界で、彼らの本物の恋はどう転ぶ?

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

この夏に放送開始した『恋と嘘』という恋愛アニメが、なかなか面白くなりそうです。もっと暗くてドロドロな雰囲気なのかと思って警戒しながら視聴したんですが、結構ピュアな感じでした。


物語の概要、1話のあらすじ

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,

〝進み続ける少子化。その対策の切り札として政府は、国民全員の結婚相手をその遺伝情報等をもとに勝手に決定するという、通称『ゆかり法』を試行。皆、満16歳になると「政府通知」を受け取り、定められた相手以外との恋愛を禁じられる。試行されて今年で40年になるこの法律は確かに効果を示しており、少子化にも歯止めが掛かると同時に、国民の遺伝子レベルでの潜在能力値も上がっていった… 自由な恋愛を禁止されることにやはり多少の不満を抱く者はいつつも、皆結局はこの法律の実効性を認め、納得して受け入れているのであった。〟

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,

そんなおかしな世界の中で、好きな人との恋愛ができないことにどうしても納得できない主人公・根島 由佳吏(ねじま ゆかり)は、16歳の誕生日の前日、5年前からずっと好きでいる女の子・高崎 美咲(たかさき みさき)に、せめて告白だけはしておこうと決意。ついに夜の公園に呼び出す。

さんざん迷ってから深夜に待ち合わせ場所にやってきた彼女に、根島は勇気を振り絞って「好きです」と伝える。

彼女の返事は、予想外のものだった。なんと、長年高嶺の花だと思っていた彼女もまた、5年前からずっと根島のことが好きだったのである。

ずっと両想いだったことに大喜びし、ドキドキに支配されるふたり。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,高崎美咲,ゆかり,みさき恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,

「私の『好き』は、キスとかいろいろしたい…の『好き』なんだけど…」

ふたりは、お互いずっと溜めていた想いを解放しあうように唇を重ねる…

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい恋と嘘,エロ,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

ピュアな相思相愛ペアの、えっちぃキス。

直後、日付をまたいで16歳になった彼の携帯に政府通知が届く。その通知メールの文面にはたしかに「高崎 美咲」の名前が。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

しかし、喜びもつかの間、不思議なことにすぐにメールは消えてしまった。

戸惑っている彼のもとに、今度は厚生労働省の職員が封筒で政府通知を私に現れた。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

封筒のなかの通知には、全く知らない女の子の名前が書かれていた。

根島は先ほどのメールのことを職員たちに訴えるが、それはなにかの手違いでしょうということで、まったく請け合ってもらえない。

 

高崎はこのことに大変がっかりするが、割り切れない感情を押し殺して根島に「今日この30分の思い出だけで、あと70年は生きていける気がする… だから根島くんもそう思ってくれたら嬉しい」と言い残して、走り去る。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

本当ならこれで終わるはずの恋。忘れてしまわなければいけない恋。

だが根島にはどうしても割り切ることが出来なかった。

結局彼は彼女を必死に追いかけ、ふたたび抱きしめる。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

「僕は高崎さんが好きだ。本当に好きだ…」

 


結婚相手を決められた世界のなかで、彼と彼女の「本物の恋」は成就するのか!?そして、あのメールの正体とは

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

家柄でもなんでもなく国によって一方的に結婚相手を決められ、その相手以外との恋愛を禁じられるという理不尽な世界。そんな世界で、政府が決めたのとは違う相手と本気で相思相愛になってしまったら…その恋を諦められるだろうか…

「本物の恋」それはきっと、どんなに合理的な出逢いよりも尊い。

そんな一大テーマをフィクションとして直球で投げかけてくる。

一筋縄でいくはずがない設定のなかで、彼と彼女はどういう道を歩んでいくのだろうか。自然とふたりの恋を応援したくなる。

 

冒頭に書いたとおりもっとどんよりした作風になるのかと思っていたが、悩ましくはあるものの、結構爽やかでピュアで、観やすい。

OP,ED主題歌も爽やかで、全体的に綺麗なアニメに仕上がっている。

恋と嘘,評価,感想,1話,あらすじ,ストーリー,画像,キャラクター,公式,画像,,根島由佳吏,キス,エロい

果たして、2人の恋は成就するのか…

根島の政府通知の相手・真田 莉々奈(さなだ りりな)との関係はどうなるのか…

根島の携帯に表示されたあのメールの正体は…

そして、まだ判明していない高崎の政府通知の相手は誰なのか…

 

今後の展開にも期待が持たれる。

毎週次回が楽しみになりそうです。


関連情報

 

OPテーマ「かなりうれしい」 (8月リリース予定)


EDテーマ「Can’t you say」は2017年9月リリース予定。

原作コミック

ナイツ&マジックが熱い!魔法とロボットの王道ロマンの世界で、天才オタクは何を成す?

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,評価,画像,メカニック,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主題歌,fhana,Hello!My World!!,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,Amazon,フィギュア,ROBOT魂

2017年夏アニメも面白そうなものがたくさん!

7月2日に放送を開始した『ナイツ&マジック』も、管理人が大いに期待している作品です。

ということで今回は1話のあらすじをざっくりと。


1話あらすじ

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクターナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター

倉田翼は、会社が後先考えずに請け負ってしまった無謀な仕事もあっさりこなしてしまうような天才プログラマーで、重度のロボットアニメヲタク。

同僚からの評価も高かったが、ある夜、交通事故であっさりと死んでしまう。

 

しかし、彼は魔法と剣とロボットの世界に転生するのだった。

 

新しい世界で、「ライヒアラ騎操士学園」の学園長の孫エルネスティ・エチェバルリアとして生まれ変わった倉田。

前世の記憶をすべて引き継いで転生している彼は、この世界で『幻晶騎士(シルエットナイト)』というロボットと出逢い、持ち前のロボットヲタクとしての情熱を刺激され、将来はこれを操縦する「騎操士(ナイトランナー)」になることを固く決意。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート

その決意をもとに一心不乱に勉学と修行にあけくれたエルネスティ。魔法の理がプログラミングのそれと似ていたおかげで、彼はめきめきと才能を伸ばしていく。

数年後、ナイトランナーやナイトスミスの養成を行っている「ライヒアラ騎操士学園」に入学したエルは、天才的な頭脳と、それまでの努力の成果をもってして入学早々頭角を現すことになる。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクターなんと、それまで当たり前に普及していた魔法触媒の『杖』という形状の実用性に疑問を持ち、自分で新しい触媒の設計をしてしまったのである。その名も『ガンライクロッド』。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクターナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター

この新型触媒をつかって、その類まれな実力を教師たちの前で披露したエルは、中等部に飛び級する。

 

それからまた歳月は経ち、彼が12歳になったころ、もう学園内で彼のことを知らないものは居ないほどになっていた。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート

幼いころに出会った兄弟、アーキッドとアデルトルートとは、今も親友同士。

 

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート,ステファニア

中等部と高等部合同での実習演習に向かったエルたち。エルはそこで、アーキッドたちとは腹違いの姉であり学園生徒会長のステファニアからも大いに興味を示される。

その夜エルは、騎躁士学科の先輩であり優秀なランナーであるエドガーに喜ばしい提案をされる。なんと愛機の操縦席に乗ってみてもいいというのだ。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルートナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルートナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート

自分の身長では到底動かせる代物ではないとはいえ実物のシルエットナイトに搭乗できたことで、大喜びのエル。

しかしそんな矢先、大量の魔獣が突如として出現し、夜間演習中の生徒たちを襲い始めたという知らせが。この非常事態を受けて本来ならばエルたちも避難しなければならないはずだったが、彼は、ステファニアたちを助けるために教師に申し出て、すぐさま駆け付ける。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルートナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルートナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート

すでに高等魔法をマスターしている実力者エル,アーキッド,アデルトルート、それに加えて先輩のナイトランナーも助太刀に入り、なんとかステファニアを助けることに成功。

しかしエルは、こんなにもたくさんの魔獣が一斉に遅いにかかってきたことに、きな臭さを感じていた。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート

その勘は的中していた。

正体不明の大きな敵がどうやら背後に存在するようである。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート


設定がロマンの塊。メカがカッコいい!

絵もきれいだしテンポもいいし、話は王道で分かりやすいし、設定はロマンの塊だし、1話は掴みとしては最高でしたね。1話見終えたあとすぐに、これは観続けよう!と思いました。

魔法とロボット騎士の世界という設定がまず熱いですが、シルエットナイトのデザインがかっこいい。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート,アールカンバー

↑主人公の先輩・エドガーの機体、アールカンバー。旧世代の機体を学生たちが改造したもので、純白のそのビジュアルはまさに騎士。武装も剣と盾という王道の『騎士』スタイル。傷や汚れで適度にボロボロになっているのがこれまた良い。

ナイツアンドマジック,ナイツ&マジック,感想,1話,夏アニメ,2017,面白い,どんなアニメ,原作,画像,主人公,かっこいい,強い,キャラクター,アーキッド,アデルトルート,アールカンバー,グゥエール

こちらはディーという先輩騎士が乗っているグゥエール。こちらも旧世代機に手を加えているものですが、盾なしで、二刀を用いる攻撃的なカスタム。アールカンバーとはまた違ったかっこよさがある。

ちなみに両方ともROBOT魂が2017年10月に発売予定です。詳しくはこちら

当然実物を見たことはないですが、あのROBOT魂シリーズですし、写真で見る限り、ロボットフィギュア好きにはたまらない良クオリティっぽい。

Amazonでも予約を受け付けています

管理人はすでにAmazonでアールカンバーを予約しちゃいました。

こういったロボットのロマンと合わせて、天才的頭脳と戦闘センスをもった主人公が大活躍していくという王道な設定。

陰惨なストーリーでもなさそうだし、分かりやすく、観やすく、ストレス発散にもってこいのアニメになりそうでたまりません。

主題歌も最高

そのうえオープニング主題歌を歌うのはあのfhana

主にアニメ主題歌を歌っているグループですが、このグループが主題歌を担当しているアニメは面白いものが多いです、ほんとに。歌自体も良い物が多いですしね。

『ナイツ&マジック』の主題歌Hello!My World!!も、一回聴いただけで惚れました。

こちらも現在予約受付中で、8月初頭に発売予定となっています。

 

このアニメを一言で表すならば

『王道ロマンの塊』

それ以外にないでしょう。

楽しい要素がてんこ盛りです。

こりゃあ、毎週の最高の楽しみになりそうだ。

 

『サクラダリセット』不思議な世界観と設定、他にない面白さを簡単に紹介

サクラダリセット,アニメ,感想,評価,感想,登場人物,ストーリー,浅井ケイ,春埼美空,村瀬陽香,相麻菫,津島信太郎,中野智樹,おかえり,野ノ尾盛夏,岡絵里,OP,主題歌,だから僕は僕を手放す,WEAVER,Reset,牧野由依,発売日,通販

4月から放送中のテレビアニメ『サクラダリセット』が2クール目に入りました。勝手に1クールのものだと思い込んでいたので、大変うれしいです。

この作品は放送開始当初からお気に入りの一つです。このアニメも、春アニメのなかで個人的にトップ3に入るひとつ。(2017春アニメ個人的TOP3は『終末なにしてますか~』『月がきれい』『サクラダリセット』)

決して明るい話ではないんですが、とはいえ陰惨でもない。日常アニメでもなく異能バトルアニメでもない。本当に独特の世界観をもった作品です。

今回はこのアニメの特筆すべき魅力をかいつまんでご紹介しましょう。

 

サクラダリセット,アニメ,感想,評価,感想,登場人物,ストーリー,浅井ケイ,春埼美空,

舞台は、人知を超えた不思議な能力を扱うことができる『能力者』があたりまえに存在する街、サクラダ(咲良田)。

そして、どういうわけかこの街のことは世界中の誰にも知られていない。それは、こうした能力者はサクラダの中でのみ発生するうえ、サクラダを出た者は例外なく、能力に関する記憶すべてを忘れてしまうから。(能力に関するすべての記憶が失われるということは、つまり能力をそれ以降使用できないことを意味する)

このサクラダという不思議な街で、

「どんな些細なことでも全てを記憶し、それらを正確に思い出すことができる」という能力を持っている主人公・浅井ケイが、世界を最大で3日間巻き戻すことができる能力を持っているヒロイン・春埼美空と一緒に、この街に存在する些細な悲しみをひとつひとつ消していくために少しずつ未来を変えていく…

という大筋。

一見するとありふれた『ループ物』だが、その実、独特な設定が随所に見られ、視聴者(読者)の好奇心をくすぐるストーリーになっている。

日常×異能×哲学

サクラダリセット,アニメ,感想,評価,感想,登場人物,ストーリー,浅井ケイ,春埼美空,

この作品の面白いところは、『異能もの』『ループもの』でありながら、その両方のジャンルにおける典型的なイメージのなかでおさまらない珍妙な設定の数々。

まず、異能ものといっても炎や氷や雷やサイコキネシスを操ったりして戦うわけでもない。明確な敵や悪の手先が居て、主人公がそれを倒すといった熱血ものではない。そもそもそれぞれのキャラクターが持つ能力がかなり独特である。

たとえばヒロインの美空は世界を巻き戻す能力『リセット』を持っているが、厳密に言うとこれは時間を巻き戻しているわけではない。原子,分子といった単位で、世界のありとあらゆるものを元の配置に戻すというもの。だから時間を操っているわけではない。おまけに、巻き戻すには一度セーブをしておかねばならず、同じセーブ箇所には一度きりしか戻れない。そして、リセットを使うと彼女は、戻ってきた時間からリセットを使用した時間までの間の記憶をすべて失う。

またたとえば浅井ケイの友人・中野智樹は、他者に対していつでも好きな時間に、自分が指定した声を届けられる(声は自分の物でも他人の伝言でも可)。だが一方通行で、通話には使えない。

ほかにも、「眠る(正確には完全に無心になる)ことでサクラダに居る猫の視界や意識を共有して観ることができる能力」とか、「他人から情報を吸い取れる能力(だが情報と一緒に気力体力も吸い取ってしまう上、極度の潔癖症でふつうの食べ物を口に出来ない)」とか、

このように独特でクセのある能力が多い。

浅井ケイは、このような個性的な能力者たちと関わって、時に敵対したり、仲間のようになったりして、交流を少しずつ広げていく。

 

異能バトル物のように最初から明確な終点があってそれに向かって奮闘していくという感じではなくて、普通の日常を過ごしながら「奉仕クラブ」という部の活動として人々からの依頼をこなしていくところも面白い。

この奉仕クラブというのは、サクラダの能力を平和的に監視・管理している組織『管理局』の傘下にあるものなのだが、ケイと美空は、この組織の下っ端でありクラブの顧問である津島信太郎から依頼を言い渡され、それらをこなしていく。

そしてその先々で彼らは思いもよらぬトラブルに直面しながら、サクラダという不思議な街の本質へ近づいていく。

どんな依頼がくるか、どんなトラブルが舞い込んでくるか、どんな能力が出てくるか、そういうものを予測するのが極めて困難なので、シナリオが少しずつ解かれていく快感がある。

また、『能力』というものが主人公たちのありふれた日常のなかにふと現れて、なんの違和感もなく馴染む。劇的でもなくまがまがしくもなく、リアルの中に超常がすんなり溶け込むこの不思議な感覚は、他の作品ではなかなか出逢えないものである。

 

ケイがいかにその記憶能力と優れた頭脳を駆使し、美空のリセットや、ほかの能力者たちの力をどう用いて課題を解決していくか、未来をよりいい方向へ変えていくか… というのが見どころ。

それに加えて物語の随所には、優しさとか正しさとか、人の生きざまとか、本物の幸せとかそういった哲学的なシナリオや会話(哲学や心理学などの専門用語、またはそれに類似したやりとりが出てきたりもする)が仕掛けられていて、知的好奇心や哲学的興味を刺激される場面も珍しくない。

サクラダリセット,アニメ,感想,評価,感想,登場人物,ストーリー,浅井ケイ,春埼美空,

正統派の青春物語でもない、バトルものでもない、単なるループものでもない、コメディでもないし、残虐ストーリーでもない。まさに〝独特〟という形容するのがピッタリな不思議な作品である。

本編の絵の、キャラの肉感や背景の熱気をのぞいたタンパクでシャープな線も、この作品特有の空気感を存分に引き立てている。

涼しげで寂しげでそれでいて温かい。しかしなんだか怖さもある。どうなるんだろうという心配もある。

このアニメの世界には、そういう珍しい雰囲気がある。

その独特の空気だけでも掴みはバッチリだが、その上、シナリオの引きも毎回毎回、次回がどうなるのか気になるものに仕上がっている。これほど、毎回「次どうなるんだ…」と思わされるアニメもなかなか無いだろう。

オープニング主題歌も1曲目2曲目ともにこのアニメの作風にこれでもかというほど合っていて、気持ちを盛り上げてくれる。

 

本当に味わい深いアニメなので、迷っている人はぜひ観てみてほしい。

「あまり見たことのないタイプのアニメが観たい」

そういう人には間違いなくお勧めするアニメだ。


1クール目OP主題歌 牧野由依「Reset」

2クール目OP主題歌 WEAVER「だから僕は僕を手放す」

この曲は7月5日よりiTunesなどで配信販売が開始される模様。(情報源

アニメDVD BOX

原作小説

 

『すかすか』最終回の内容と全体評価。終わる世界で、彼らは居場所を求めた

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

大きな地震とともに地上から一斉に出現し、救援艦のクルーや遺跡調査隊メンバーを襲い始めたティメレ。艦はグリックの操縦で急遽浮上するも、中に入り込んできたティメレだけでも、その数は圧倒的なものだった。

ラーントルク,ノフト,ネフレンが決死で抵抗するが、キリがない。

そんな苦しい戦況のなか、クトリを失って完全に生きる目的を見失い自暴自棄になっていたヴィレムもまた、ティメレを素手で倒し始める。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛いすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

いまや《獣》というバケモノが元は人間だったことを知っているヴィレムは、相対する獣に「ごめんな」と言いながらも、やるせない気持ちを振り切って、せめていま生き残っている者たちだけでも助けるために戦う。

だが今の彼が戦うということは、例外なく、かつての呪詛にむしばまれた体に無理をさせるということである。戦闘のたびに消耗していくヴィレム。

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

同じく艦内でクルーたちを守って戦っているネフレンも、魔法力の解放のしすぎですでに侵食がすすみ、限界が近づいてきていた。

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

艦のデッキで戦闘中のラーントルク。もう何体もティメレを斬ったあとであるにも関わらず自分の体がよく動き、剣の馴染みも良いことに気づき、ヴィレムも凄腕を認めているところだった。

そんな時、一匹のティメレが彼女の脚を掴み拘束、拍子で聖剣ヒストリアも手放してしまう。反対側からはもう一匹のティメレ。無防備な状態で挟まれてしまう彼女だったが、間一髪のところでヴィレムに助け出される。

2匹のティメレを素手であっという間に倒してしまった彼の規格外の強さに衝撃を受けるラーン。しかしそんな驚きもつかの間、身体の限界がきたヴィレムは倒れてしまう。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト


少しして、ラーンの膝の上で目覚めるヴィレム。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

ラーンはヴィレムに、人間は皆それほどデタラメに強かったのかと尋ねる。ヴィレムはその問いに対して、自分がかつて戦って人々を守る『勇者』という存在だったことを明かす。

その使命を全うするために拳の技も剣の技もカリヨンの調整技術もすべて身に着け、人の身で強くなれる限界までは強くなったこと。それでも守りたいものをことごとく守れなかったことも。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

ラーンは彼に「勝つことだけが誰かの救いになるとは…」と言いかけるが、それを途中で遮るように彼は、「お前はもう少し休んでろ」と言い残して去っていく。


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

その頃、クトリはまだ、エルクが招いた夢の世界の中で彼女と対話していた。この夢の世界に居るおかげで記憶と人格をなくさずに済んでいたのだ。

そこからヴィレムのがんばりを観ていたクトリは、彼と「もうあなたは戦わなくていい」という約束したことをぼんやりと思い出していた。

「お願いがあるの」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

それはもちろん、元の世界にもどってヴィレムたちを助けたいというものだった。それが彼女にとって間違いなく最期の戦いとなるであろうことを、エルクは理解していた。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

エルクはクトリに「今度こそ全部なくなっちゃうよ?思い出だけじゃない。大事な気持ちだって」と言って止めようとするが、クトリは「それは嫌だな。でもこのまま終わるのは、消えちゃうよりももっと嫌なんだ」と言い聞かせて、もう一度お願いする。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト


艦内で戦闘中のネフレン。ギリギリの戦いを制してティメレを倒すも、侵食もますます進み、ついにその場で倒れてしまう。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

船そのものの状況も悪化し続けていたため、臨時操舵手のグリックは、ここからの一刻も早い離脱と帰還を最優先と構え、姿勢制御など二の次で舵を切る。

それによって船は大きく傾き、すっかり力を失っているネフレンは壁が破損して穴が開いている個所まで滑り落ちていく。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

今にも落下するというところで、ヴィレムが駆け付けて彼女の手をつかむ。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

ヴィレムは幸いまだ彼女に意識があることに安堵し、なんとか引き上げようとするが、ネフレンは自らの終わりを悟っていた。魔法力の起こしすぎで、もう《門》が開いて自爆する寸前まできていたのだ。

ヴィレムはそれを聞いても「なんとかする!」と言い張るが、ネフレンは「助けるっていうのは私たちレプラカーンの役目だから。それにもうヴィレムは私たちを助けてくれたから」と言い残してその手を離す。振り落とされた《獣》たちと一緒に落下していくネフレン。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「冗談じゃねぇ!!!」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

遥か下方へ落ちていくネフレンの姿を追って、ヴィレムは無我夢中で飛び降りる。


すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

激しい戦闘の末、倒れて全く動けなくなっていたノフト。そこに目覚めたばかりのクトリが現れ、ノフトのデスペラティオを拾って去ろうとする。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

ノフトはクトリに「起きられたんならさっさとどっかに隠れてろよ」「戦わなくてよくなったなら、もう戦うなよ」「幸せになれるようになったならちゃんと幸せになれよ」と言うが…

「ごめん。あたしもう絶対に幸せになんてなれないんだ。だって気づいちゃったから…あたし、もう、とっくに幸せだったんだって。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

そう言い残して、クトリはヴィレムたちを追って地上へ。

 

自分のなかのエルクの応援に背中を押されながら全速力で飛んで行ったクトリは、なんとかヴィレムたちを地上にぶつかる寸前にかばうことに成功する。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

気が付いたネフレンの侵食を止めて、安らかな眠りにつかせたクトリ。

そのまま、無限とも思える数の獣たちに立ち向かう。

ヴィレムも気が付くが、瀕死の状態で何を出来るわけもなく、ただ悔しさや悲しさをこらえて彼女の最後の戦いを見つめる。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「いつまでも、一緒にいるよと誓った。誓えたことが、幸せだった。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「いつまでも、一緒にいると誓った。誓えたことが、安らぎだった。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「この人のことが、好きだなと思った。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「こいつのことが、大切だと思った。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「思えたことが幸せだった。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「思えたことが、喜びだった。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「『幸せにしてやるよ』と言ってもらえた。」

「『幸せにしてやる』と言ってやれた。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「言ってもらえたことが、幸せだった。」

「言えたことで、満たされていた。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「こんなにもたくさんの幸せを、あの人に分けてもらった。」

「こんなにも色々なものを、こいつから受け取っていた。なのに俺は…」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「だからきっと、今の私は、誰がなんと言おうと、世界一幸せな女の子だ!」

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

追い詰められたクトリは《門》を開き大爆発を起こす。

そして、最後の力を振り絞ってヴィレムのもとへ。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「ヴィレム、ありがとう。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「バカ野郎…」

 


それから少しあと、クトリとネフレンの戦死を偲ぶライムスキン。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「戦死の喪失…いくど繰り返せど、慣れるものではないな。己が心との戦いこそが、最も辛い戦場であったはずだ。よくぞ最後まで戦いぬいた…」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

ノフトとラーントルクは入院中。

レプラカーンでなくなったんだから戦わずにふつうに暮らして幸せになれという自分の言葉を無視して最後の戦いに出ていったあの時のクトリの行動に、ノフトはいまだ納得できずにいた。

ラーントルクは、幸せなんてものは本人にしか分からないものだから人の幸せを決めつけたり否定したりするのはただのワガママだ と叱りはしたものの、

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「まぁ、それでもきっと誰かを幸せにするのは、往々にしてそういうワガママを最後まで押し通した人たちなんでしょう」

と、今まで見せたことのないような温かい表情で付け加えた。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフトすかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

妖精倉庫では子供たちが特訓中。

コロンとティアットは、先輩2人が居なくなってしまったことを受けて、寂しさなのかプレッシャーなのか、いつも以上に精を出して取り組んでいる。

そんな後輩たちの姿を、アイセアは半分呆れたようなそぶりで優しく見守る。

しかし、クトリも昔先輩を亡くしたときにはああだったとナイグラートから聞くやいなや、無理して隠していた感情を思い出したように泣き始めてしまった。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

最年長が泣いていたら示しがつかないから見なかったことにしてくれと言うアイセアを、ナイグラートは後ろから優しく抱きしめる。

「私、なにも見てないわよ。」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

自分もいまは泣いていいんだと分かってアイセアは、我慢できずに思い切りワンワンと泣くのだった。

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

大賢者はその頃、鼓動探知器をつかってヴィレムの安否を探っていたが、一切反応がない。しかし部下に呼ばれて彼が去った時、探知器には確かに反応が起きていた。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

 

そして場面は変わって恐らくは黄金妖精(レプラカーン)が産まれ出でる泉。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「すっごい声!前世の感情を思い切り引きずってる!きっと凄く純粋な子だよ!」

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「ようこそおチビちゃん。この終わりかけで忙しなくてそのくせ全然救いのない世界に。」

 



最終回の感想と、全体評価

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト,妖精倉庫

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』

ついに終わってしまいましたね…

今期のアニメでは特に好きな作品でした。

最後まで切なくて暖かいストーリーでしたね。

最終回ラストシーン、アニメ視聴者の間では、「大賢者の鼓動探知器にうかんだ反応は2つだからヴィレムとネフレンは生きてるんじゃないか」という推察もあります。

たしかにそう考えると救われる。

 

飛空艇でのノフトとクトリとの会話~クトリの「ヴィレム、ありがとう」は本当に感動のピークでした。あそこは何度もジワっと泣きました。

このアニメは音楽と台詞、そしてキャラの表情の相乗効果の威力がすごい。とにかくこのコンビネーションに泣かされます。

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

黄金妖精(レプラカーン)として、幼い星神エルクの魂をもとに生まれ、ほかのレプラカーンたちと同じく命に無頓着で、獣とさんざん戦った挙句最後には魔力暴走で自爆して終わるという、単純な兵器としての自分の運命を、寂しいとは感じつつも開き直って受け入れて過ごしていたクトリ

そこにヴィレムが現れて、一目惚れに近い形でどんどん好きになっていった。おまけに彼は、自分たち妖精兵がまったく知らない戦い方を指導することで、もうどうしようもないと思っていた死の運命から救ってくれた。その時の嬉しさは、クトリも取り巻きのアイセアたちも相当なものだったはず。

いろいろあったけれど、ちゃんと彼に「ただいま」も言うことができた。あの時のありふれた些細なあいさつが、終わりかけの彼女にとってどれほど温かかっただろうか。

ずっと一緒にいると約束しあったけれど、それもきっと、こんな救われない世界のなかでは到底、平穏で普通なかたちでは叶わないものだということは分かっていたはず。

それでも、瞬く間だとしてもヴィレムと通じ合えて、「夫婦」のようになれたこと。本当に誰かから愛してもらえて、本当にその人を愛し返せたこと。

ほとんどすべて諦めで構成されていたような彼女の人生は、ヴィレムとの出逢いによってガラっと変わった。

消えたくない!生きたい!という気持ちを持った。

心があるのに目的も終わりも生まれたときから定められている、使い捨てられるための命。そういう空虚なものが、彼と出逢って恋をしたことでちゃんと「人生」になったのだ。

 

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

そして、この出逢いで変わったのはヴィレムも同じ。

無慈悲な敵と戦って皆を守りたいその一心で勇者を志すものの、資格というものを持ち合わせておらず、正規勇者になれなかったヴィレム。

それでも大事な人を守りたいと、多分誰よりも過酷な試練を積んで、パーティーメンバーからもデタラメな強さだと言われるほどの力を身に着けた。が、それでも結局、守りたいものを守れず、一番身近にいた大事な人との「帰ってきてバターケーキを食べる」という、たったそれだけの約束さえ守れずに終わった。彼が最後に感じた喪失感はどれほどだっただろうか。

それで500年後、人間族が滅んでしまった世界でひとり目が覚めたのだから、たまったものではない。

しばらくの間は、それこそ本当に罪悪感と喪失感と孤独感しか持ち合わせていなかっただろう。

だけれど、クトリと出逢って、触れ合っていくうちにどんどん彼女のことを大切に感じるようになって、彼女たちをなんとかその残酷な運命から救いたいと思うようになった。必ず帰ってこいと約束をすることもできたし、その約束をちゃんと守って「おかえり」と言うこともできた。

クトリのことを好きになっていくだけでなく、いつの間にか妖精倉庫が自分の居場所になっていた。

500年前あれだけ理不尽で虚しい生き方を強いられたヴィレムにとって、その居心地のよさ、安心感は計り知れなかっただろう。

本当に大事にしたい、幸せにしてやりたいと思える女の子に出会えた。

それは彼にようやくもう一度、生きる意味ができたことに他ならない。

ヴィレムも、クトリと出逢ったことで確かに救われた。

 

よくよく見れば、これは束の間の些細なストーリーだ。

わがままなストーリーだ。

だから中には、

「愛なんて知らなければ、何も感じずに死ねたのに」

「どうせ死ぬなら、運命に抗うことに意味はあったのか」

そう思う人もいるかもしれない。私にも少しはそういう空虚な考えがある。

だけどこれは、この抵抗は、人間にとって、人間のような心を持った人間のような生体『レプラカーン』にとって、きっととても重大なストーリーなのだろうと私は思う。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

メタい話になるけれど、そもそも人間にとって生きる意味なんて有りはしない。「我々は全員が間違いなくこのために生きている」という実感、そういう目的や使命など有りはしないのだ。そもそも宇宙というもの自体が、なぜ有るのか、そんな答えはあるわけもないのだから。

だからこそ人間はつまらないことに執着して、夢中になって、感動して、とりあえず生きている。地上の生き物全てがとりあえず生きている。

結局は何を大事にして、どんなことを感じて生きるか。それに尽きる。

『幸せを感じて生きる』というのが意味を持つのはそのためだろう。

そうでなければ、ありとあらゆるものが虚無になってしまうからだ。虚無と断じることさえも虚無になってしまうからだ。

 

そんな我々人間の幸せのなかで結構重要なポジションに位置しているのが、「居場所」というもの。

どれだけ一人でも大丈夫と強がっても、やはり居場所は必要だし、加えて「ただいま」「おかえり」「おはよう」そんな言葉を気持ちよく交わせる相手が居るというのは心地いい。その相手が最愛の人で、一生そばにいたいと思える人であれば尚更だ。

そんなふうに思って抱きしめられる相手が居るというのは、やっぱり相当に心が温まることだろう。

だけど大事なものや大事な人が出来るというのは、臆病になるということでもある。死にたくない!無くしたくない!忘れたくない!という思いもセットで付いてくる。

それも人生の醍醐味なのだ。

 

人間なんてわがままな生き物だから、そういう些細なものをずっと抱きしめておきたいと自分勝手に願う。

そんなもんでいいんだと思う。そんなご都合主義でいいんだと思う。

クトリとヴィレムの生きざまは、そんなご都合主義やわがままをド正直に訴えている。

愛は、こんなにも人を変えるんだと。

こんなにも人の心を満たすんだと。

 

ヴィレムは、500年の時を経てようやく、確かにたったひとりの心を、取りこぼすことなく救うことが出来たのだ。命の終わり際ではあったけれど、彼女から満面の感謝の涙をもらった。まさに念願叶ったり。

クトリは本当に本当にヴィレムに感謝していたと思う。

そして、ヴィレムが救っていたのはクトリの心だけではない。

ネフレンも、アイセアも、ナイグラートも、ラーントルクもノフトも、さりげなくヴィレムの言動に救われていただろう。

意図的ではないにしても、彼のお節介は着実に彼女たちの心に安らぎを与えた。

それは、最終回最後のラーントルクの言葉からもうかがえる。

すかすか,終末なにしてますか 忙しいですか 救ってもらっていいですか,泣ける,12話,12,最終回,感想,レビュー,評価,クトリ,あらすじ,ストーリー,どういう作品,どんなアニメ,登場人物,キャラクター,壁紙,主題歌,OP,ED,フロム,キネマ,TRUE,神曲,クトリ,アイセア,ネフレン,かわいい,可愛い,ヴィレム,ラーントルク,ノフト

「幸せなんてものは本人にしか見えないし分からないものですよ。人の幸せを決めつけたり否定したりはただのワガママにしかなりません。それでもきっと誰かを幸せにするのは、往々にしてそういうワガママを最後まで押し通した人たちなんでしょう」

これは結構この作品の主題が含まれている言葉なんじゃないだろうか。

ラーンが以前言っていた、「たいていの人は、何が自分の幸せに結びつくか分かっていない。そのくせ幸せになりたい幸せになりたいと言い続ける」というセリフ。これとセットにすると分かりやすい。

「幸せになりたい」「満たされたい」というのは人間界ではありふれた欲求だ。だけれど、多くの人は何が自分の幸せにつながるのかを知らない。だからうわべの物、たとえば金や名誉や恋愛経験の豊富さなどに執着したりする。そして往々にして気づく。「こんな身近に幸せって有ったんだ」と。

自分にとって何が幸せか、その本質を考えずに大きい物を求めすぎると幸せになることはできませんよ、と。ラーンのセリフには、そういうメッセージがあるのだろう。

とはいえ、何が自分の幸せに結びつくか…そんなこと簡単にハッキリわかるわけがない。(もしこれが簡単なら、世の中の人はたいてい毎日幸せいっぱいな表情してるはず)

だからこそ時として必要になるのが、『幸せを押し付けてくるワガママな人物』。つまりヴィレムのような人間だということ。

 

アイセアだって最初はヴィレムに対して「勝手に私たちの幸せを決めつけて、救うとか言って優しさを押し付けてきて気持ち悪い」と思っていたはずだけど、彼の一貫した態度にとうとう胸を打たれて心を開いていく。

それは多分、彼が押し付けてきたことはあながち自分の心にとって不正解じゃなかったと気づいたからだと思う。

同じようにラーントルクもヴィレムの厚かましい優しさに刺激を受けて、表情が柔らかくなった。

まぁ、こういう観点からも、ヴィレムは本人が気づかないうちに何人もの心を救っていたんじゃないかと思う。

つまり、彼が「助けたい」「救いたい」と、半ば自分の過去を振り払うように手を差し伸べ続けていたのは決して無駄ではなかったというわけです。

 

結局この物語の世界はとことん理不尽で、救われなくて、お世辞にもグッドエンドと言える結末を迎えはしなかったけれども、それでもとても温かいストーリーだったと思います。

ところどころ把握しきれないところもありますが、1クールアニメだし致し方無いかな。

なんにしても、非常に素晴らしく、なんどもジワ~っと涙が出たアニメでした。

 

サテライト様、C2C様、そして原作者の枯野瑛様、

毎週あったかい気持ちにさせてくれて本当にありがとうございました。

ほんとに何回も目頭が熱くなりました。

 

劇中でよく使われていた名曲:スカボローフェア↓↓


原作ラノベ

コミックス

Blu-ray

『Re:CREATORS』12話「エンドロールには早すぎる」あらすじ解説+感想

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

まみかのしのんで考え事をしているところをブリッツ・トーカーに話しかけられるアリステリア。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

ちっともブレるそぶりがない彼に対してアリステリアは、まみかの死についてなにか感じることはないのかと問うが、彼の返答は相当にたんぱくなものだった。

自分の娘を失った者にしてはずいぶん冷淡だと、ブリッツの物語を見たアリステリアは言う。

しかし彼はとくにそれについては言い返すこともなく、

「自分は自らの世界の改変などというものに無駄な希望を持つには歳をとりすぎている」とした一方で、自分の世界に帰るつもりはあると、一応の執着を語ってみせる。

だが、アリステリアは勘づいていた。

彼の言葉には、まみかのそれのような、自分の物語世界に対する愛情のようなものが見受けられないことを。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘


Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

対策会議傘下の面々に、自分とシマザキセツナとの過去を引き続き語っていた颯太。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

当時、同じような場所からスタートしたはずであるにも関わらず、彼女だけがどんどん才能を伸ばして認知され承認されていくことに、半ば嫉妬と寂しさを募らせていた颯太。

何の根拠も無いいい加減なパクり疑惑で叩きのめされていた彼女から久しぶりに連絡がきても、冷たくあしらってしまっていた。

それからも一切こちらから連絡をとっていなかった颯太。

しばらくしてから、SNSのほうで彼女から最後のメッセが届いていることに気づく。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

「一緒に行ったイベント、とても楽しかったです。迷惑かもしれないけど、私の生きてきた時間のいちばんの思い出でした。本当にうれしかった。ありがとう… 新作です。以前お話ししたとおり、星の名前をつけました。たぶんこれが最後です。この子が愛されてくれるといいな… それでは。」

颯太はそれに言いようのない衝撃を覚えはしたものの、自分の精神状態や今の彼女との状況、そして彼女が送ってきた文章に滲み出ている不気味さなどから、何も言うことができなかった。

 

それからまた少しして、シマザキセツナ(シマザキユナ)の母親から連絡がくる。その電話からシマザキユナの死を知ることとなる。

颯太はその事実から逃げるように、彼女に関する一切を携帯とパソコンから削除して忘れることにした。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

松原は颯太の行動について、自分も同じ立場と精神状態なら同じことをしたかもしれないとしつつも、仮に自分のその行動からなにも感じていないのだとしたらそんな人間と口を利くつもりは無いと言い放つ。

松原の言葉を、そのとおりだと受け止める颯太。だが彼の胸の中には確かに大きな後悔があった。

自分の悪質な態度が彼女にとって最後の希望さえも奪い、絶望の淵に追い込んだ。そしてその絶望がアルタイルを生み出してしまった。そのことを痛感して、なんとかしなければと思っていたのである。

メテオラから覚悟を問われ、今一度、自分の決断をハッキリと口にする颯太。

「アルタイルを止めたい」

そしてその場に居る全員が、颯太の覚悟を受け止めた。

が、問題は「どう止めるか」である。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

メテオラは言う。

アルタイルはここを神代の地と言っていた。いくら被造物が超常的な力を振りかざそうとも、神の力には劣る…と。


Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

その頃、アリステリアは自分の創造主である高良田 概(たからだ がい)を、軟禁場所から連れ出していた。

度胸も無く何の張り合いもないようなこの男を見て、こんな腑抜けに生み出されていたとは…と落胆するアリステリアだったが、呆れながらも彼に問いを投げる。

「お前が想像した私の世界は、お前にとっても愛しき世界か」「お前は私の世界を救うつもりがあるのか」

これに高良田は、「お前の世界を救うのは俺じゃない。お前次第だ。だってお前主人公じゃんよ!」と返す。

 

アリステリアは「なぜだ。主人公という肩書は万能なのか」と問うが、高良田から返ってきたのは彼女にとって意外な言葉だった。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

「主人公だからじゃない!誰もたどりつけないところへ辿りつこうとするからそいつは主人公になれるんだ!だからお前次第だって言ったんだ。俺が都合よく助けてやることなんて出来ない。お前が戦ってお前が解決してくれなきゃ、あの世界はどうしようもできねぇんだ。俺に出来るのは帳尻を合わすことだけだって!」

それは、悲劇の世界のなかで主人公であり続ける彼女の可能性にすべてをかけ、その生きざまをひとつの人格のそれとして認め真摯に描こうとする、彼なりの情熱の現れだった。自分が好き勝手に描いてご都合主義に世界を救わせることを、よしとはしていなかったのだ。

 

重ねて、「私の世界は不幸な物語だが、同時にこの世界の者たちに『力』と『勇気』を語る世界か」「私が血を流し、好みをささげて正義を尽くすに値する世界か」と質問するアリステリア。

それは、颯太が彼女のまえに立ちふさがって必死に訴えていたあの言葉に刺激を受けて生じていた疑問だった。

いくじなしの高良田は最初こそ「そんな恥ずかしいこと自分で言えるか」とあやふやな態度をとっていたが、ほかに聴いているものは居ないからとアリステリアに促され、本心を打ち明ける。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

「値する!そのつもりで書いているに決まってるだろうが!じゃなきゃこんな話書かねぇよ!!」

アリステリアは作者の本心を知って、もうこの男をどうこうするつもりは無くなっていた。


Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

対策会議メンバーたちは、アルタイル討伐にむけて、彼女の能力についての考察をすすめる。

前の戦闘ではセレジアの剣をバラに変えて消滅させただけでなく、鹿屋のギガスマキナの精巧な複製すら生み出してみせたアルタイル。彼女の必殺技らしきものがいくつもあることに2人も驚愕していたが、そんなアルタイルの能力について中乃鐘が検証結果を発表する。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

アルタイルはもともと動画投稿共有サイトで爆発的な人気を得たキャラクター。

そこでその動画サイトにてキーワード検索をかけてみたところ、彼女を使用した二次創作がすでに大量に存在していて、そのなかには、件の戦闘で彼女が使った能力の描写もしっかり存在していたのだ。

つまりアルタイルは、本来の創造主であるシマザキセツナが形作った設定のみならず、ネット上に無数に存在する二次創作、そのなかで定められている能力さえも自らに随時取り入れ、自己強化をし続けているのだ。

もともとネットで認知された二次創作である彼女ならではの潜在能力といえる。

ネットで二次創作が生み出し続けられ、視聴者の間で承認され続ける限り、アルタイルの力は増し続ける… まさかそういった作品の出現にストップをかけるわけにもいかないので、事実上、彼女の力はこれからも無制限に強化されつづけることになる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

しかし、そんな強敵相手にも、今ならつけ入る隙がひとつだけあった。

それは、今はまだこの世界の修復力がそれほど弱まっていないために、彼女が事象改変能力をむやみに使えば、逆に彼女のほうがこの世界からはじき出されてしまうということ。

つまり彼女は、これからしばらくの間は引き続き世界を少しずつほつれさせていくしかない。彼女が目論んでいると思われる「大崩壊」まで、まだなんらかの対抗策を講じるだけの猶予は残されているわけだ。

だが問題は、その策をどうするか…

 

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

ブリッツ・トーカーの創造主である駿河 駿馬は、どうすべきか答えを出していた。今のまま真正面からぶつかっても、アルタイルのチート的な潜在能力の前に勝ち目はない。

ならば、松原がセレジアに対し一度成功させたように、設定改変によってこちら側のキャラクターを全員、最大値まで強化して戦えばいい… ということである。

参謀メテオラも同じ策を思い描いていた。

 

しかし問題もある。

被造物たちの永続的なパワーアップを実現するためには、恐らく、新しく加えた設定を実際に作品として世に出して認知される必要がある。

つまり、前回の戦闘でのセレジアのときのように即興で仕上げた設定を拡散するといった間に合わせの手法ではなく、新設定をしっかりと物語本編に組み込んで描き、それを読者に承認してもらわなければならないのだ。

となると当然、通常通りの正規の手順で、帳尻の合う形で物語を改変していかなければならない。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

最終的にメテオラが提案した策は以下の通りである。

アルタイルと違い、こちらには政府機関の後援もあるし、創作者同士のパイプも充実している。これを最大限に活用し、まずはアルタイルを閉じ込めるための物語空間を作成。そのなかに彼女を閉じ込めることで、現実世界に対する影響力を極限まで抑える。

そして、設定改変によって最大値まで強化された被造物たちが、その物語空間のなかでアルタイルに対して総攻撃をしかけるというのだ。

物語間でタイアップをして、アルタイルという共通の敵に立ち向かうまでのストーリーを書き上げようというのである。


時を同じくして、アリステリアは高良田の身柄を解放する。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

彼女からはもう、自分の物語世界への恨みは無くなっていた。大団円をむかえるまで好きに書きなぐれと言うアリステリア。

高良田から「言われなくてもそうするが打ち切りだけが怖い」と言われ、打ち切りとは何かを尋ねる。物語が読者につまらないと判断されれば途中でも終わってしまうという解説を受けて、「うんと面白いものを死ぬ気で書け」と言うアリステリア。

それが正義の騎士の言うことかと高良田に呆れられるが、彼女は颯太のことを思い出し、「もちろんだ。あの少年のような読者が居る限りお前はやりとげる」と微笑む。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

悲劇の主人公である彼女のそんな自然な笑みを見て、そういえばそんな笑い方もできるキャラクターだったなと、自分のキャラクターの一面を思い出す高良田。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

自分を解放してこれからどうするのかと問われアリステリアは、「お前が作者なら、どうするかは分かるだろう」と返すのだった。


Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

アルタイル討伐にむけてメテオラが発案した作戦に賛同する面々。

被造物たちも皆、熱いシナリオに心湧きたっていた。

ただこの作戦を実行するには色々と手回しする必要もある。なにせ、世界観の全く異なる物語同士を無理なく重ね合わせて、アルタイルというひとつの強大な敵と対峙するまでの自然なストーリーを書き上げなければならないのだから。

必要不可欠なのは版権を持っている関係各社の理解と協力、それにそれぞれの作品に携わっているクリエイターたちの協定、さらに担当編集やメーカー広報なども交えた細かな調整。

各作品のファンを含めた大勢の読者にひとつの物語として承認してもらうためには、それだけの話題性と魅力をもった一大イベントに仕立て上げなければならない。

これには相応の時間がかかる。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

もちろんその間ただ指をくわえて待っているという手もない。

物語の改変などはクリエイターたちに任せる他ない。こちら側の被造物たちの当面の仕事は、引き続きアルタイルと彼女に与している被造物たちの暴虐を出来る限り止め、世界が崩壊するまでの時間をかせぐこと。

世界の命運がかかっているので急を要するとはいえ、しかしアルタイルを確実に叩けるまでの強固な物語設定を完成させるためには時間が必要なことも事実。

よってメテオラは、当作戦のリミットを6か月と定めた。

クリエイターたちはとりあえずのところ、通常どおりの執筆と並行して「番外編」という形で、アルタイルを閉じ込めるためのケージをつくるための下地を描いていくことになる。

同対策会議を取り仕切っている菊地原の手腕も頼みの綱。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

お膳立ては創作者たちにしか出来ない。

そして最後の戦いが始まってからは、セレジア,メテオラ,鹿屋,弥勒寺ら被造物たちが全力で戦うのみである。

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

「どこに転がるか、誰にも分からない物語」

かくして、アルタイル討伐作戦が本格始動する。


感想

Re:CREATORS,レクリエイターズ,ストーリー,感想,評価,批評,12話,12,あらすじ,キャラクター,セレジア,セレジア・ユピティリア,メテオラ,メテオラ・エスターライヒ,アリステリア,アリステリア・フェブラリィ,煌樹 まみか,まみか,弥勒寺 優夜,弥勒寺,鹿屋 瑠偉,鹿屋,ブリッツ・トーカー,築城院 真鍳,真鍳,ちくじょういんまがね,アルタイル,颯太,シマザキセツナ,シマザキユナ,松原崇,松原,中乃鐘

この12話については、もう「熱い」の一言でしょう。

物語の可能性。作者と被造物の絆の力。読者の力。

そういったテーマがこの回に凝縮されている感じ…

物語の書き手はたしかに自分のイメージどおりに話をすすめられる。無限の可能性を持っている。しかし、それはやはりある程度帳尻のあった物語でなければ「面白い」とは思ってもらえないだろうし、大きな感動も生まれない。

書く人だけでは成り立たない。読んで楽しんでくれる人が居るから、文章は『物語』になる。誰かが読んで感動したり刺激にしたりしてこそ、きっと物語には魂が宿る。

フィクションだろうと、泣くときは泣く。勇気をもらったり、道徳や哲学を考える材料になったりすることもある。

そういう感動が広がって、大衆の心の奥底に火をつけ、熱くさせる。だからこそ人間は物語を書き続け、読み続けてきたのだろう。

そんな『物語の力』を強く感じることができるアニメです。

 

そしてもしその物語の登場人物たちに、ひとりの人間としての自我があったなら…もしも自分の作品の主人公が現実世界に現れて自分と対話することになったら…作者は、彼ら彼女らにどんな情熱の言葉を語ってやれるだろうか。

アリステリアの作者・高良田も、あんまりパッとしないキャラだなあとずっと思ってましたが、彼は彼なりにちゃんと自分の作品を愛していて、アリスの生き様とも一生懸命向き合っていた。ちゃんと読者に対して前向きなメッセージ性を送っていた。

そういう彼の本心を聞いて、自分が先の見えない悲劇の世界のなかで懸命に抗っていたのは決して空虚ではなかったのだと認識したアリステリア。

彼女の心にはもう迷いはないはず。あとは正義のために突き進むのみ。

でも、頼むからまみかの後を追うように死ぬのだけはやめてくれよー!!

主人公陣営に入っていっしょに最後まで戦ってくれることを願っています。

 

てか、気づけばアリステリアを好きになってきている自分が居る。

このアニメ、お話に付き合っていくうちに好きになるキャラクターが多いなあ。

次回がほんとにほんとに楽しみです。